アクセスカウンター

落ちまくり・・・。2017/09/27 02:13

今朝の体重は128.5kg、体脂肪率32.2%。
血圧165-91.脈68。



今日は久々に自転車通勤。

昨日まで連日で残業だったので今日は定時勤務かと思いきや
今日もマックス残業になってしまいました。



夜の10時過ぎに部屋に戻ってきてから
野々市にある居酒屋へ。


職場の同僚と飲み会。
3時近くまで飲んでましたが仕事の疲れで何度も寝落ちてしまいました。
代行で帰ったのですがそこでも寝落ち・・・。

明日から・・・もとい、今日から休みだ。
とりあえず良く寝ておこう。





4回転ルッツやらないかなー。2017/09/24 23:33

朝一の体重は128.7kg、体脂肪率33.2%。
血圧166-95.脈66。


今日も昼の仕事。
残業を終えて速攻へ部屋に戻ってフィギュアスケートの
オータム・クラシックの男女フリープログラムをチェック。


女子はカナダのケイトリン・オズモンドが優勝。
2位は日本の三原舞依だった。このワン・ツーは順当。

ひとつ気になったのがケイトリン・オズモンドのスコア。
あんなにミスして142点台ってスコア盛り過ぎじゃねー?
春の国別の時もそう思ったけど女子のスコアの付け方おかしくね~?


次は男子だ。

日本の村上大介はケガからの復調の途上か。
ジャンプの高さも無いし、まだまだこれから・・・と言った印象。


そして大注目の羽生結弦だ。
先日のショートでは自身が持つ世界記録を更新して
全世界が注目するフリープログラム。


冒頭は4回転ループを回避して3回転ルッツ。
・・・あちゃー、シングルルッツになっちゃったよ。

その後の3回転ループとフリップはしっかり着氷。


スピンとステップシークエンスをサラリとこなしてからの~


・・・4回転サルコウ+3回転トゥーループ炸裂っ!
得点が1割増しになる後半一発目のコンビネーションはめっちゃ綺麗!

この美しいコンビネーションを見て
冒頭のルッツの失敗を忘れかけたところでの~・・・


4回転トゥーループ失敗。ここでは恐らく
4回転トゥーループ+1ループ+3回転サルコウの予定だったと思うが
トゥーループはすっぽ抜けるし最後のサルコウは2回転になるし・・・。

更に次は4回転トゥーループの予定だったけど
ここもすっぽ抜けて2回転トゥーループ。

トドメは得意のトリプルアクセルで転倒。
恐らく現役で羽生選手以上のトリプルアクセル使いは
いないと思うけど、その羽生選手がアクセルで転倒した。


・・・これって演じている方もショックだろうけど
観ている方も結構ショックだったりする。


ミス連発のリカバリーをすべく最後に投入したのが
もう一発4回転トゥーループ。・・・これは回転不足か。


演技後のインタビューで余程悔しかったのか
目にうっすら涙を浮かべて「反省の弁」を述べる羽生選手が印象的。

右ひざに不安があって4回転をセーブした形での
今回のフリープログラムでしたが、いつもは冒頭から
バンバン4回転を跳んでいるのに3回転・・・という事で

羽生選手にしてみればかなり窮屈なプログラムだったのかな。
冒頭からジャンプがすっぽ抜けたりミス連発に
なってしまったのかな~って思いました。


ただ今回のフリープログラムを見ていて思ったことがありました。
羽生選手、4回転ルッツやらないかなーって。


今のところ羽生選手は

①4回転ループ(12.0)
②4回転サルコウ(10.5)
フライイング足替えコンビネーションスピン
ステップシークエンス
③3回転フリップ(5.3)

後半には(カッコ内はジャンプ基礎点・後半で得点1割増し)

④4回転サルコウー3回転トゥーループ(16.28)
⑤4回転トゥーループ(11.33)
⑥3回転アクセルー2回転トゥーループ(10.78)
⑦4回転トゥーループー1回転ループー3回転サルコウ(16.72)
フライイング足替えシットスピン
コレオシークエンス
⑧3回転ルッツ(6.6) もしくは3回転アクセル(9.35)


多少演技順は変わると思いますが
こんな感じのフリープログラムをやると思うのですが
今回のミス連発のフリープログラムを見ていたら
冒頭で4回転ルッツやったら面白いだろうなぁ~って思ったんです。


例えばこんな感じ。


①4回転ループ(12.0)→4回転ルッツ(13.6)プラス1.6点♪
②4回転サルコウ(10.5)→4回転ループ(12.0)プラス1.5点♪
フライイング足替えコンビネーションスピン
ステップシークエンス
③3回転フリップ(5.3)

後半には(カッコ内はジャンプ基礎点・後半で得点1割増し)

④4回転サルコウー3回転トゥーループ(16.28)
⑤4回転トゥーループ(11.33)→4回転サルコウ(11.55)プラス0.22点♪
⑥3回転アクセルー2回転トゥーループ(10.78)
⑦4回転トゥーループー1回転ループー3回転サルコウ(16.72)
フライイング足替えシットスピン
コレオシークエンス
⑧3回転ルッツ(6.6) もしくは3回転アクセル(9.35)



・・・なんてプログラムやったら鬼だろうなぁ~って
無茶苦茶な無想をしちゃったりして。


それはともかく今回は素晴らしいショートと
ボロボロなフリー・・・羽生選手らしいシーズン初戦だったわ。

「悔しさが最大の収穫」って羽生選手らしい
覇気に満ちた趣のあるコメントもいい。


次戦はグランプリシリーズのロシア大会。
何と!ネイサン・チェンと激突だ。
今からドキドキだわ~。






フィギュアスケート2017-2018 グランプリシリーズ オフィシャルガイドブック (アサヒオリジナル)

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード:

いきなり記録更新かぃ。2017/09/23 23:52

朝一の体重は129.2kg、体脂肪率33.5%。
血圧165-91。脈68。


今日は昼の仕事。

夕方、職場の休憩所でスマホを見たら
フィギュアスケートの羽生結弦がオータム・クラシックの
ショートプログラムで自身が持つ世界記録を更新したらしい。
(110.95→112.72点)


右膝の不調で4回転ループ無しでの記録更新。えらいこっちゃ。


残業を終えて速攻で部屋に戻って録画していた番組をチェック。
とりあえず羽生結弦の演技を見てみた。


・・・いや~、凄い。凄すぎる。
2シーズンぶりの「バラード第1番」だったけど本当に凄い。

どのジャンプも完璧。
飛距離があって着氷も綺麗で・・・圧倒されちゃいました。
スピンもステップもキレッキレで驚くしかない。

ジャンプ構成は2年前と変わらないけど
2年前と違うのが4回転を含むコンビネーションを
後半に持っていったところ。


世界記録を出した2シーズン前は

前半
4回転サルコウ 
10.5(基礎点)+3.0(出来栄え)=13.50

4トゥーループ+3トゥーループ
14.6+3.0=17.60

後半(基礎点1割増)
トリプルアクセル
9.35+2.71=12.06

ジャンプの総得点43.16。


そして今回は

前半
4回転サルコウ
10.5+3.0=13.50

後半(基礎点1割増)
トリプルアクセル
9.35+3.0=12.35

4トゥーループ+3トゥーループ
16.06+2.80=18.86

ジャンプの総得点44.71。


もともとジャンプの美しい羽生選手は出来栄えも
MAXの3点満点を獲得することが多くて
それほど得点アップ・・・って訳じゃないけど

4回転のコンビネーションを最後に持っていったあたりは凄いし
この僅か1.5点程の得点差が勝負を分けることも
多々あるので・・・いや~、本当に凄すぎる。


更に言えば今回は冒頭の4回転ループ(基礎点12点)を
回避しての世界記録更新だったので今後更なる得点アップも
十分に考えられそうです。


先日の宇野昌麿選手も4回転のコンビネーションを
後半に持っていっていたけどこれが今シーズンのトレンドになりそう。


先日まで宇野選手やネイサン・チェン選手らの奮闘を見て
「こりゃ、羽生選手危うしかな~」って思っていましたが
ループ抜きで世界記録更新って・・・やっぱり羽生選手は凄い。

あとは明日のフリープログラムでどういうパフォーマンスを
するかが本当に楽しみになってきました。


恐らくはループ抜きの構成だとは思うのですが
どれだけのスコアが出るか注目です。

あと男子ではハビエル・フェルナンデス選手の演技も見ましたが
ステップが本当にいいですね~。あれは好きだわ~。
コンビネーションの2発目が2回転になったのが本当に残念。


それにしても男子は超ハイレベル。
まだグランプリシリーズも始まっていないのに
このハイレベルっぷりは尋常じゃないわ。

さすがオリンピックシーズンって訳か。



女子のシングルはカナダのケイトリン・オズモンドが75点台の
好スコアで首位スタート。これは順当か。

日本の三原舞依はフリップジャンプのエッヂエラーなどが
響いて66点台のスコアで2位スタート。

3位以降の選手のスコア差を見ると
この二人のワン・ツーはほぼ確定でしょう。






フィギュアスケート2017-2018 グランプリシリーズ オフィシャルガイドブック (アサヒオリジナル)

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード:

解散報道より驚いたこと。2017/09/20 19:25

今夜も夜勤でした。


雨も降らなそうなので自転車通勤です。


今日は定時で上がれたわ~。

テレビをつけると安倍総理が国会を解散する意向らしいことを知った。
何故?ここでやるのかね~。

報道によると森友、加計問題とかから逃げたがっているとか言っているけど本当か?
民進党がガタガタで離党者が続々出ているところもねらい目だったって言うけど本当?

もともと解散総選挙に「大義」だの何なのは無いと思うけど
アメリカと北朝鮮がワイワイ非難合戦やっているこのタイミングで・・・。

ちょっと間が悪すぎじゃねーって思っただけ。


解散のタイミングは別に怒りも湧かなかったけどムカついたと言えば
消費税の増税分を教育の無償化に充てるとかウソぶいているのがムカつく。

ついでにムカつくのがこの「教育の無償化」を
2020年度に黒字化する財政健全化の方針取りやめの言い訳にしたこと。

もともとばら撒きMAXで財政健全化のやる気なんか無かったくせに
「教育の無償化」ってやりもしないウソをついて誤魔化そうとしている
姿勢が本当にムカつく。

アメリカの大統領の口の軽さもイラつくけど
そんなタコ大統領を「ドナルド・・・」とか言って友達アピールしてる
日本の総理大臣のバカっぷりはドナルドの口の軽さの何倍もムカつかせる。

とは言え今の日本は自民党以外では国を任せられないことは
以前の民主党政権で思い知ったし・・・。
事実上、選択肢の無い総選挙がやってくると言う訳か。

日本って本当にヤバい方向に動いているように感じて・・・嫌になっちゃうねー。



軽くメシを食べて一眠り。

体重は129.1kg、体脂肪率33.2%。
血圧166-92。脈69。

夜のニュースでまたビックリニュースが飛び込んできた。

歌手の安室奈美恵が来年で芸能界を引退することを決めたらしい。
ありゃりゃ~、デビュー25周年のメモリアルイヤーでこの発表をするとは・・・。

ぶっちゃけ国会の解散報道よりも驚いたわ。




食べてぇ~。2017/09/19 19:02

今日は夜勤でした。

最近は仕事の期間中は極力外食を控えていたのですが
今日はめちゃめちゃ腹減った。


何となくやよい軒の野菜炒め定食食べてぇ―って思ってしまいました。



たまにはいいでしょう。久々に野菜炒め定食をガッツリ頂きました。

多分、やよい軒でメシしたのは1か月ぶり。
前回食べたのはパチスロでコテンパンにされた
先月の中旬以来(当時のブログ)でした。

やっぱ美味いわ。


一眠りして体重測定。
体重129.2kg、体脂肪率32.4%。
血圧170-95。脈68。

仕事行くベー。




メチャ盛り上がってますわ~。2017/09/17 19:17

昨日と今日はゴロゴロしながらフィギュアスケートの
試合結果をチェックしておりました。


まずはイタリアで行われたロンバルディア杯。


女子では樋口新葉選手がショートとフリーで
自己ベストの217.63点を挙げて2位になった。


某動画サイトでそれとおぼしき動画を見つけて
見てみたけどミスらしいミスも無くて良かったと思う。
フリーの「007」もなかなか見応えがありました。

春の国別対抗戦直前にシューズとブレードを
切り替えた効果は絶大なようだ。
これなら今シーズンは安定して頑張ってくれそう♪

ただショートで首位に立ちながらフリーで逆転されたのは残念。

それも逆転優勝したのが今年からシニア昇格した
ロシアのアリーナ・ザギトワだ。

この子は相変わらずジャンプが凄い。
ただフリープログラムは昨シーズンと同じ「ドンキホーテ」を
使っているけど春からの成長はあまりないかなーって感じ。

多少変わった面と言えば演技全体の動きが滑らかになったのと
一部ジャンプでジャンプ前に工夫が加えられたあたりか。


昨年の9月に初めて彼女の演技映像を見た時は(当時のブログ
まさしく「衝撃」だったし、春のJr世界選手権で本田真凛を破って
優勝した時もそれほど驚きもしなかった。(当時のブログ

