アクセスカウンター

休日おでかけパス2016/10/01 11:05

今日は年休を取って東京と埼玉へ行く予定。
ぶっちゃけ、国技館とさいたまスーパーアリーナへ行く予定です。


心配なのは雨。
まだ霧雨程度ですがあまり酷くならなければいいのだけど。


切符の販売機でお得なキップをチェック。
今日は週末なので良さげなキップを発見。


2670円で乗り降りフリーでガンガン使えるキップらしい。
大宮も範囲内だからスーパーアリーナがある「さいたま新都心駅」も
楽勝でキップのエリア内なので問題無さそう。

浮いた分は帰りの特急orグリーン車代にするべー。




さよなら千代の富士2016/10/01 14:39

JRで両国駅へ。


天気は何とか持ちそうな雰囲気です。
国技館は両国駅からすぐそばだ。



今日は7月末に亡くなった
元横綱・千代の富士のお別れの会へ行ってきました。

幾度となく引き起こされる肩の脱臼を乗り越えて
小さな身体でデカい力士をバンバン投げ飛ばしたり
吊り出ししたり豪快な相撲が印象的な千代の富士。

(プロ野球の)王さんや(漫画家の)松本零士さんと共に
オイラの中じゃめちゃめちゃ凄い人なのさ。



30分前に国技館に到着。

もっと行列になっているかなーと思ったらそれ程でも無くて
ホッとしていたら・・・


あっという間にこの行列。
さすが千代の富士じゃ。


午後1時から始まったお別れの会ですが
国技館内に入ってからまだまだ行列があったみたいで


会場に入れたのは30分後でした。
大型モニターにはかつての名勝負の数々が映し出されておりました。

おかげで待ち時間が全く気になりませんでした。


つくづく61歳なんて早過ぎる。

真ん中の写真、好きだなぁ。
「小さな大横綱」なんて呼ばれていたけど
当時はまさに「土俵に君臨」していたと思う。

心技体が充実していて余人も近づけないくらいの
千代の富士のオーラが伝わってくるいい写真。
土俵入りがこんなにカッコいい人ってなかなかいない。



今まで一度も訪れたことが無かった国技館。
まさかこういう形で訪れることになろうとは。

マス席なんて座ることも無いだろうから座っておこう。



マス席に座ってかつての名勝負の映像を堪能。

北の湖、貴乃花、旭富士、大乃国、寺尾、小錦etc・・・
往年の名力士達との闘いの映像に見入ってしまった。

マス席で映像を見ながらスマホで千代の富士について調べてみた。

貴乃花(元貴花田のほう)や白鵬などは20代前半で
横綱になって輝かしい記録を打ち立てているけど
千代の富士が横綱になったのは20代後半、26歳の時だったのか。

千代の富士は幕内優勝31回を誇るけど
そのうち19回が30代になってからの優勝と言うから驚きだ。

千代の富士は遅咲きの大横綱だけど
横綱になるまでの紆余曲折も人間味があっていい。

荒っぽい相撲のせいか入幕後、幕下まで陥落したり
肩の脱臼の影響で三役昇進後、十両まで陥落したり
横綱までの道のりはまるで平坦ではなかったらしい。

一日500回の腕立てなどのトレーニングで肩の脱臼を克服したと
言う話があると思えば新入幕後、幕下まで転落してヤケになって
一時は1日3箱も吸うヘビースモーカーとなったり・・・

しかし尊敬する貴ノ花に禁煙を勧められて飴玉を舐めて禁煙に成功、
脱臼の対策としてのトレーニングや身体に見合った取り組みの
研究が実を結び一気に大横綱への道を突き進む辺りはハンパ無い。

特に横綱になった81年は同一年中に
関脇・大関・横綱の3つの地位で優勝するという快挙を成し遂げています。
多分こんな人もう出ないと思う。

この頃、相撲中継を見ると懸賞旗が土俵を
何周もしてしまう光景をよく見た気がします。

近年では朝青龍や白鵬あたりも凄いと思うけど
千代の富士はそのハシリだったんじゃないかと思います。



キャリア終盤での貴花田と貴闘力の取り組みは見ていてちょっと辛かった。
結果なんて分かっちゃいるけど辛いのだ。
その映像が流れると会場からは「あぁ~」とため息。

・・・その気持ちわかるわ~。

特に最後の取り組みで貴闘力にブン投げられてしまう映像は
目をそむけたくなってしまうほどだ。


マス席で一時間ほど滞在したけど
千代の富士を見送りたい人の列が途切れることはありませんでした。



外に出ると千代の富士の写真が・・・。
この写真、やっぱカッコいいわ~。

全てを見通しているような鋭い眼光を備えた表情もいいけど
肩から上腕二頭筋の発達ぶりのハンパ無さがたまらない。

土俵入りの四股の美しさは最強だと思う。
(↑あくまでも個人的な見解です)



