アクセスカウンター

宇野昌麿、ファイナルへ。2015/11/24 22:06

朝一の体重は125キロ。体脂肪率37パーセント。
血圧158-92。脈61。



仕事は定時で終了。
部屋に戻ってネットを見るとフィギュアスケートの
宇野昌麿選手のGPファイナル行きが正式に決まったらしい。


6戦あるグランプリシリーズも既に5戦が終了。
残るは日本開催のNHK杯のみになりました。


ここでグランプリシリーズのポイントランキングのおさらい。
(ポイントは第5戦ロシア杯終了時点)

グランプリシリーズは全6戦。
それぞれの大会で1~8位の選手までポイントが与えられ、

1位:15pt、2位:13pt、3位:11pt、4位:9pt、
5位:7pt、6位:5pt、7位:4pt、8位:3pt

上位6人がグランプリファイナル行きが決定。
7~9位の選手は補欠になります。

ポイントが同じになった場合は順位が上の選手が優先。
順位も同じの場合はスコアの合計得点で上の選手が優先になります。



男子はこんな感じ。(カッコ内は大会国名、順位)

1 ハビエル・フェルナンデス(中国①、ロシア①)30p決定!
2 宇野 昌磨 (アメリカ②、フランス①)      28p決定!
3 パトリック・チャン(カナダ①、フランス⑤)   22p決定!
4 村上 大介(カナダ③、フランス③)       22p
5 閻 涵(アメリカ④、中国③)            20p
6 マックス・アーロン(アメリカ①、フランス⑦)  19p
---
10 金 博洋(中国②)                 13p
11 マキシム・コフトゥン(フランス②)        13p
12 羽生 結弦(カナダ②)               13p
18 グラント・ホッホスタイン(中国④)         9p
19 コンスタンティン・メンショフ(アメリカ⑤)     7p




世界王者フェルナンデス、宇野昌麿、パトリック・チャンの
3選手が見事!ファイナル行きを決めました。

残り3人ですが事実上、NHK杯に出場する
羽生結弦、金博洋、マキシム・コフトゥンの3選手の
成績次第と言うことになりそうです。
(ホッホスタイン、メンショフ両選手はかなり厳しい。)


NHK杯の3人はそれぞれ表彰台に乗れば決まりますが
表彰台を逃すと・・・ドキドキですね~。




一方、女子ですが



1 グレイシー・ゴールド(アメリカ②、フランス①)    28p決定!
2 エフゲニア・メドベデワ(アメリカ①、ロシア②)    28p決定!
3 エレーナ・ラジオノワ(中国③、ロシア①)       28p決定!
4 本郷 理華(中国②、ロシア⑤)              20p
5 エリザベータ・トゥクタミシェワ(カナダ②、フランス⑤)20p
6 ユリア・リプニツカヤ(アメリカ⑥、フランス②)     18p
---
8 浅田 真央(中国①)                     15p
9 アシュリー・ワグナー(カナダ①)              15p
---
17 宮原 知子(アメリカ③)                   11p
18 アンナ・パゴリラヤ(中国④)                 9p



女子はゴールド、メドベデワ、ラジオノワの3選手が決定。
NHK杯からは浅田、ワグナー、宮原、パゴリラヤの4選手に
ファイナル進出の可能性があります。


浅田、ワグナーの両選手は4位以内に入れば
自力でファイナル行きが決定。

浅田、ワグナー両選手は圧倒的に有利に見えます。
余程のポカをしない限り、有利な状況は変わらないと思いますが
勝負は最後までやってみなければ分りません。

ロシアのレオノワ選手や長洲未来選手など
優勝は厳しくても表彰台に食い込みかねない一発屋的な
ポテンシャルを持った選手もいるので最後まで油断はできません。


あの感動を呼んだソチ五輪でも浅田選手は6位だったのですから。




↑松岡英明「VISION」(1990)






Light and Colour

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード:


Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索