現状のスキルだけでもグランプリシリーズでは
上位入りしてくるのは必至だし平昌五輪の表彰台すら
立ってしまうのではないかと今でも思っている。今後も注目で。



男子は宇野昌麿が自己ベストで優勝だ。

優勝はそれほど驚かなかったけど
今回の内容で2つ驚かされることがあった。

一つはショートプログラムで
演技後半に4回転のコンビネーションを入れた事。
多分ISU(国際スケート連盟)の公式試合で初めての事じゃなかろうか。

そして二つ目は自身初の4回転サルコウを成功させたことだ。

今まで宇野選手はフリップ・ループ・トゥーループの
3種類の4回転は跳べていたけど、遂にサルコウまで
跳ぶようになった。

これで羽生選手(ループ・サルコウ・トゥーループ)を
超える4種類の4回転を跳ぶようになった。

宇野選手は3年前の春までトリプルアクセルすら
跳べなかったのにその後3年でここまで成長しちゃうって凄い。
人の成長曲線って人それぞれなんだなーってつくづく思う。

報道によると「(サルコウは)やってみたら簡単に跳べた」と
笑っていたらしいから今後も積極的に入れていくのだろう。
五輪で頂点を狙う宇野昌麿は新しいステージへ・・・大・大注目だ。




もう一つは本田真凛らが出場したUSインターナショナルだ。

本田選手の力みが無く着氷までエレガントなジャンプは
素晴らしく世界に誇ってもいいレベル。
他の選手では出せない彼女最大の魅力と言っていい。

現在、フィギュアスケートの女子シングルにおいて
GOE(出来栄え点)を稼ごうと片手もしくは両手を挙げて跳ぶ
タノジャンプが大流行している。

現世界女王のロシアのメドベデワ選手あたりは
ほとんどのジャンプをタノジャンプばかりにしていて
個人的にはかなりウンザリしている。

(タノジャンプを)やるなとは言わないがやりすぎだと思う。
そんな世界女王に他の有力選手も追随している雰囲気が哀しい。

ハッキリ言って美しくないし小賢しい。

そういった意味で本田選手のジャンプ前後のエレガントな
動作を含めたジャンプは本当に素晴らしいし、
タノジャンプ全盛の今の女子シングルにいい刺激を与えていくと思う。

あのエレガントなジャンプをこれからはゴールデンタイムで
楽しむことが出来るのは本当に素晴らしいし
オリンピックの大舞台でそれが見れるならそれは本当に素晴らしい事。

本田選手は女優・本田望結の姉という事もあってか
国内メディアが「(浅田)真央の後継者」とか煽てて
盛り上げようと必死になっているのも分かる気がするし

本田選手一人の頑張りで引退したレジェンド浅田真央の穴を
埋めることは現時点では無理だと思うけど、きっと本田選手には
そういう風にメディアを駆り立てる魅力があるのだろうとも思う。


ただそんな本田選手にも懸念事項は存在する。


ズバリ「スタミナ」だ。


オイラが注目したのはジュニアから演技時間が
3分30秒→4分に延びるシニアのフリープログラムだ。

ジュニアの頃からフリープログラムの演技後半で
スタミナ切れと思われる転倒をちょくちょく見ることがあって
シニアのフリー乗り切れるの?大丈夫なのか?・・・と思っていました。


そんな本田選手がシーズン初戦に決めたのが
標高1300メートルを超える高地にあるソルトレークシティーで
行われたこの大会なのだ。

本田選手がこの大会にエントリーをした話を知って
「この大会は試金石になる!」と勝手に思い込んでいたので
大注目していたのです。(特にフリープログラム)

演技を見ましたが良く頑張ったなぁ~と思いました。
後半のトリプルサルコウが2回転になったのは残念だったけど
あの標高1300メートル超えの高地で見事に4分間
演技しきった事実は大きいと感じました。


ただ体力の消耗はハンパ無かったらしくて
演技後、自力でキス&クライまで行けなかったらしい。
そこまで追い込んで氷上でやりきった本田選手って凄い。

この演技で本田選手は見事に優勝!
全米女王のカレン・チェンや長洲未来らを抑えての優勝を果たしました。


スコアは満足いくものではありませんが
あの環境でやり切ったというのは
本田選手自身にとって大きな自信になったはずです。


次戦は10月のジャパンオープン経由で
10月下旬のグランプリシリーズのカナダ大会と
中国杯を連戦する予定らしいです。


グランプリシリーズを連闘するって
スケジュールもハードですがこの2週間を
本田選手がどう乗り切るかも見ておきたいですね。



この大会には男子でアメリカのネイサン・チェンも
出場していましたがやっちゃいましたよ、この男!