俳優シルベスター・スタローンとの2ショット。
ウルフとロッキーか・・・いい写真だわ。



昭和の大横綱のお別れ会だけあって花の数も送り主の面子もハンパ無い。



エントランス近くには当時を思い起こさせる品の数々。


多くのファンがその目にカメラに焼き付けておりました。


これは還暦土俵入りの時のまわし。
真ん中の赤いやつが千代の富士、
左が太刀持ちの白鵬、右が露払いの日馬富士のもの。



何だかんだと2時間近く滞在しちゃいました。


千代の富士がいなくなっても相撲は続きます。
日本人の横綱も98年の若乃花以来現れていません。
モンゴル人横綱も悪くないけど日本人横綱そろそろ出てきてほしいぞ~。


何時かは相撲も生で観戦したいと思っていたけど
こんな形で国技館を訪れようとは思ってもいませんでした。



帰り際にポストカードいただきました。

「長い間、応援ありがとうございました!」って書いてあるけど
お礼が言いたいのはこっちですわ。

お礼を書いてしまうとマジで収拾がつかなくなるくらい
長文になってしまうので今回は省きますっ。

あなたは死んだのかも知れないけどファンの中に
輝かしい記録と共にあなたの雄姿は生き続けるんだ。


本当にありがとう。そしてさようなら。
千代の富士はオイラにとっちゃー今でも最強の横綱なんだぜ。





オンラインだけなのね~2016/10/01 15:20

千代の富士のお別れをしたらちょっと疲れが出ちゃいました。

ちょっと休憩がしたくなって銀座のスタジオブライトリングの
メンバー専用ラウンジ(公式サイトより)を使わせてもらお~♪と思いつきました。

このラウンジ内のリクライニングシートで仮眠するのが最高なのです。
これまでも何度か使わせてもらっていますが気持ちいい。(当時のブログ
ここで休憩するたびにブライトリングのユーザーで良かったと思うのです。



・・・が、スタジオブライトリングは土日祝日が休みらしい。(涙)

うーーーん、残念。
仕方ないので予定変更じゃ。
昼飯&馬券購入の為、錦糸町へ向かう事にしました。



ボクにとって錦糸町と言えば・・・ハッスルラーメンですが
今日は新規開拓すべく別の店で昼飯することにしました。


ハッスルラーメンのすぐ近くに面白そうな店を発見。

「ラーメン・ヨシベー」って店。



外観が外観なら内装も内装でした。



ちょっとやりすぎな内装。


内装にお金かけすぎて肝心のラーメンは・・・と心配になりました。


ラーメンは魚粉系の当たり前すぎる味わい。
マズくはないけど、もう飽きたって感じの味わい。


餃子はハズレ。ラーメンだけで十分だったかもしれません。
うーん、これだったらハッスルラーメンで良かったかな。

・・・とは言え「虎穴に入らざれば虎子を得ず」と言う諺もある通り、
リスクを取らねばいい店には出会えないし仕方ない。

イマドキなんだからネットで調べればいいじゃん・・・と
おっしゃる方もいるかも知れないけど
それでは面白味が無いと思ったりするのです。

・・・まるで攻略本を見ながらテレビゲームするみたいな。

そもそもネットで評判の店に行ってハズレだとすれば
そんな情報を信じてしまった自分自身が許せなくなると思うし
後々まで尾を引きそうなので店情報はネットはアテにしないのです。

当たって砕けるのもまた一興ということで。


昼飯を済ませて久々にWINS(場外馬券場)へ。


凱旋門賞(G1)売っているのかなーと思ったら
何と!凱旋門賞はネット投票限定らしい。(涙)

