アクセスカウンター

哲三先生2014/09/16 21:32

朝一の体重は115キロ。体脂肪率33%。
血圧144-85。脈58。


朝飯は

日本ハム・マーボー茄子374キロカロリー
ご飯推定400キロカロリー
もやし推定28キロカロリー
たまねぎ推定80キロカロリー
冷凍野菜少々推定50キロカロリー
トータルで932キロカロリー
(累計932キロカロリー)


職場での昼飯は

朝飯の炒め物の残り
おにぎり推定400キロカロリー
長ネギ味噌汁49キロカロリー
(累計1381キロカロリー)


今日は定時で上がれた。
まだ6時半なのに随分暗くなったなぁ。・・・秋って感じ~。



夜飯は麻婆豆腐。

神戸物産・おとなの麻婆豆腐222キロカロリー
豆腐一丁推定168キロカロリー
トータルで390キロカロリー
(累計1771キロカロリー)

帰りにコンビニで珍しく競馬雑誌「ギャ○ップ」を購入。
以前400円くらいだった頃は購入していましたが600円になってからは
購入を止めておりました。


久し振りに買ったら720円!
週刊誌にしちゃー高すぎねーか・・・って思うのはオイラだけ?

10月5日にフランスで行われる世界最高峰のレース「凱旋門賞」を
特集してあった事も購入理由でしたが、先日新馬戦を快勝!した
ダイワダーウィン号についてどういう風に書かれているかチェックもしました。

「期待の良血馬がしっかり初戦をモノにした・・・」

記事になったのは嬉しい反面、本当に期待していたんかぃ!?・・・って思った。
「特に期待もしてなかったけど勝っちゃったから書いておくか・・・」程度の
社交辞令みたいな文面にちょっとイラっとした。

ただ「レース短評」のコメントは嬉しかった。
「追われてからのフォームが素晴らしく、なかなかの素材」と
書かれていてちょっと嬉しくなった。

オイラもセールでの公開調教での走りを見てまるで同じことを思ったからだ。


あとこの雑誌を読んで初めて知ったのですが
船橋競馬の名調教師・川島正行さんが亡くなっていたらしい。

毎年5月に行われる千葉のサラブレッドセールではお馴染みの人だった。
精悍な顔つき、口ヒゲ、全身から放たれるオーラが凄い印象だった。
たまに帽子を被る姿も見たことがあったけどダンディーなオッサンだった。

ちょっと近寄りがたいオーラを出していたけど、たまに見せる
笑顔を見ると何だかホッとする人でもあった。

来年からいよいよ船橋競馬場でもナイターが始まると言うこの時期に
亡くなってしまうなんて・・・恐らく本人は残念なはずだ。
もう2,3年くらいは生きていて欲しかった。本当に残念だ。



ちょっと飲みたくなって鍛高譚200ml232キロカロリー。
(一日総摂取カロリー2003キロカロリー)

ネットを見るとまたまたビックリなニュースが!!!
リハビリ中だった中央競馬の佐藤哲三騎手が引退を表明したらしい。

タップダンスシチーなどの名馬に跨っているイメージがあるけど
オイラが佐藤騎手で印象的なのはアーネストリーだ。
2011年の宝塚記念は忘れられない。(当時のブログ

哲三騎手と言えばあとはキズナだろう。
武騎手がダービー勝ったり、凱旋門賞に出走したりしたけど
元々は佐藤騎手のお手馬だった。

ケガさえしなけりゃ、ダービーでは哲三騎手が乗っていたはずだ。
キズナはダービーに優勝したものの佐藤騎手からすれば
何とも言えない思いだったはずだ。

哲三騎手は大のギャンブル好きでジョッキー仲間の間では
「哲三先生」と呼ばれるほどの競艇好きらしい。

騎手を引退したら
「ファンと一緒に馬券を買い、お世話になったJRAを応援していきたい。
ウインズ巡りもやりたい」って書いてあるけど・・・本当か!?

哲三騎手だったらやるかもしれない。
仮にウィンズや競馬場であったなら「いい馬の見方」を教わりたい。
あとはパドックで「消し」の馬の挙動も教えてもらいたいな~♪





コメント

_ 和桧 ― 2014/09/18 17:28

みつよしさん、競馬週刊誌は高くなりましたよ…。
ぼくはブックですが700円です。
当日版に至っては500円です。
土日仕事もあるし、予想の為には必要なんで買いますが、最近は部数も減って、コンビニにはブックと研究ニュースが1~2部ずつしか置かなくなりました。

さて、佐藤哲三騎手引退。
勝負に厳しい騎手という印象。
ファインモーションを負かした有馬記念のタップダンスシチーでのプレーは、伊藤雄二調教師も苦虫を噛む程でした。あともう少しで勝てたところを最後の最後でシンボリクリスエスに差されたのはしっかりと覚えています。

馬券的にはタップダンスシチーのジャパンカップや、宝塚記念のアーネストリーなどでお世話になりました(^_^)

イメージ的には前述の馬以外にはエスポワールシチーとか、4角先頭のイメージ。早めに仕掛けて自分で流れを作っていく戦法かな。

あの落馬での大怪我、リハビリをテレビで見たことがありますが、こりゃ復帰は…と思いましたよ。
腕の細さを見たら、普通の生活が出来るのかよと。
ずっと三角巾でつっているからそうだよなと。

10月12日が騎手佐藤哲三の最後の日。
その後は馬券買いたいとか言っていたから、JRAから籍を離れるのでしょう。
ぜひ、トップジョッキーから見たファン目線でいろんな意見をしてほしいです。

某シンクロ選手なんかに監事をさせるよりかはずっとマシなハズ。厳しい意見もどしどし言ってもらいたいです。

_ しんぼみつよし ― 2014/09/18 23:02

>タップダンスのJC・・・
あの日、オイラは夜勤明けで府中競馬場に行くまでは
良かったのですが、途中で寝過ごして・・・。
府中競馬場には間に合わず新宿のウィンズで馬券を
買った記憶があります。外れましたが・・・。

>厳しい意見・・・
同感。
ジャパンカップや宝塚記念の存在意義を
そしてここ10年くらいで大量に出来てしまったG1の
存在意義を改めて考え直してほしいと思います。

特に外国馬が来なくなったJCと
札幌記念よりも出走馬の面子が貧弱になった
宝塚記念の何ゆえに存在出来るのか?
・・・良く考えてほしいと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック


Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索