アクセスカウンター

眠れなかったぜぃ。2017/06/11 06:54

今日(10日)は定時仕事の最終日。
残業を終えて部屋に戻ったのが夜10時チョイ前。



部屋から歩いて20分ほどで松任駅に到着。

今回は母が誕生日を迎えたという事で実家に戻るのだ。


今回の帰省は初めて行きも帰りも夜行バスを使う予定だ。
まずは金沢から東京駅まで北日本観光バスの「きまっし号」だ。

もちろん3列独立シートのバスなのだ。

バス内の撮影はできなかったけど
イメージ的には先日乗ったJRバス(当時のブログ)な感じ。

ただ夜行バスという事で全面にカーテンが展開されていて
まるで外の風景は見れない。


仕事を終えて食事をとる時間も無かったので
パスタとから揚げ弁当を買って出発前の車中で夜飯していると
バスの運ちゃんから「ちょっと匂いが・・・」と指摘を受けてしまった。

どうやらから揚げ弁当のニンニクがまずかったらしい。
・・・こりゃ、失礼しました。次回からは自粛します。
次からはサンドイッチとかにしますわ~。




「食事は1時間後の休憩ポイントのサービスエリアで
お願いします」と言われてしまったので夜飯は中断。

12時過ぎに到着した唯一の休憩ポイントのサービスエリアで
ひとり寒空の中から揚げ弁当を平らげた。

ほとんど休憩なしの残業明けで
普通なら速攻で爆睡モード入り・・・のはずでしたが
バスの窓側の青い車内灯がオイラの眠りを妨げるのでした。

点灯している車内灯は5か所ほど。


照明のスイッチを探しましたが見つかりません。

カーテンはあるものの案外薄くてでPCで映画なんぞ
見ていたらモニターの明るさで隣の方にも迷惑になって
しまいそうなので使用は断念。大活躍したのはやはりスマホでした。

音楽聴いたり、動画を見たり・・・それでも眠れない。
斜め前にいるイビキかいて気持ちよさそうに寝ている
女の人を見ていて本当にうらやましくなりました。

それと対照的なのがオイラ同様に青い車内灯で眠れずに
悶々としている逆サイドに座っているサラリーマン風の男性。
・・・あぁ、その気持ちわかるわー。



結局、一睡もできないまま東京駅に到着したのが6時15分。

バスの運ちゃんに
「あの青い車内灯って消せないの?
おかげで一睡もできなかったよ~」って嘆いておきました。

バスの運ちゃんは
「真っ暗だと男と女がイチャイチャ・・・」とか
「法律的に車内灯は点灯してなきゃいけない」とか言っていたけど

全部の窓がカーテンで閉ざされていて車内灯を付けていても
外から見えないから点灯の意味無い気がするし、
法律うんぬん言うんだったら全席点灯しやがれ・・・って思った。


男と女のイチャイチャは・・・明るかろうが暗かろうがする奴はする。(笑)


もともとビンボー人多数の夜行バスだから
周りがうるさいとかは我慢できるけど青い照明はちょっとなぁ~って思った。
それも点灯しているのが一部の座席だけって言うのがね~。


ただ運ちゃんから「電話予約だと座席指定もできますよ」って
ステキな情報も貰えたので今後使ってみようと思います。




東京駅からはJRで実家へ向かいます。


総武線のホームへ向かう通路が凄く綺麗になってた。

一瞬、間違えたかと思っちゃった。(笑)

バスで一睡もできなかったせいかJRで寝てもうた。
おかげで最寄り駅を乗り過ごしそうになってしまった。



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック