アクセスカウンター

男子も熱いぜ。2015/12/26 15:08

夜勤明けで録画していたフィギュアスケートの
全日本選手権男子ショートをチェック。



ショートプログラムの結果。

1位 羽生結弦   102.63
2位 宇野昌磨    97.94
3位 無良崇人    93.26
4位 村上大介    83.49
5位 小塚崇彦    78.19
6位 田中刑事    74.19
7位 日野龍樹    74.03
---
11位 山本草太    62.92


羽生選手は冒頭の4回転サルコウで転倒するも
100点オーバーのスコアで首位スタート。
サラリと全日本4連覇は濃厚。



オイラが注目した小塚崇彦選手ですが
演技前の表情はキリっとしていい感じ。やる気が伝わってきた。
冒頭の4回転トゥーループは回転不足もこらえた感じ。

3アクセルはしっかり、
最後のコンビネーションは2つ目が
2回転になってしまった。

今シーズンで一番のデキじゃなかろうか。
ただ最後のコンビネーションは相当疲れが出ている感じ。
フリーで最後までやりきれるのかスタミナ面が心配だ。

小塚選手のステップやスピンは好き。
特にあのイーグルは見ていて気持ちいい。
明日も頑張って欲しいな。5位スタートは上々だ。



無良崇人がメチャ良かった!
冒頭の4トゥーループー3トゥーループはバッチリ。
続く3アクセルもしっかり跳んだ。

最後の3ルッツも綺麗だったし
終盤のステップは最高だった。

今年のショートはまさに「踊る!無良崇人」だ。
従来のジャンプ一辺倒のイメージを覆す
今シーズンの無良選手の試みは成功していると思う。

更に言えば昨シーズンはシーズン序盤は
調子が良かったけど終盤に向けてボロボロになったけど
今シーズンは徐々に調子を上げているように感じる。

この調子なら今後の試合も相当楽しみ。

ただ来年の世界選手権は日本男子出場枠は2枠。
最低でもこの試合で2位以内に入らないと世界選手権出場は厳しい。
(2位に入っても厳しいかもしれないけど)

仮に世界選手権に行けなくても
四大陸選手権で大暴れしてほしい。

でも・・・でも無良選手には「昨年の借り(16位)」を
返しに世界選手権に行ってほしいと思う。



最後に登場したのが日本ジュニア王者・山本草太。
冒頭のトリプルアクセルで転倒。

ステップを挟んで後半に4回転を投入と言う
リスクテイクな演技構成でしたが
4トゥーループは2トゥーループになった。

このジャンプ要素は0点になってしまった。痛い。
(ソロジャンプは3回転以上が必須の為)

最後の3ルッツー3トゥーループは何とか決めて演技終了。
キス&クライでは笑顔を見せるも無念さが伝わってきた。

将来は宇野昌麿と共に男子フィギュアを支えてほしい
存在なのでフリーでは巻き返してほしいな。


ショートが終わって上位の羽生、宇野、無良が
表彰台入りが濃厚な状態ですが絶対ではありません。
他の選手のフリーでの頑張りにも注目だ。



今夜は男子のフリーと女子のショートがあるけど
諸事情で生放送を見ることができない。(マジ残念)


ネットを見ると女子ショートの速報が出始めていました。
30人中12人が終わって上位3人がジュニア組だ!
特に驚きもしない。想定内。サプライズは超ウェルカム♪

暫定3位の青木祐奈選手は58点台。
冒頭の3ルッツー3ループがイマイチだったかな?
これは見てみないと分らない。

演技構成を変更した浅田選手や
宮原、本郷両選手の滑りも楽しみ。
用事済ませたら速攻で見てみよーっと。




↑moumoon「cocoon」(2015)






moumoon FULLMOON LIVE TOUR 2015 ~It's Our Time~ IN NAKANO SUNPLAZA 2015.9.28(BD) [Blu-ray]

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード:

藤原幹典in「コルトレーン」201512262015/12/26 21:29

今日は夜勤明けで軽く仮眠してから稲毛へGO~!


JR稲毛駅近くにあるライヴハウス「コルトレーン」で
あのお方のライヴがあるのだ。


その名も藤原幹典(ふじわらみきのり)さん。

確か1991年か92年くらいに職場の同僚に誘われて
下北沢のライヴハウスで藤原さんのテナーサックスを
聴いて感激してからファンになりました。

まさか25年も聞き続けるとは思いませんでしたが
これも何かの縁なのかもしれません。


今日は年末ライヴと言うこともあってお客さんは多かったです。
まだ本番前みたいなので腹ごしらえです。


夜飯は毎度お世話になっている「SHIBA(シバ)」さん。


ここのカレーは身体が欲しがる不思議なカレー♪


夜の7時過ぎからライヴ開始。
「オーバーザレインボー」、「枯葉」、「ウォーターメロンマン」などの
スタンダードや自身のオリジナルの「張飛」などを披露。


序盤は音が出てなかったなぁ~って印象。
なぜなら今回のライヴは手術明けのライヴでした。

「ちょっと練習足りなかったな」とライヴ後の藤原さんの弁。

その後、ベースの畠山さんのオリジナルのあたりから
藤原さんのサックスにも勢いが出始めました♪


途中、20分ほど休憩を挟んで・・・


後半は息子さんたちも飛び入りでどんちゃん騒ぎ。
息子さんたちも大きくなったなぁ。


最後は藤原さんのオリジナル「のばら」でフィニッシュ!
藤原さんはソプラノもやるけどやっぱりテナーの方がいいなぁ。

そんなことを思わせてくれる夜でした。
次のライヴでは序盤からブイブイとテナーを吹き鳴らしてほしいぜぃ。






Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索