明日、部屋で買おうっと。




カーニバルオンアイス20162016/10/01 21:58

錦糸町でメシしてからJRを乗り換えて
さいたま新都心駅に到着。


人がいっぱいだわ~。
今夜はさいたまスーパーアリーナでフィギュアスケートのイベントである
「カーニバルオンアイス2016」が行われるのです。

今までさいたまスーパーアリーナって凄く遠い所にあるイメージがありました。

埼玉ってくらいだから東京から相当時間が掛かるのかとおもったのですが
東京から快速で30分も掛からずに最寄り駅に到着しちゃうなんて想定外。



アリーナも駅から数分歩いて到着。こりゃ便利だわ。
まだ開場まで1時間以上、開演まで2時間以上あるので
どこかで休憩しておきたい。


とりあえず近くにあった喫茶店で一休み。
幸いなことに客席にコンセントまであったので
スマホの充電もしちゃいました。

アリーナ前で買っておいたプログラムを見ながら
いい時間つぶし&休憩ができました。



店を出るとすっかり辺りは暗くなっておりました。


今日はスーパーアリーナで昼間「ジャパンオープン」、
夜からは「カーニバルオンアイス」の2本立てでした。

フィギュアスケートの地域別対抗戦が「ジャパンオープン」。
そしてジャパンオープンに参加した選手を含め世界中の著名スケーターが
集結してエキシビジョンを披露するのが「カーニバルオンアイス」なのです。


ジャパンオープンのチケットは取れなかったのですが
運よくカーニバルオンアイスのチケットは取れた♪ので
今日は初さいたまスーパーアリーナなのです。




今日はなんとアリーナ席が取れちゃいました。
どんだけ近くで選手が見れるかワクワクです。

・・・でも期待しすぎてガックリするのも嫌なので
あまり期待し過ぎず席を探します。


会場内は圧倒的に女性が多い。
それもオバ・・・もとい、年齢を重ねられた方が多い。

たしかにフィギュアスケート観戦は金が無ければ成り立たない
部分もあるので仕方ないと言えば仕方ないし、間違いなく
こういう金もあって行動範囲も広い女性が客としてフィギュアスケートを支えている。



会場には既に多くのお客さんが集まっておりました。


今日の席は何と!前から4列目の素晴らしい席でした。
これだったら間違いなく選手の顔バッチリ見えるはず♪


夜7時。いよいよカーニバルオンアイス開演。

オープニングに登場する女性選手達が現れました。
ロシアのメドベデワ、アメリカのワグナー選手の二人が先頭に
春に行われた世界選手権の上位選手たちがズラリ!

「うわぁ・・・すげぇ」

先頭のメドベデワ、ワグナー両選手がめちゃ綺麗。
テレビでしか見たことの無い世界選手権の金銀メダリストの二人が
目の前で並んで立っている絵はハンパ無かったです。

思わず声が出ちゃいました。
隣にいた親子連れの母さんが「凄いですよね~」とオイラに同調。
思わずオイラも「ですよね~♪」と相槌うっちゃいました。

後に並んでる女子選手も凄すぎる。

ポゴリラヤ、ゴールドに宮原知子。
今春行われた世界選手権の1位から5位まで揃っていました。
こりゃ贅沢だわ~♪


オープリングは豪華すぎる女子選手に続いて世界王者のフェルナンデス、
宇野昌麿、アダム・リッポンら世界選手権上位組に加えて高橋大輔、町田樹ら
超ゴージャスな男子選手もリンクイン♪してオープニングを盛り上げました。

このオープニングだけでも十分凄い。
リンクから出るときも顔が良く見えるし・・・幸せじゃ♪

その後は各選手がソロのエキシビジョンを披露してくれました。

先頭バッターは女子の本田真凛選手。
Jrグランプリシリーズの疲れが出ているのでしょうかジャンプに
精彩を欠いておりましたがスケーティングは綺麗。
今後は是非グランプリファイナルへ行って表彰台に載って欲しいですね。

