アクセスカウンター

フランス大会終了。2017/11/19 12:30

今日はフィギュアスケートのグランプリシリーズ
フランス大会の様子をチェック。


まずは男子からサラリと。



1位 ハビエル・フェルナンデス      283.71
2位 宇野昌磨                273.32
3位 ミーシャ・ジー             258.34
4位 アレクサンドル・サマリン       253.13
5位 オレクシイ・ビチェンコ         247.44
6位 モリス・クビテラシビリ         240.50
7位 マックス・アーロン           237.20
8位 デニス・テン               228.57
9位 ヴィンセント・ジョウ           222.21
10位 ケヴィン・エイモズ           220.43
11位 ロマン・ポンサール          198.12




4位のロシアのサマリンは4回転ルッツ決めましたね。
長身を使ったアグレッシヴな演技。
スピード感もあるし将来性もありそうです。


3位のミーシャ・ジーは素晴らしいの一言。
4回転の無いプログラムでも充実の内容で
表彰台はお見事。さすがです。


優勝したフェルナンデス選手は
ショートは完璧でしたがフリーでガタガタ。
春に行われた世界選手権と同じパターンです。

ファイナル行きは無いので
欧州選手権経由で平昌五輪でしょう。
調子を取り戻してほしいですね。


惜しくも2位の宇野昌磨は病み明けもファイナル行きを決めた。

今回はインフルエンザ明けで何もかも参考外。
特にフリーはちょっと見ていられないくらいだった。
ファイナルでは体調を戻して来るだろうから期待しちゃいます。



さーて問題は女子なのだ。



1位 アリーナ・ザギトワ         213.80ファイナル決定!
2位 マリア・ソツコワ           208.78ファイナル決定!
3位 ケイトリン・オズモンド       206.77ファイナル決定!
4位 三原舞依               202.12
5位 エリザベート・トゥルシンバエワ  200.98
6位 白岩優奈               193.18自己ベスト
7位 ニコル・ショット            172.39自己ベスト
8位 マエ・ベレニス・メイテ        171.40
9位 エリザベータ・トゥクタミシェワ   167.65
10位 ポリーナ・エドモンズ        157.77
11位 ローリン・レカヴェリエ       154.35




女子はロシアのザギトワがショート5位から
フリーで6点差を大逆転で優勝!

ここ2,3年の女子シングルはショートで6点も差をつけられると
逆転はかなり難しくアッサリ逆転したのも驚いたのですが

更に驚くべきは終わってみれば2位に5点以上も差をつけて
逆転優勝してしまったことです。

高得点の4回転メインの男子シングルでは
よくありがちなことなのですが女子でこういった芸当を
するのは驚き以外の何物でもありません。


見事にファイナル行きを決めたザギトワ選手。
ファイナルで表彰台の高い所に立つ姿を見るのが楽しみです。

2位のソツコワ選手、3位のケイトリン・オズモンド選手まで
3人がグランプリファイナル行きを確定させました。


日本の三原選手が4位、白岩選手は6位。
白岩選手、フリーの3連コンビネーションは良かったわ~。

9位に沈んだロシアのトゥクタミシュワ選手は
トリプルアクセルでミス連発。
やっぱりこのジャンプって難しいのねん。今さらだけど。




これでグランプリシリーズも全6戦のうち5戦が終了。
この大会男子2位の宇野昌磨がファイナル行きを決めました。


男子はロシアのコリヤダと宇野昌磨の2人が
ファイナル行きを決めて残りの出場枠は4。

これをアメリカのネイサン・チェン、アダム・リッポン、
中国の金博洋、ロシアのセルゲイ・ボロノフらが争う形になります。



問題は女子です。

ロシアのメドベデワ、ザギトワ、ソツコワ、
カナダのオズモンド、イタリアのコストナーの5人が
ファイナル行きを決めました。

残りの出場枠は1。

この一つの出場枠を巡って
日本の樋口新葉、アメリカのアシュリー・ワグナー、
そしてロシアのポリーナ・ツルスカヤの3人が争う形になりました。


樋口選手は既に2戦を終えていて
獲得ポイントは24p(ロシア大会3位・11p、中国大会2位・13p)。

それに対してアメリカ大会にファイナル行きをかける
アシュリー・ワグナーはカナダ大会3位・11p、
ポリーナ・ツルスカヤはNHK杯3位・11pとなっています。

ワグナー又はツルスカヤ選手が優勝(15p)してしまえば
その時点で優勝したいずれかがファイナル行き確定となって
樋口選手の野望は潰えてしまいます。


仮にアメリカ大会を別の選手が優勝したとして
ワグナー又はツルスカヤ選手が2位(13p)になったとしたら
獲得ポイントが24pとなり樋口選手と同じくなります。

このような場合は2戦のショート・フリーで獲得した
合計得点が高い方がファイナル行きになります。


個人的には樋口選手にファイナルに行ってほしいので
日本の宮原選手とカナダのガブリエル・デールマン選手、
そしてアメリカのカレン・チェン選手の奮闘を期待したいところ・・・。






TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち 特集:宇野昌磨選手 初めてのオリンピックシーズン‼ 熱き闘志の挑戦者~Road to GOLD!!! (TOKYO NEWS MOOK 660号)

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード:

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック


Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索