アクセスカウンター

ようやく見終えた。2024/06/29 22:29

今朝の体重は125.1kg、体脂肪率37.1%、筋肉量74.7kg。


今朝は雨の中、大網の豆腐屋へ買い出し、


その後、いつものパン屋へ行って朝飯調達。
朝飯しながらゴロゴロしながら大河ドラマ「徳川家康」をチェック。

昼の12:05に隣の部屋から乾燥機の音(?)と思われる低音。(18:19に停止)


お隣さんの騒音が鬱陶しいので外出。
長南にあるミハラシテラスへ行ってみた。


朝は雨だったけど昼過ぎには空も落ち着いてくれた。


小腹が空いたので


「ちょな丸カレー」(900円)と


ガトーショコラ(400円)をオーダー。
カレーは可もなく不可もなく・・・。



メシを食べ終えるころには外も晴れてきた。


帰りついでに業務用スーパーでお買い物。

部屋に戻って引き続き大河ドラマ「徳川家康」をチェック。
遂に50話をコンプリートした。

いや~、いいドラマだったわ~。滝田栄の一生忍耐な家康がいいわ~。

築山殿と信康を処分・・・の辺りとか関ヶ原後の豊臣家との
融和を図りたいけど大阪冬の陣・夏の陣で理想と現実の間で
もがき苦しむ演技は秀逸過ぎて泣けてしまいそうになったわ。

あとは脚本が素晴らし過ぎたぜ。
徳川家康を誠実で平和を愛し太平の世の実現に
人生を捧げた武将としてブレ無く丁寧に描き切った脚本も良かったし、

前述の理想と現実の間でもがき苦しんだり、
耐え忍ばなければならなかったり・・・ってところを余すところなく
描き切ったところもハンパ無かったぜ。

太平の世の実現と言えばこのドラマの場合、信長→秀吉→家康と言う
戦国の三英雄それぞれの太平を世を目指す生き様を描き、
太平の世実現のバトンを引き継いでいく描き方も秀逸。

あとは武将だけじゃなく女優陣もハンパ無かったわ。
八千草薫、大竹しのぶ、竹下景子、池上季実子、田中美佐子、
藤真利子、吉行和子、夏目雅子・・・みんな存在感凄すぎ。

特に夏目雅子の淀君も印象的だったなぁ。

良くありがちなアンチ徳川なヒステリーな淀君じゃなくて
家康に対してもリスペクトを持ちつつ理性ある女性として
描いていたのも好感が持てたわ。

他にも徳川家臣団の充実ぶりやらいろいろ書きたいことが
あったけど・・・とりあえずここら辺にしとこ~。

何がともあれ本当にいいドラマだったわ。








コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック


Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索