今年からシニアの樋口新葉選手は今までとは
違ったスローな魅せるナンバーで滑っておりました。
今シーズンは彼女が日本女子のカギになる気がするので楽しみです。


荒川静香さんと鈴木明子さんはパフォーマンスもよかったですけど
衣装がメチャ良かったです。

荒川さんは自身の衣装の青と照明の青が絶妙なマッチ具合が最高だったし
鈴木さんは黒の衣装がイイ!もともと鈴木さんは黒が合う人だと
思っていたので良かったですわ。


あと織田信成さんがいい動きしてたなぁ。
ジャパンオープンにも日本代表で出場して4回転跳んだりして
現役時代のベストスコアを更新したりしたみたい。

現役に戻れば~と思ったりするけど
やはり今の時代、4回転は2種類以上跳べないと
上位に行けないのも事実で・・・。

それはともかく今夜の織田選手は本当にいい動きでした。


あと町田樹選手の動きは相変わらずいい。
松田聖子の「あなたに遭いたくて」を使ってのプログラムでしたが
相変わらず動きがいい。

ジャンプはもちろんですがステップやスピンも丁寧にやっているのが
印象的でこういった姿勢は現役の頃から変わらないのねん。
・・・もう一回「第九」みたいなぁ。



フェルナンデス、アダム・リッポンや高橋大輔も頑張っていたけど
今夜は特に宇野昌麿とメドベデワが頑張っていたなぁ~って思いました。

宇野選手は4回転よりもトリプルアクセルが超綺麗。
2本跳びましたが2本ともベリーグッドなデキ。

アンコールは「トゥーランドット」。
会場中のお姉さん方の心をガッチリつかんで
スタンディングオベーションだ!

2年前の春、トリプルアクセルさえ跳べなかった選手が
今じゃトリプルアクセルどころか史上初4回転フリップまで
跳んじゃう選手になるなんて誰が想像しただろう。

少なくとも2年前、オイラは宇野選手について
「ジャンプさえ跳べれば・・・」と勝手に残念がっていたけど(当時のブログ
人の成長って人それぞれなのねん。


ロシアのメドベデワ選手は圧巻の演技。
ジャンプはもちろん音楽の細かい機微を捉える老獪さが見える演技も印象的。
アンタ本当に16歳かっ!?って思うけどやっぱり16歳らしい。

アンコールでは自身が大好きを公言するセーラームーンの主題歌
「ムーンライト伝説」をBGMに演技してました。
それも歌を口ずさみながら・・・とてつもない。

選手の表情が見れるアリーナ席ってステキ♪



最後は世界王者のハビエル・フェルナンデス選手。
「ダニーボーイ」をBGMにしっとりとした演技をしておりました。

それはそれでいいのですが個人的には
フェルナンデス選手というと「エアロビクスクラス」で
コミカルに演技している印象が強いせいか・・・未だに馴染めない。(笑)


全ての選手の演技を終えてフィナーレ開始。
選手一人一人の表情が良く見えたー♪

休憩を20分を挟んで夜7時から9時半まで・・・あっという間の2時間半でした。

楽しかったけど唯一残念と言えば
選手一人一人の持ち時間と言うか演技時間がやや短めだったこと。
もう少し長めでもいいんじゃないかな~って思いました。


それにしてもあっという間だったわ~♪




史上初っ2016/10/02 18:04

朝一の体重は131キロ。体脂肪率40パーセント。
血圧177-102。脈70。


今日は一日ゴロゴロ。


昨日頑張りすぎたからかもしれない。


フィギュアスケートの羽生結弦選手が
ISU(国際スケート連盟)主催の大会で
史上初の4回転ループを決めた!とのニュース。


アメリカのジュニア選手のアレクセイ・クラスノジョンが
先日のジュニアグランプリシリーズ・スロベニア大会で
4回転ループ初認定されたはず・・・でしたが

彼の場合、着氷時にお手つきしたので
ISUからの認定ならず・・・だったらしいです。

認定されていればジュニア選手としては
快挙だったはずですからクラスノジョン選手は残念ですね。


ネットを探していたら羽生選手のそれらしい動画を
見っけたので見てみましたが決めてましたね~、ループ。


それもイーグルからの~4回転ループからの~イーグル。
こんな凄い入りからの4回転ループ凄すぎる。
羽生選手恐るべしだわ~。


でも羽生選手で心配なのはケガ。
左足の甲の靭帯損傷はしっかり治ったのかな~。
再発しなきゃいいけど・・・と心配してしまいます。






フィギュアスケート2016-2017シーズンガイド

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード:

マカヒキ、惨敗。2016/10/03 20:05

朝一で改めて凱旋門賞をチェック。


昨夜は世界競馬の最高峰レースの一つに数えられる
フランスの「凱旋門賞(G1)」が行われていました。

日本からは今年の日本ダービー馬・マカヒキが出走しており、
更にJRAが凱旋門賞の馬券を発売(日本国内のみ)することも
相まって競馬ファンの間では地味に熱気を帯びていた。(・・・と思う)