・・・・ついに4回転ループも跳んじゃったみたいですよ。

これでネイサン・チェンはアクセルを覗く
5種類(ルッツ・フリップ・ループ・サルコウ・トゥーループ)の
4回転ジャンプを全てマスターしてしまったようです。


・・・これは凄い。


ネイサン・チェンは羽生結弦(ループ・サルコウ・トゥーループの3種)、
宇野昌麿(フリップ・ループ・サルコウ・トゥーループの4種)を
超える5種類のジャンプをマスターしてしまった。


ネイサン・チェンはただでさえフリーで5本の4回転を跳べるのは
証明済で春の世界選手権ではフリーで6本の4回転に挑戦してました。

そのうちネイサン・チェンは4回転ばっかり跳んで
3回転はアクセルだけしか跳ばない選手になったりして。(笑)



まだ9月、グランプリシリーズも始まっていないのに
こんな刺激的なニュースばかり届いてテンションあげあげですわ~。

国内外問わないのですがとにかく全ての選手が
ケガ無く無事にシーズンを乗り切ってほしいですね。

特に男子は来シーズンには大きなルール改正も
行われそうで史上空前の「4回転」バトルは今シーズン限り
観れなくなる可能性も無くはありませんから
しっかり目に焼き付けようと思っています。


21日あたりからはカナダでオータムクラシックがはじまる。
これには羽生結弦と三原舞依が出てくる。
どういった演技をするか楽しみ♪




さてこれから夜勤ですわ~。
体重は130kg、体脂肪率34%。
血圧165-98。脈68。




↑ディーン・フジオカ「History maker」






History Maker

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード:

ひさびさに自転車乗れた。2017/09/13 22:38

朝一の体重は130.2kg、体脂肪率32%。
血圧168-97。脈68。


今日は久しぶりに自転車通勤出来た。
晴天の中、走る自転車は気持ちいい。


帰りはこんなに真っ暗。

夜は肌寒いくらいだ。
でも自転車に乗っていればちょうどいい感じ。

これからは徐々に気候も変わってくるのかな。
でも晴れ間は多めでお願いしま~す。




明日はどうしよーかなー。2017/09/02 22:39

朝一の体重は130.1kg、体脂肪率33.2%。
血圧は測り忘れちゃった。


昨日はプチ寝坊したおかげで自転車通勤を断念してしまったけど
今日はフツーに起きたので自転車通勤だ。


職場の休憩所でスマホを見ていたら
女優の武井咲とEXILEのTAKAHIROが
できちゃった結婚したらしい。

TAKAHIROの方はダメージ無いかもしれないけど
武井さんはCMやらドラマやらいっぱい抱えている状態で
事務所も頭抱えてるんじゃないかなー。

今回初めて知ったけど武井咲ってまだ23歳なのぉ~。
もっと歳いってるかとおもってたわ~。



今日は定時最終日。
明日は休みだ。なにしようかなー。



新潟に行って初めての新潟競馬もいいし
クルマで輪島や珠洲へ行くのもいい。

どっちにしても何もしないでゴロゴロだけはしないでおこう。



ちょっと寒いなー2017/08/30 22:32

朝一の体重は131.9kg、体脂肪率33.1%。
血圧169-92。脈68。


今日も自転車通勤だ。
朝から曇りがちだったけど雨は降らないみたいだし
自転車に乗ったけど涼しい。

夏の暑さは何処へいったのかな。


残業で帰ったけど夜はちょっとヒンヤリした。
ちょっと寒いくらいだけど自転車に乗っているとちょうどいい感じ。


部屋に戻って寒天。
今日はバナナ系飲料を混ぜてみたやつを食べてみた。

明日は会社休みでーす。




あんまり体重変わらないなー。2017/08/27 18:55

今夜も自転車出勤だ。


昨日もそうだったけど今夜も思ったより暑くない。

湿度も控えめで走りやすい。
案外夜勤の自転車通勤はいいかもしれない。


今夜も残業だった。
今日の帰りはちょっと遠回りしてお買いものをしてから帰宅した。


元々リュックを背負って通勤しているので
多少の買い物くらいだったら楽勝だ。

空模様さえ許せば来週以降も自転車通勤は継続だ。

一眠りしてから体重測定。

体重は131.9kg、体脂肪率33.3%。
血圧165-98.脈68。

思ったより体重が減ってない。


そりゃ、そーだ。
自転車通勤から戻ると空腹感がハンパ無い。
ガッツリ朝飯しちゃっているから体重もなかなか減らない。

自転車通勤帰りの水風呂と朝飯は本当に最高だ。