アクセスカウンター

映画「手紙」2012/01/05 22:03

パソコン机周辺の整理を終えて
テレビも面白そうな番組をやっていないようなので
光テレビで録画しておいた映画を見た。


手紙 」という映画。

もともと見る気もない映画だったけど「別に・・・」発言で
有名な沢尻エリカ が出演していた事を知り
それならば見てみようと録画だけしておいたのだ。
女優としての彼女の演技を見たことがなかったから・・・。


簡単にストーリーを。

武島剛志は弟・直貴を大学に行かせるために
窃盗に入った所を老婆に見られて衝動的に殺人を犯してしまう。
そんな兄を持った弟・直貴がこの話の主人公。

「強盗殺人犯の弟」のレッテルが付きまとう直貴は
人生の転機を迎えるたびにその事実が災いしてしまう。
そんな兄弟の唯一と言えるつながりは刑務所の
兄から送られてくる手紙だけだったが・・・という話。


久々にジーンとする映画を見た。
ここまでジーンとする映画は「私の中のあなた 」以来だ。


主人公・直貴を演じた山田孝之 の演技は見事の一言。
事あるごとに「殺人犯の弟」の事実が露見して
進むべき道を閉ざされ苦悩する主人公を見事に演じていた。

この映画で初めて女優・沢尻エリカの演技を見たけど
「別に・・・」発言をした人とは思えないくらいいい演技してた。

・・・と同時にメディアよって発信された
「沢尻エリカ=別に・・・発言」のイメージがどれほど
自分自身に刷り込まれていたのか~と言うことを再認識したし、
一方的なイメージのみを抱いていた自分が恥ずかしくなった。


映画も最後まで目が離せない素晴らしい映画だった。
原作を読んだことは無いけど、きっと素晴らしいものなのだろう。


・・・と思いながら干し芋を食べるのであった。
推定300キロカロリー
(一日総摂取カロリー4076キロカロリー)

明日はいよいよ姫路ー大阪だ。寝よう。






手紙 スタンダード版 [DVD]

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック


Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索