アクセスカウンター

「ガンダム誕生秘話」を見て。2019/03/30 02:50

目が覚めたのが午前2時前くらい。


予約録画してあった番組を見てしまった。



NHKでやってた「ガンダム誕生秘話」って番組でした。
アニメ「機動戦士ガンダム」の製作エピソードを当時のスタッフや
関係者の証言から紹介する番組でした。


当時、大手の下請けのアニメ制作会社サンライズが
自社の存亡をかけて制作されたのがガンダムだったらしい。


資本も無くて貧弱すぎる制作現場。

そんな中でも監督・富野由悠季や作画監督の安彦良和を中心に
従来のロボットアニメにない斬新な発想を取り入れつつ
制作を続けるも視聴率は1ケタが続いて43話打ち切りと言う
エピソードを紹介してました。


確かにオイラも本放送のガンダムは見たことがありませんでした。


どちらかと言うと当時の自分は宇宙戦艦ヤマトや
銀河鉄道999など松本零士系のアニメにずっぽりハマっていて
ガンダムにハマったのは再放送を見てからでした。


ガンダムは視聴率が不振で・・・って話ですが
当時、宇宙戦艦ヤマトなどは夜7時からでしたがガンダムは
夕方5時半・・・確かに視聴率はキツくなるわなって思いました。


視聴率不振で打ち切りになったガンダムですが
放送後にガンダムのプラモデルが大人気になったり
映画化が決まったり・・・。


自分自身の記憶を辿りつつ番組を見ましたが
本当に面白かったですわ~。


監督・作画監督・メカデザイン・声優・アニメーター・・・
様々な関係者のコメントの一つ一つが興味深くて面白い。

これが今まで40年も続く世界に誇れる
日本を代表するコンテンツの一つになったガンダムの真実か。
本当にいろいろ考えさせられちゃいましたね~。

たった50分の番組だったけど
500のチューハイを3缶空けちゃった。


4年くらい前に東京の森ビルまで行って
「機動戦士ガンダム展」を見たのを思い出しました。(当時のブログ


安彦良和さんには生きているうちに是非、
ガンダムのリメークをしてほしいと思ったりしました。

あの「THE ORIGIN」みたいなクォリティーで
ガンダムをリメークしてほしいなぁ。


ガンダムの劇場版見ていても1,2作と安彦さんが戻ってきた
3作目とでは作品のクォリティーに圧倒的な差を感じるので
リメークを・・・って思ったりするけど厳しいかなぁ~。


声優さんを見てもこの世を去っている声優さんも多いし
やっぱり厳しすぎるかなぁ~。


たった50分の番組でしたが
いろいろ考えさせられる素晴らしい番組でした。




↑「ビギニング」井上大輔。





Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索