アクセスカウンター

まとめて見ちゃった。2018/02/14 11:59

昨夜チューハイを飲みながらゴロゴロしていたら
寒くて目が覚めてしまった。


まだ朝4時半だ。


もう一度寝ようとしたけど眠れない。
仕事の日だったら、また眠れたのかもしれないけど
今日は休日だ。


それじゃ、見ちゃうか。
先日録画したまま放置していたオリンピックの
団体戦の男女フリープログラムを観ました。


男子はカナダのパトリック・チャンが1位。

トリプルアクセルは相変わらず鬼門のようですが
4回転トゥーループは完全復活!の感ありですね。


ロシアのミハイル・コリヤダは4回転ルッツが
相変わらず決まりませんね~。
これが決まれば男子シングルで台風の目になるのですが・・・。


日本の田中刑事は4回転がボロボロ。
4回転サルコウは2発とも不発だし、4回転トゥーループは転倒するし
ステップはレベル取れてないし・・・。

でも前半のトリプルアクセルは綺麗で良かった。
全体を見ればグダグダだったけど
男子シングル本番に向けていい経験になったんじゃないかな。


田中選手を見ていて思うんだけど今の日本の男子シングルは
羽生・宇野の2トップがギラギラ輝いているからいいけれど
この二人がいなくなったどうなるんだろう?って不安になることがある。

あの2トップがいなかったら日本の男子シングルって
暗黒時代に突入するんじゃないかって思ったりする。

今みたいにシーズンになればグランプリシリーズだの
世界選手権だの大きい大会になればテレビ放送されるのかな~。
放送すらされなくなったりするんじゃないかなぁ~って思う。


これはオイラが勝手に思っている事だけど
羽生・宇野は世界的に見てもS級な二人がいなくなったら
あの二人のいない日本男子は未だにB級だらけ・・・不安しかない。

気が早すぎるけど4年後の北京五輪を思うとき
24歳の宇野昌磨は(現役に)いるかもしれないけど
27歳の羽生選手が現役でいるような気がしない。

4年後までにそれを補う新興勢力が現れるのか。
女子の場合は面白い子が続々出てきているけど
男子の場合は本当に不安になったりする。新興勢力の出現を祈ってるぜぃ。


いかん、いかん。話が逸れた。
話を元に戻して・・・・・・と。




女子は何と言ってもアメリカの長洲未来!

オリンピックの舞台でトリプルアクセルを決めました!
伊藤みどり、浅田真央以来3人目の快挙!

昨年の秋の大会でトリプルアクセルは認定されていたのですが
着氷がイマイチだったりしていましたが
今回のアクセルは言うことなしの素晴らしいデキだったと思います。

その後のジャンプも完璧に跳んで
演技終了後はこれ以上無いくらいのガッツポーズ。
このイメージのまま女子シングルに行かれたら怖い存在かも。



長洲選手の直後に演技することになった
日本の坂本花織大崩れ無く頑張った!

長洲未来の演技後の大歓声の中、リンクに入ろうとする
坂本選手の表情は今まで見たことが無いくらい
ブッチギリで緊張しているのがハッキリわかるモノでした。

冒頭の3回転フリップからのコンビネーションは
1つ目のジャンプの着氷時にバランスを崩して
2つ目のジャンプが付けられなかったのは残念。

ただ後半のジャンプでコンビネーションにしたし悪くないと思いました。

演技後、日本チームのみんなに向けて
「ごめーん」と頭を下げる場面もありましたが
これが女子シングル本番に向けていい経験になれば・・・と思います。




カナダのガブリエル・デールマンは冒頭のコンビネーションが最高。

3回転トゥーループの連続ジャンプでしたが
飛距離はあるし高さもあるし・・・何度見てもいいですわ~♪
女子シングル本番でもいいジャンプみたいですね。



ロシアのアリーナ・ザギトワ選手はこの舞台でもノーミスだ。

女王メドベデワもそうですが名伯楽・エテリコーチの門下生は
本当にミスが少ない演技をするなぁ。

女子シングルでもメドベデワとザギトワの2人の女王の
演技は見ていて本当に安心して見ていられますわ~。

フリーで158点・・・スコアが鬼すぎる。
他の選手が140点すら超えられていないのに
1人だけ・・・ブッチギリです。



これで団体戦も終了。
これから男子シングルと女子シングルの激アツな闘いが始まります。


男子は何と言っても羽生選手の回復具合が気になる所。
ニュースなどで練習映像を見る限りはまるでケガの影響を
感じないくらい綺麗に跳んでますね~。

ただルッツはやらないんだろうなぁ、きっと。
でも羽生選手の場合、サルコウとトゥーループだけで
互角にやりあえるくらい凄いとは思うのですが・・・。


男子の表彰台は日本の二人とアメリカのネイサン・チェン、
スペインのハビエル・フェルナンデス、中国の金博洋、
ロシアのミハイル・コリヤダにカナダのパトリック・チャンあたりが
鎬を削ると思っていますが誰が天下を獲るんだろうなぁ。

ただもっと絞るなら日本の二人とネイサン・チェンと
ハビエル・フェルナンデスの4人がアツいとおもってます。
出来れば日本の二人で表彰台の上を獲って欲しいな。

出来るなら昨年の世界選手権と同じく
羽生・宇野・ネイサンでいいんじゃねー♪と思ったりして。(笑)



女子はロシアの二人。
メドベデワとザギトワの二人が金・銀を分け合うのかなぁ。

銅メダルを日本の宮原・坂本、カナダのデールマンとオズモンド、
イタリアのコストナーにロシアのソツコワが争う形になりそう。

女子の場合はトップの二人以外はスコア的に見ても
ほとんど差が無いので3位以降は幾らでも順位は
入れ替わりそうですね。






フィギュアスケートLife Vol.13 (扶桑社ムック)

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード:

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック


Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索