凱旋門賞は日本からは1969年にスピードシンボリが初めて挑戦してから
50年近く経過、17頭の馬達が挑戦しましたが一頭も優勝していません。

エルコンドルパサー(99年)、2010年のナカヤマフェスタ(10年)、
オルフェーヴル(12,13年)の3頭が2着を記録していますが
この世界最高峰のレースを勝てずにいます。

例年、ロンシャン競馬場で行われている凱旋門賞ですが
今年はシャンティ競馬場で行われるという事もあり
もしかしたら!・・・と期待したのですが日本のマカヒキは14着と惨敗。

優勝したのは4歳牝馬のファウンド。
2着はハイランドリール、3着はセンターオブセントジョージ。

3頭ともアイルランドの名伯楽エイダン・オブライエン厩舎の馬。
3頭とも親父がガリレオ、3頭とも大牧場・クールモアスタッドの生産馬。
(ちなみにガリレオも元エイダン・オブライエン厩舎の所属馬)

こんなに出来すぎな結果はもちろん史上初。

外枠が災いしたかな・・・?

そう思いながらレース映像を見直して見るとそうとも言い切れない。
マカヒキよりも外枠、大外枠にいたセンターオブセントジョージが3着に来てる。

距離が長かった?
いや、凱旋門賞と同じ2400mの日本ダービーもニエル賞(2400m)も
勝っているし距離的には大丈夫だとは思うのだが・・・。

ただマカヒキは途中まで掛かって(*注)いたのが原因か。

レース実況の福原さんは4コーナーの時点で
「ここまでマカヒキ折り合いがついている・・・」なんて言っていたけど
どうみてもマカヒキは途中まで引っかかっていたと思う。

対照的だったのが優勝したファウンド。

スタート直後から右側に寄って行って常に芝の状態のいい所を
常に走っていましたし、周りに馬を置いて馬を落ち着かせていた
ライアン・ムーア騎手も上手かったと思う。

あと気になったのがオブライエン厩舎の残り2頭の動き。
ハイランドリールもセンターオブセントジョージもファウンドと逆で
スタート後に左側に馬を動かしていたのが気になる。

厩舎ぐるみでファウンドを勝たせるための作戦か?・・・って思ったりして。


今年も日本馬による凱旋門賞優勝はならず・・・か。



(*注)掛かる・・・騎手が馬の「前に行きたい・走りたい」気持ちを
抑えきれない状態の事。

騎手が馬を抑えきれないと馬が無駄な力を使ってしまって
勝負所でスタミナが足りなくなって惨敗・・・って事になったりします。

1000メートル程度の短い距離なら
ガ―――――ッと行ってしまってもそのまま逃げ切り勝ちっ♪とかも
あり得ますが2400メートルほどの距離になると、そうは行かない事が多いです。



今日は夕方から職場の仲間と3人で
「よっちゃんち」で飲み会だった。


今夜のメニューはこんな感じ。


今夜のおにぎりは「ちりめんおにぎり」。


照り焼きチキンも美味かった。今夜のMVPはこれだ。


ボイルソーセージで酒もすすみます。


カマンベール&ブルーチーズ。



ラストはいわしのつみれ汁。ごちそう様でした。


気をよくして珍しく2次会に行っちゃいました。
2次会は先輩が知っている某スナック。

久々にカラオケやっちゃった。



3次会はしばらく前に引っ越ししたお店で・・・


勝浦担々麺しましたが味はイマイチ。
・・・チョイと物足りない印象。別のメニューにしとけばよかったかも。


帰宅は午前2時半・・・。ブッチ切りで午前様でした。
一緒に飲んでくれた皆様、お疲れ様でした。



ひたちなか海浜鉄道に乗ったよ♪2016/10/08 20:23

夜勤の残業明けで一旦部屋に戻ってから千葉駅へ直行。


千葉駅で高校時代の「鉄(鉄道)ヲタ」な仲間と合流。

オイラが来年から石川に異動(来年の正月⇒2月に変更になりました)を
知った仲間が「日帰り旅するべー」と言うので合流となりました。



とりあえず東京駅に到着。

仲間から2つの選択肢が提示されました。
①西へ行く。(どこに行くかは仲間の気分次第)
②北東へ行く。(これも仲間の気分次第)

