アクセスカウンター

いきなり石川旅・初日。2019/11/28 23:21

朝からいきなりZwiftだ。


たった15分しかペダル回してないのにキツイわ~。


昼過ぎからちょっと旅に出ました。


東京から新幹線に乗って金沢へ向かいます。

先月の台風の影響で北陸新幹線も10編成ほど使えない状態らしく
便数も減ってお客さんの混みっぷりが凄かった。

以前なら「北陸新幹線はいつもガラガラ」が
オイラの定説でしたがこれは侮れない。


金沢駅からバスを使って今日と明日の宿へ。

今夜のミッションは以前から食べておきたかったお店での夜飯と
片町のフィギュアスケート好きなお姉さんとのおしゃべりです。


スマイルホテル金沢、お世話になります!


まずは一つ目のミッション。


来たぜ~、「林檎とわかば」。

この店は石川からの引っ越し前の9月に
一度お世話になったのですが(当時のブログ

あまりにもメニューが素晴らしかったので
今回はフルコースを頂きたくて来てしまいました。


早速、コースメニューを頂いちゃいました。

まずはお通しから。
メニューに「アミューズ」って書いてあって
「アミューズって何ですか?」と聞いてみたら「お通しでーす」とのこと。

林檎とひき肉が醸し出す味が凄くて
いきなり舌が2つに引き裂かれるような不思議な感覚に襲われました。
めちゃめちゃ舌を刺激される本当に不思議な味わい。

実はこのお通しが一番インパクトがありました。



そして前妻・・・でなくて前菜。


そしてスープ。

それぞれ美味い。
お通しで2つに引き裂かれた舌が前菜とスープで
徐々に修復されていくような感覚がいい。


そして魚料理。

・・・迂闊なことに何の魚か失念してしまったがこれがまたいい。
お通しからこの魚料理まで徐々に重厚さを増していく流れもいい。


マスターと奥さん(?・・・なのかな?)のコンビネーションもいい。


満を持して日野近江牛のフィレステーキが降臨。

思いのほかサッパリした味がたまらない。
口の中で広がる味わいがハッピーにさせてくれました。
食べに来て本当に良かった。


ここまでの流れで十分に幸せでしたが
トドメを刺されたのはこのモンブラン。

甘さが上品。
力技で追い込むような甘さじゃなくて
自然と受け入れてしまうような甘さ。

これはトドメを刺されましたわ。
ソチ五輪の浅田真央のフリープログラム後の涙する姿で
こっちの涙腺が決壊してしまった時のような(当時のブログ

映画で例えるなら「君の膵臓を食べたい」の
エンディングで流れるミスチルみたいな(当時のブログ)感じです。


かなり脱線してしまいましたが「林檎とわかば」はいいわ~♪
金沢に行く機会があったらまた食べたいですね。

次はまたオムレツとグラタンがあったら食べてみたいっすね。



夜ごはんを終えて次のミッションは
片町にいるフィギュアスケート好きなお姉さんとの語らい。

お姉さんも相変わらずお元気そうでなによりでした。

「最近は本業が忙しくてフィギュアスケートを見る時間が無い」と
お姉さんは嘆かれていましたが今シーズンは凄いことになってるよ~。
また遊びに行くこともあると思うので来年もよろしくです。





コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック


Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索