アクセスカウンター

やっぱりウラがあったのねん。2021/01/27 22:21

今朝の体重は133.7kg、体脂肪率39%、筋肉量77.35kg。



昨夜録画しておいたニュースをチェック。

アメリカは対中強硬路線を維持する・・・って言っているけど



報道官は国際ルールに従わせるため
「「戦略的な忍耐」を持ちながら進めたい」とコメント。


出た!「「戦略的忍耐」!!
オバマ政権時、北朝鮮に対しても「戦略的忍耐」って
言葉で何もしないで北朝鮮の「改心」を期待したけど

・・・結局、何も変わらなかった。
それどころか長距離ミサイルetcを持つに至った経緯がある。

結局、アメリカは極東に対して興味が無いらしい。
最終的に中国の勢力拡大を許し、
韓国あたりも調子に乗って反日を強めていくじゃないかな。

バイデン爺さんがあの頃から
何も学んでいないことが分かったし、
大統領に当選する前から恐れていた展開になってしまいそうだ。

中国に対してまで「戦略的忍耐」・・・
バイデン政権の4年間は日本にとっても「忍耐」の4年になりそうだ。
ガチで日本って沈んでいくんじゃないかな。




杉並区が「転院難」を解決すべく動いたって話。

コロナ患者が回復したとしてもリハビリ等を行う病院が
見つからず転院出来ないため、コロナ病床が空かない課題があったそうだ。



そこで杉並区は区内の10の病院と協定を結んで
受け入れ先を調整することで転院を円滑に進めて
コロナ病床を確保するのが狙いらしい。

転院を受けれてくれた病院には補助金を出すらしい。



杉並区長は「転院で1割程度の病床が
空けられるのでは・・・」と期待を示しているようだ。

こういった動きに対して東京・愛知などは
転院を受け入れた医療機関に対して支援金を支払いを決定。

厚労省も受け入れた医療機関に対して
診療報酬を増額すると発表。

自覚のある自治体は色々頑張っているのねん。





東京都の7日間平均の新規感染者が
1月10日をピークに1週間ごとに15%、20%減り続けている。

感染者が減るのはいいことだけど東京都の場合、
検査数も1週間ごとに約10%ずつ減り続けているのは気になるところ。
(1月10日12068.9人、17日10894人、24日10107.9人・・・7日間平均。)

同じ期間で東京を含む全国ベースで検査数は
横ばい若しくは上昇を続けているのに・・・。
(1月10日64471人、17日60044人、24日73404人・・・7日間平均)


ただ東京都の感染者がこのペースで減少を続けたとしても
来月7日までの1日の感染者数500人割れは厳しいらしい。





そこで政府内では緊急事態宣言延長の味方が強まっているそうだ。

一部では2月末までの延長の話も出始めているそうな・・・。
去年の緊急事態もそれくらい延長したし、仕方ないのかな。




最近はワクチンの話題も多くなってきた。



アストラゼネカが3月末までのEUへの供給量が
6割減になる見通しを通告したらしい。


更にアメリカのファイザーも製造工程の拡充のために
一時的にワクチンの供給量を減らす報道もあった。



この流れを受けてなのか
21日の国会でガースー総理がワクチンについて
「6月までに3億1万回分を確保できる「見込み」」と言っていたけど

昨日になって官房副長官が
ワクチンの確保の見込みについて「今年前半までに
全国民に供給できる数量の確保を「目指す」」とトーンダウン。

ワクチン獲得合戦は上手いこと行っていないみたいだ。




イギリスの調査会社も欧米が薬品会社に対して
自国優先の圧力をかける可能性に触れて
「日本の集団免疫の獲得は10月ごろか・・・」との調査も出てきた。



案の定、EUがワクチンの域外輸出を規制する動きに出た。

・・・こりゃ、僕らがワクチン打てるのは秋以降かな。



WHOは夏の五輪選手へのワクチンの接種の優先は無いとの見通し。



更に五輪の開催についても
「最終的な決定はIOCと日本の関係者が行う」とコメント。

WHO関係者も「五輪どころじゃない」と言うのが本音なのかな。

オイラは「最終的にはWHOが中止勧告してくれる」と
勝手に思い込んでおりましたが、かなり逃げ腰だなぁ~。

WHOは1位抜けか・・・ババ抜きみたいだ。(笑)

最後に「五輪中止発表」というババ(ジョーカー)を引くのは
IOCか?・・・はたまた日本政府&組織委員か?


ただ無観客で五輪をやるっていうなら可能性はまだあるけど・・・。




今年の春には給与のデジタル払いが実現するかも・・・。

銀行口座を介さないで
直接スマホのアプリに送られる・・・って凄いなぁ。
わざわざ銀行に行かないで済む時代になるのかな。

銀行もいろいろと大変だわ。





バイデン爺さんの外交デビュー。
アメリカとロシアの首脳が電話会談。

新STARTの5年延長を確認。グッジョブ。





昼からプールで90分。
今日も天気が今一つ。明日、晴れないかなー。



チョイと買い物をして帰宅。


新規感染者4000人割れ。
ありゃりゃ、重症者数がまた増えちゃった。



国会ではワクチン接種でのマイナンバー活用について質問。



平井さんは実現できる!って言うけど
国民の4人に1人しか持ってないのに・・・混乱しなきゃいいけどなぁ。
方向はいいんだけど心配だわ。



レンホーさんはドSぶりが裏目に出ました。

たまたまこの辺りの国会中継を見ていました。
途中までパワハラ上司がごとき責め立て方で
ガースー総理を「いじめ」ていました。

中盤で余計な一言を発してしまいます。

「総理としての自身や責任感、
それを言葉で伝えようとする想いがあるのか?」と
パワハラ上司にありがちな人格否定っぽい責めをしたのです。

そこまで言うか・・・この一言は流石に引くわ。
こんなドSが党の代表代行って・・・立憲も人材不足らしい。




「少し失礼ではないか」

それまで低姿勢だったガースーが反撃。




「言葉が通じる通じない。
私に要因があるかもしれないが」



「私自身は精いっぱい取り組んでいる」と力強くフィニッシュ。

思わぬ反撃にレンホーさんも
「その精いっぱいは否定しません」と攻勢が止まってしまいました。
レンホーさんは最後のアレはマズいよ、反撃食らって当然。(笑)

その後のレンホーさんは田村厚労大臣と
ワイワイやっておりましたが田村さん流石。

レンホーさんに押されることも無く淡々とやってました。

自分がやっている仕事が分かっている人は
アンサーも安定感があっていい。

カジヤマとか赤羽大臣とかの答弁を見てると
こっちがハラハラしちゃうっていう・・・アレが無いからイイ。


たまたま見た「ガースーVSレンホー」のおかげで
今まで不可解だった1月8日以降、東京都の検査数が
減り続けていた理由が分かった。

どうやら1月8日に厚労省のコロナ対策推進本部から
「コロナ対応の優先度」について全国の保健所に対して
「事務連絡」が回ったそうだ。

事務連絡は重症化リスクの高い高齢者を優先に・・・って
名目で保健所の負担軽減を狙ったものらしく、

色々と限界を突破していた東京都がこれに飛びつき、
「事務連絡」が飛んだ翌日(9日)以降、東京都の
検査数が徐々に減少⇒陽性者も減少・・・って流れになったようだ。

ぶっちゃけ、今後更に東京都のコロナ感染者数が
減少しても「(感染者数が)減りましたねー♪」なんて、
真に受けちゃダメって事ね。

東京都の検査数と感染者数の減少には
何かウラがあると思ったけど、やっぱりウラがあったのねん。







コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック


Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索