どっちを選んでも仲間の気分次第なので(笑)
「お前さんが好きな方にしてちょ」と逆提案してしまいました。



仲間が「北東へ・・・」と言うので北東へ行くことになりました。


とりあえずスーパーひたちで勝田方面に行くようです。


全席指定らしいのですがグリーン車に乗ろう!と言うので
グリーン車に乗り込みました。


仲間に導かれグリーン車に。


このシート良かったですよ~。


いつも乗っている晩酌特急「わかしお」より良かったわ~。


「俺のわがままだから往復の電車代は全部出す!」と仲間が
男気ブチかましてきたのでオイラも「メシは全部俺が出す!」と
ブチかまし返ししておきました。

この弁当の肉、超うめー♪
これ以外にももう一つ美味しい弁当を調達しちゃいました。

勝田駅までの約80分の間に弁当2個とビールを飲んで
夜勤明けの疲れもあってほとんど寝てしまいました。

仲間も連日の仕事の疲れが抜けていなかったようで
ほとんど寝ていたらしいです。(苦笑い)



お疲れ様!なオヤヂが二人、JR勝田駅に到着。


仲間曰く、「ひたちなか海浜鉄道」に乗りたい!らしいので
一緒に乗ることになりました。



沿線内なら乗り降り自由のフリー切符をゲット。
多分、終着駅まで行くんだろうなぁ。



どんな電車が来るかと思えば・・・随分、ファンキーなカラーリングですね。

絶対、仲間の趣味とは思えない色使いの車体でしたので思わず、
「お前、こんな車体好きだっけ?」って仲間に聞いてしまいました。


「・・・んな訳ねーだろ。」と仲間がポツリ。
想定外だったらしく随分疲れた顔してました。

・・・ショックだったんだろうなぁ。



とりあえず終着駅目指ざすことになりました。

車窓からの眺めはちょっと寂しい。
晴れていればもっと違っていただろうに。


どうやら始発の勝田駅から終着駅まで9駅あるみたい。


終着駅・阿字ヶ浦駅です。
・・・・・・この板の駅名、読みづらい。


駅構内にボロ・・・、もとい年季が入っている車体がありました。


もともとこの車体がここを走っていたらしい。
今年の春先まで頑張っていたようだ。・・・お疲れ~ッス。



この車体、昔の総武本線走っていた電車に似てるなぁ。


駅に到着したのが5時過ぎ。


駅を出て周りに何か面白いモノ無いかなー?って
探してみたんですが何もありません。

最寄りの日帰り入浴が出来るホテルまで時間も掛かりそう。



ちょっと駅の周辺を歩いて17:44の電車で帰ろうかと話していたら
仲間が突然、「土産買わなきゃ!」と思い出したように立ち上がって


「(17時)11分で帰ろう!」と言い出しました。
この駅周辺には何も無さそうだし選択肢としては間違いはなさそう。



終着駅・阿字ヶ浦駅の滞在は約10分。

行きと同じ電車で帰路につきました。(笑)

この仲間と旅するときはいつもこんな感じだ。
以前、特急スペーシアで旅した時は鬼怒川駅滞在が40分ほどでした。(当時のブログ

今回は最短時間を更新したかもしれません。




もっと晴れていたら良かったのに。
車窓の眺めは相変わらず寂しい。


元々、仲間はこの色の車体に乗りたかったらしい。


この時間帯、暗くなるのが早いのねん。



勝田駅周辺で土産を探しましたが
それらしい店も無くて残念。


結局、駅構内の店で土産を調達。


「スーパーひたち」で帰路へ。


夜勤明けでクタクタだった行きよりは体調は良くなってきました。

さすがグリーン車だけあってコンセントも付いていたので
スマホの充電をしながらニュースをチェックするとフィギュアスケートの
浅田真央選手が今シーズン初戦を2位で終えたらしい。

てっきり優勝はロシアのパゴリラヤ選手かと思ったら
カナダのケイトリン・オズモンドだったらしい。
あの程度の選手に負けてしまうとは・・・ちょっと悔しい。

ただ今年の浅田選手はスロースターターらしい。
必殺技のトリプルアクセルを封印してのシーズン初戦だったようだ。

昨シーズンの浅田選手の不振の原因の一つは明らかなピーキングのミス。
昨年10月のシーズン初戦・ジャパンオープンのデキがあまりにも
良すぎたのが今でも印象に残っている。

