アクセスカウンター

映画「メアリと魔女の花」2017/08/17 19:00

今日は御経塚のイオンで買い物ついでに映画を観た。


「メアリと魔女の花」って映画。


監督は元ジブリの米林宏昌、プロデューサーは西村義明という
元スタジオジブリなコンビの映画でした。


話は赤い館村に引っ越してきた主人公メアリが
森で見つけた不思議な花「夜間飛行」を見つけたことにより
引き起こされる大事件を描いた話でした。


映画を観た感想ですが
話の途中までは引き込まれたけど
ツメが甘いと感じました。


元スタジオジブリのプロデューサー西村義明が
設立したスタジオポノックの記念すべき
長編アニメ映画の第一弾になった「メアリと魔女の花」。


声優陣は豪華。
ヒロイン・メアリ役は杉咲花、ピーター役は神木隆之介。
脇役陣が天海祐希、小日向文世、遠藤憲一、渡辺えり、
満島ひかり、大竹しのぶ・・・超豪華。

マジでジブリっぽい。

映画を観ればわかるけど
しっかりとスタジオジブリの血流を継いだ映画でした。
どの世代もフツーに楽しめる作品になっていました。


まさしく安心・安定のジブリクォリティー。
ただ何か足りない感がマンマンでした。


昨年大ヒットになった「君の名は」もそうでしたが
前半はいいけど後半になって案外・・・って感じ。
この映画もまさしくそのタイプの映画でした。

この映画が公開間もない頃、
日テレの朝バラエティー「ZIP!」では
「興収50億確実!」くらいな勢いで煽ってましたが
このクォリティーで50億いくのかなー。

ただ「君の名は」のクォリティーで
興収200億超えちゃう時代だし
この作品が50億超えするのもあるかもしれません。


ガチで観に行くのはどうかと思いますが
僕みたいに時間潰しに行くにはいい映画かもしれません。


最後になりますが
杉咲花さんは女優よりも声優の方がいいかもしれない。

先日観た映画では(当時のブログ
「本当に日本アカデミーの最優秀助演女優賞?」って位の
クォリティーの見せつけられて以来、

杉咲さんにはイマイチなイメージしか持てませんでしたが
今回の映画やたまたま聞いたテレビ番組の
ナレーションの声は本当にいいなぁ~と思いました。

この人はきっとそっち(声優やナレーター)の方で
生き残る人じゃないかなって思いました。






メアリと魔女の花 オリジナル・サウンドトラック

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード:

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック


Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索