その後、グランプリシリーズの中国杯を優勝するも
それ以降は坂道を転がり落ちるように調子を落として
グランプリファイナルは6人中6位と自身初の最下位を経験、

暮れの全日本選手権でもかろうじて表彰台確保の3位。
世界選手権では調子を戻しつつあったけど7位でシーズンを終了。

昨シーズンの浅田選手は復帰後のシーズンで
それもあんなピーキングで
よくグランプリファイナルに出場できたと思う。

あの2シーズン前(2014-15)の女王・トゥクタミシェワですら
残れなかったあのファイナリストの6人に残った事実は・・・、
あの事実だけでも浅田選手の凄さが分ると言うものだ。


それに比べれば今シーズンはトリプルアクセルも
跳ばなかったみたいだし、慎重にシーズンインしたと思う。
昨シーズンよりは「いいスタート」は切れたんじゃないかな・・・と思っている。

別に全て勝つ必要は無いんだ。
徐々に調子を上げて行けばいいと思う。
今シーズンの浅田選手は昨シーズンよりは健闘すると信じている。




東京駅から乗り換えて検見川浜駅で下車。
仲間のクルマで千葉にある餃子の王将で夜飯。
もちろんオイラのゴチだよ~ん。


ここのチャーハン美味いね♪
オイラは写真の豚カルビチャーハンよりも普通のチャーハンがいい。

仲間が部屋まで送ってくれた。ありがとー♪
また旅がしたいもんだ。


あ、そうそう。
ちなみにオイラは鉄ヲタ(鉄道ヲタク)じゃないんで
そこんトコ宜しく。





「POWER CUPSULE」と「祭」2016/10/09 17:58

昨日頑張りすぎたせいで朝から体調はボロボロ。


朝から雨も降っていたし昼までゴロゴロしてました。


「POWER CUPSULE」と「祭」ってイベント。
茂原ツインサーキットでやるって言うので行ってみることにしました。

茂原駅前に行ってみると会場まで無料バスも出ているみたい。
これで行くベー。


20分ほどバスに乗って会場の茂原ツインサーキット(公式サイト)に到着。
バスを降りるなり爆音が耳を劈きます。


爆音の正体はこれでした。



ドリフト~~~~~~~~~~~っ!



爆音とゴムの焼けた臭いが凄い。
ドリフトも3,4台が揃ってカマすとカッコいい。


お客さん多いわ~。


今度はバイクだ。


凄い台数だわ~。


クルマがいっぱい。
こういうの好きな人は好きなんだろうなぁ~。(←当たり前か)


ローライダーもズラリ。


爆音とクルマたちの脇で何故か?年配者が揃ってフラダンスの大会。
このアンバランスと言うか非日常感がいいかも。


更に奥に行くとステージがありました。



DJブースなんかもあってバンバン音楽かけまくってました。



屋台もズラリ・・・。ステキ♪


ビール頂きまーす♪


ちょっと肌寒いですがいい感じ。



この奥にはライヴハウスがありました。
今日ここに来た理由はズバリ!ここです。

また後で。




会場をぐるりと回ってコースに戻ってくると
2台のクルマがドリフト合戦やってました。


ゴムくさーぃ。


お疲れさーん。白煙がハンパ無い。



何だかわからないけどオイラも拍手しちゃった。


こっちのクルマ頑張っていた気がします。


お疲れさーん。・・・以上です。


バイクもいっぱい。


再び裏へ行ってみると少しずつお客さんが増えてきていました。
この辺は多分夜になったら大盛り上がりなのかもね。


気になる焼きそば屋台発見。


盛り放題ってなんじゃぃ?


一回盛るたびに屋台のオヤジが「まだ行く?」って
無言のアイコンタクトしてきたので首を縦に振るとまた盛ってくれました。

合計3回ほど盛って貰ってこのボリューム。(笑)
多分、「盛り放題」って位だからまだ盛ってくれたとは思うけど
ここら辺でストップしておきました。




これで夜までメシいらねー。(←当たり前っすね)



これが今回ツインサーキットに来た目的。

最近、お世話になっている居酒屋「よっちゃんち」の
マスターのよっちゃんがツインサーキットでライヴやるって言うから
見に来たって訳です。



よっちゃんはAAYO(エイエイヨー)ってバンドやってます。


アン・ルイスの大ファンのよっちゃんのAAYOは
もちろんアン・ルイスのコピーバンド。

よっちゃんの歌聞いたの今回で2回目。
前回はアコースティックだったけど(当時のブログ)
今回はバリバリロックだぜ。

11月にもライヴがあるらしい。時間みっけて行ってみるかなー。



よっちゃんのライヴが終わって外に出ると
ステージでパフォーマンスが始まってました。


日も暮れてきた。
ローライダーの皆さんもお帰りかな。



オラも帰ろうかなーって思っていたらコース上に
バイクと一緒にローライダーの皆さんも集結しているじゃありませんか!


何やるのかなーって見ていたら・・・


爆音ならしてバイクがやりたい放題・・・


ローライダーの皆さんも・・・



凄い台数だなぁ。


これだけの台数、見ているだけでも壮観ですなぁ。



何処まで続くのローライダー。



最後についてきたフェラーリがカッコ良かったなぁ。



しばらくすると表彰式やってました。(何の表彰かはわかりませんが)

「プレゼンターは初音ミクさんでーす」なんて言うから
見に行ったらコスプレ姉さんがプレゼンターやってました。

ちょっとプリティーなお尻がステキ。



日が暮れるとDJブースは盛り上がってきました。


ステージのパフォーマンスもこれからイケイケみたい。


・・・でも疲れてきたんで帰りまーす。
たまにはこういうイベントもいいね~。




お手紙2016/10/14 09:37

起きたのが9時半。
体重は131キロ。体脂肪率40パーセント。
血圧152-89。脈68。


すげー、血圧がいつもより低い。
上が150台、下が80台って何時振りだろう。
ちょっと嬉しい。




最近は休みになっても、なーーーーーんもやる気が湧かない。


昨日まで仕事だったけど毎日残業で
仕事明けても何もやる気が起こらない。


身体が疲れ切っている感がハンパ無い。


困った事に自転車どころか
パチスロすら打ち気が起こらない。
(↑打ちたい台が無いのが一番の原因だけど)


ブログも打ちたいネタはゴロゴロしているけど
全くやる気が湧かない。休日は寝ていた方がいいかも。



ここのところブログの更新頻度も相当下がっていますが
今後も7~10日に一度くらいの頻度でやっていきますので
時間があったら見てやってください。


今日も一日ゴロゴロするつもりだけど
郵便受けを見たら封筒が入っていました。



差出人は・・・・・月面基地っ!?
moumoonじゃねーかっ!


何だろう?と開けてみたら
moumoonの二人からの手紙でした。


2月のピクニックイベント以降、目立った活動も無かったmoumoon。

ネットで恒例の「FULLMOON LIVE」すら行われず
毎年9月に恒例の「中秋の名月ライヴ」が行われることも無く
何だか盛り上がりが欠けるうちに秋を迎えてしまいました。


(結婚した)YUKAさんに子供でも出来たのかな?と
思いつつ手紙を読むと、現在二人は音楽創作に耽っているようです。
次のアルバムもいい曲、期待してまっせ。

オイラも来年になったら引っ越しやら何やらで
しばらくはドタバタするはずでなので
来年の夏以降にライヴがあったら行きたいな。




↑moumoon「天国に一番遠い場所」(2011)






15 Doors【ジャケットA】(DVD付)

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード:

2着か~。2016/10/15 12:55

朝一の体重は130.5キロ。体脂肪率42パーセント。
血圧165-96。脈62。


今日も朝からゴロゴロ。


外はいい天気ですが終日休養って事で。



久々にスマホでJRAのサイトを見ると
5月のサラブレッドセールでチェックしていた馬が(当時の様子
今日東京競馬場でデビューらしい。


その名はボーダーオブライフ。
父はキンサシャノキセキ、母はサクラサク2。
(↑写真は千葉セールの時のものです)


何と!戸崎騎手を鞍上にして2番人気らしい。
昼飯を忘れて単勝・複勝を100円ずつ購入して
ネットラジオで応援だ。結果は2着。



実況がイマイチだったせいかレースの雰囲気が
掴めなかったのでしばらくしてから動画でレースを確認。



(ラジオで)パドックではイレ込み気味だと聞いていて
レース中折り合いが付かないで掛かったりしたらどうしようと
思っていましたが好スタートからいい位置にいたと思います。

直線に向いて(鞍上の)戸崎騎手が勝負所での
判断が遅れたおかげで残念ながら追い込み届かず2着に
なりましたが次走以降も期待できると思いました。


マイル(1600m)のレースは大丈夫そうです。
もっと長い所でも頑張れそうです。






「ROUNDERS」vol.4 特集「馬見 サラブレッドの身体論」

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード: