アクセスカウンター

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)にて2017/10/10 11:49

今日こそ黒部ダム・・・と思ったのですが
よくよく調べると最寄り駅からダムの往復で1万円ほど費用がかかるらしく断念。

今月は15、16日は大阪遠征、21,22日には友人と旅に出る予定があって
僅か1万円でも出費は押さえたいところ。

黒部ダムは来年行こうっと。



ならば近場へ行こう。


部屋からクルマで30分ほど行ったところにある
白山比咩神社」へ行くことにしました。

かつての職場の同僚がインスタグラムでこの神社の
写真をアップしていたのですがその様子がイイ感じだったので
オイラも見てみたくなったのです。


げっ、クマ出たのぉ~。
とりあえず入ってみますか~。


南参道の方から神社へ。


今日もいい天気で良かった。


拝殿。

この静けさはいいなぁ。


神門から表参道方面へ。


鳥居をこえて表参道へ。


この辺は日蔭になっているおかげでちょっとひんやり。


景色に夢中になっていたら
小さい段差でコケてしまった。

思いっきり転倒。膝をすりむいてしまった。



1の鳥居まで下ってきた。


近くにあった「おはぎや」って店で休憩。


軽く休憩してからさっき下った参道を登ります。




斜度はそれほどでないけど結構しんどかったなぁ。
体力落ちてんのかなぁ~。ちょっと不安になったりして。



登りきったところにあった土産屋で水買って一休み。


その後、帰ろうかなーって歩いていたら・・・。


禊場(みそぎば)の荘厳な美しさ。


最後の最後にピカイチのポイント見っけた。
あまりにも綺麗だったのでしばらくマッタリしちゃいました。

今度は自転車で行くベー。



忍者寺?妙立寺(みょうりゅうじ)を行く2017/10/09 14:29

今日は休日。
本来なら黒部ダムあたりまで足をのばそうとおもっていましたが
思いっきり寝坊をブチかましてしまったので撤回。


どこか面白いところないかなーって調べていたら
面白そうな寺を発見しました。


金沢にある「妙立寺(みょうりゅうじ)」ってお寺でした。(お寺サイト

「忍者寺」の異名を持っているらしく
海外からの観光客も多く、事前の予約が必要らしい。


面白そうなので電話してみると「3時半からどうぞ」という事で金沢へ。

寺のそばにコンビニがあったけど
駐車だけの利用は気が引けたので民間の駐車場にクルマを
止めて妙立寺へレッツゴー♪


「陽平アート」って何だろう?

今回は軽くスルーします。機会があったら覗いてみよーっと。



スマホのナビに従って寺を目指すと妙立寺を目指していると思われる
外国人観光客が多数歩いておりました。

それにしてもこの周辺には寺が多い。
あとで聞いた話によると50近くの寺がこの周辺にはあるらしい。

しばらくすると東南アジア系の観光客に
「妙立寺」の場所を聞かれました。

オイラも初めてなんだけどな~と思いながら
一緒に妙立寺にいくことにしました。


妙立寺に到着。


寺の周りには観光客がいっぱい。


忍者寺って呼ばれているらしいけど忍者とは関係ないらしい。

寺の中のカラクリなどが忍者を連想させるために
いつの間にこういった呼び方をされるようになったみたいだ。



寺まで案内して観光客にお礼にナッツを貰った。
これ美味かったですわ。



30分ごとに人が入れ替わる形で見学するようです。
場内の撮影は一切不可。

入場で10分、事前の説明で10分、寺の中の見学・・・というより
案内で30分程度・・・ざっと1時間弱くらいでした。



傍から見るとただのお寺ですが
寺の中には落とし穴があったり隠し部屋や隠し階段、
更には見張り台や金沢城まで続くと言われる地下通路に繋がると
言われる井戸まであったりして・・・ちょっとした要塞みたいでした。



この寺が建てられたのが前田利家から数えて3代目の前田利常の頃。

この頃はまだ戦国のピリピリ感が残っており
徳川は3代目の家光が将軍をやっていた頃で
何か不手際があれば有力大名家の取り潰しなどをガンガンやっていた頃でした。

北陸100万石を抱える大藩・前田家はそんな徳川幕府から見れば
「隙あらば・・・」と常に監視されていたそうです。

前田家としてはイケイケな幕府と事は構えたくない気持ちでしたが
実際に戦闘になったことを想定して金沢城周辺の寺を城を守る拠点として
内々で整備していたようです。

この周辺には多くの寺がありましたがその多くは
こういった金沢城を守る防衛線としての役割があったようです。

常在戦場・・・。

現在では(言葉を軽々しく使ってほしくないけど)間抜けな政治屋さんが
たまに使う言葉ですがこの頃の大名はまさにそういった気持ちだったんでしょう。



見学を終えて小腹が減って寺の近くにあった
菓子屋さんでソフトクリームをゲット♪

小腹も満たしたし部屋に帰るベー。




高岡にて2017/10/04 15:00

今日は昼から高岡駅に行ってきました。


何故か?と言うと21日に高校時代の仲間と
この駅から出ている特急電車に乗るためです。

特急の名前は「べるもんた」。(JRのサイト

正式名称は「ベル・モンターニュ・エ・メール」といい、
高岡駅から城端(じょうはな)方面と氷見(ひみ)方面にそれぞれ
一日2往復しているようです。(午前と午後に1往復ずつ)



同級生は鉄道ヲタです。
そんな仲間がわざわざ石川まで来て何をするかって
そりゃー、電車に乗りに来るわけです。

21,22日の両日でいろいろ乗りたい電車があるようですが
とりあえず21日は「べるもんた」に乗りたいそうです。



仲間から昨夜にその話を受けてネットで調べたのですが
具体的な空席情報が分からず、それなら直接高岡駅に行って
調べてしまえっ!ってことになりました。

仲間の希望は「高岡駅から城端(じょうはな)方面」のべるもんた。
出来れば午前中のべるもんたのテーブル席がイイというのです。

特急の「べるもんた」は全席指定席でテーブル席とボックス席があります。
(詳細はJRのサイトへ。)

テーブル席は窓に向かって座れる席で雄大な山や海を
観ることが出来る素晴らしい席らしく人気らしい。

高岡駅で調べてみると21日の午前中の席はほぼ満席状態。
人気のテーブル席に至っては午後も含めて既にソールドアウト。


テーブルがダメならボックス席しかない。

ただし午前の便では二人並んで席は取れないようだ。


午後なら並んでの席は取れるらしい。
ここで一つの考えが頭をよぎった。

ボックス席(4席分)買い占めちゃえばいいじゃねーか・・・って。

かつて仲間と東武鉄道のスペーシアに乗った時は(当時のブログ
4席ある個室を丸ごと買い占めて男二人でゴロゴロ・・・した覚えがある。

アイツなら事後相談でも許してくれそうだが
やっぱり無茶はいけない。

とりあえずラインで空席の状況を知らせると1分後に・・・



「ボックスは4席買える?」
「お金払うから、ゆったり行こう」と事実上のボックス買い占め指令発動。


速攻で窓口に行ってボックス席の大人買いを敢行。
窓口の姉さんが「二人なのに4席ですか?」って腑に落ちない顔したので

「超デブが二人だから横の人に悪くてさ~。
隣の人に余計な圧力掛けたらお互い気まずいでしょ。」って
言ったら腑に落ちたようで吹き出しながら納得してもらえました。

ボックス席買い占めちゃいました。大人だぜぇ~。



21日に向けてひと仕事終了。
仲間にもラインで伝えたら大喜び。


高岡駅前に前田利長公の像。

利家公亡き後の前田氏を支えた2代目。
家の中ではいろいろゴタゴタあったみたいだけど
加賀百万石もこの人の頑張りでキープできたのねん。

徳川も2代目は大活躍だったけど前田は前田で頑張ってたのねん。


腹も減ったので職場の同僚に教えてもらった
「ラーメンの翔龍」で昼飯。


店のマスターの不機嫌な仏頂面は面を食らったけど
肝心の麺の方はまぁまぁの美味さだった。


さて帰るとしますか~♪




千里浜なぎさドライブウェイに行ったよ。2017/09/15 17:00

今日は朝から部屋でゴロゴロしていましたが
さすがに一日ゴロゴロっていうのも何なので外に出てみました。


以前、職場の同僚に
「千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ」の話を聞いていました。

このドライブウェイは海沿いの砂浜をクルマで
走ることが出来るらしくて気分転換にはいいよ~♪みたいな
話を聞いていて機会があったら行って見ようと思っていました。


クルマで一時間くらいで行けるというので早速クルマでゴー!


途中で「道の駅・高松」で休憩。


昼飯を食べていなかったのでここのレストランでメシにすることにしました。

店頭にpepper君がいましたが余り役に立たず・・・。
ずっとソッポ向いたままだし嫌われてんのかな、オイラ。


ここのレストランからの風景はいい感じ♪


遅くなった昼飯はカツカレー(確か880円くらいだったと思う)。
味は思ったより美味しかったかな。


メシを終えてちょっとレストラン前の中庭に出てみました。

今日行っておいて良かったかもしれません。
明日以降は台風18号が近づいているらしいので
こういった晴天は望めないからねー。



肝心のドライブウェイですが道の駅・高松からもうちょっと行ったところにありました。


「オムライス町」って何だろう?
それはあとにして砂浜を目指そう。



おーっ!クルマがいるいる。

砂浜を思いっきり突っ走ってみました。
気分はちょっとだけ「ルパン3世のエンディング」な感じです。
(↑意味が分からない人は動画サイトで検索してね♪)



クルマを止めて波打ち際で波と黄昏たりした。

ちょっとクルマに乗って横になったら20分くらい寝てしまった。


わぁーおー、観光バスまで来ました。びっくりだわ~。


ドライブウェイを走ってみました。
本当にずーーーっとクルマで走れちゃいます。

ハマグリ食べられるみたいだけど、また今度。


多分、スタート地点から7kmくらいは走ったと思う。
ここが終点みたいだ。


「おむてなし」・・・だって。
宝達志水町は「オムライスの町」らしい。

チラシには7,8軒ほどのお店が紹介されていた。


一番美味そうな「志お食堂」へ行ってみた。

ここのポークステーオムライスが凄く美味そうだったので
行ってみたけど臨時休業らしい。残念。



仕方ないので家路につく。
暫く走っていたら「カフェマダムルロワ」があるじゃないですか~♪


デザートしちゃおー。
カツカレーとデザートは別腹じゃい♪


「雪の華」いただきまーす。まいうーなのじゃ。



「アイスクリームありますか~?」って聞くと
ピスタチオのアイスならあるらしいので頂くことにしました。

チョコレートをかけてみたけど
写真を出すのは恥ずかしいのでチョコをかける前の写真だけにします。

・・・・・まいうー♪

ごちそうさまでした~。




歩けたよ~。2017/09/10 03:30

今日(9日)は夕方からバスで片町へ。


前回からおよそ3か月ぶりに片町のスナックへ。
フィギュアスケート好きな姉さんとフィギュアスケートの話題で。

今夜のトークのテーマはやはりフィギュアスケート。
来年には平昌五輪も行われることもあって話題は
グランプリシリーズとファイナル出場者は誰だ?って話がメイン。

今年のグランプリシリーズは10月下旬のロシア大会からスタート。
ロシアーカナダー中国ー日本ーフランスーアメリカの6戦が行われます。

1選手につき最大2試合参加できて6戦終わった時点で
順位によって獲得したポイント上位6人が12月に行われる
グランプリファイナルに出場することになります。


まずは男子から。(↑表のメンバーは主だった選手だけ。)
基本的には今年の春の世界選手権のファイナリストの6人が
順当にファイナルに行くのかなーって思っています。(表の上6人)


昨年までグランプリファイナル4連覇中の王者・羽生選手は
2015-16シーズンで世界記録を連発した
ショート「バラード第1番」とフリー「SEIMEI」の最強コンビで挑むようです。

当然、羽生選手は今シーズンはショートで4回転ループを入れたり
フリーではループを含む4回転5発最強装備の「五輪連覇バージョン」で
ファイナル5連覇・五輪連覇に偉業を目指すと思われます。

これだけを聞くといかにも「羽生選手が連覇確定」みたいな
印象を持たれかねないのですが「相性のいいプログラム」で
オリンピックシーズンを過ごす・・・ここに「穴」が潜んでいる気がしてならないのです。

ソチ五輪後の羽生選手は常に安住せずに戦い続けてきました。

2014-15シーズンではグランプリシリーズ中国杯で起こってしまった
衝突事故を乗り越えてグランプリシリーズ連覇。

2015-16シーズンは前シーズンで果たせなかった
「ショートプログラム・フリープログラムの完全ノーミス演技」を果たし
見事に2度の世界記録更新とグランプリシリーズ3連覇を達成。

2016-17シーズンでは4回転ループを史上初めて成功させ
グランプリシリーズ4連覇したことに加えて今春の世界選手権のフリープログラムで
世界記録を更新し3シーズンぶりに男子シングル世界一の奪取に成功しています。



ショートプログラムもフリープログラムも年々プログラムの強度を上げ、
ソチ五輪時、ショートで1本、フリーで2本だった4回転の本数も
昨シーズンはショート2本、フリーで4本(内後半2本)跳ぶようになりました。

昨シーズンからは4回転ループを跳ぶようなり
今春の国別対抗戦ではフリーの後半で4回転ジャンプを3本跳び、
今シーズンやるであろう「フリーで4回転5本」にメドを付けました。


ソチ五輪後の羽生選手は「世界最強の負けん気」で
常に挑戦を続けてフィギュアスケートの
絶対王者として男子シングルを引っ張り続ける存在になりました。

確かに今シーズンのプログラムも甘いものではありません。
ショートに4回転2発、フリーでは5発、計7発の4回転を跳ぶもので
世界最高クラスの難度のプログラムになりますが

慣れ親しんだ「ショパン」と「SEIMEI」をベースに行う事で
羽生選手に「心の隙」が出来やしないかと不安になったりするのです。



そんな王者・羽生選手に対して
それを上回るかも知れないポテンシャルを秘めた若者が二人現れました。
(↑上の表は有力選手の4回転ジャンプの習得具合です)

1人目は日本の宇野昌麿選手。
昨シーズンは羽生選手が跳ばない4回転フリップを史上初で成功させ
シーズン中盤からは羽生選手の得意技・4回転ループも習得してしまいました。

今春の世界選手権では優勝した羽生選手のおよそ2点差の2位になりました。
昨年の世界選手権で羽生選手と30点差以上も離されていたと思えば
その急成長ぶりはまさに脅威。

更に今シーズンは4回転ルッツも視野に入れているとの報道もあり
今シーズンは「いよいよ逆転?」と思わせる雰囲気はムンムンしているのです。




もう一人がアメリカのネイサン・チェン選手です。

昨シーズンの全米選手権は衝撃でした。
何と!フリープログラムでルッツ・フリップ・サルコウ・トゥーループの
4種類の4回転ジャンプを5本決めてしまったのです。

あの映像を見た時はアゴが外れそうに・・・って位の衝撃でした。

ネイサン・チェン選手は全米で優勝した勢いそのままに
今春の四大陸選手権では羽生選手を破って優勝してしまいました。

今春の世界選手権のフリープログラムでは
転倒はあったものの4回転を6本跳んでました。

これはオイラの予想ですがこの恐るべき18歳は
きっと4回転ループを跳んでくると思っています。
アクセル以外の4回転ジャンプを全て習得して今シーズンに臨んでくるはずです。

そうなってくると男子シングルのトップ争いは超熾烈になってくると思っています。

男子シングルの上位陣はそれほど変化はないと思いますが
6人の順位の入れ替わりは多く起こると思っています。


4年前、ソチオリンピックシーズンに羽生結弦が
当時の王者パトリック・チャンに果敢に挑んで行って
グランプリファイナルで王者を破ってその勢いでオリンピック王者になりました。

4年後の平昌オリンピックシーズンに王者・羽生結弦が
別の選手に王者を明け渡すことがあってもおかしくはないと思うし
歴史は繰り返す可能性も高いと思っています。

宇野昌麿とネイサン・チェンは覚えておいて損はないと思います。


その他ではジャンプの安定感を増した中国の金博洋、
前年の世界王者ハビエル・フェルナンデス、
4年前に羽生と死闘を演じた元王者パトリック・チャンも侮れない存在です。


今年ジュニアからシニアに昇格した次世代を担う
ビンセント・ゾウとチャー・ジュンファンの滑りも注目で。



続いては浅田真央が引退してしまって残念感マンマンな女子シングル。
(↑これ以外にも多数選手が出場しますが有力どころはこの辺りかと)

女子は女王・メドベデワを始め
カナダのケイトリン・オズモンドとガブリエル・デールマンの二人
アメリカのアシュリー・ワグナーとロシアの新星アリーナ・ザギトワ。

この5人はグランプリファイナル行きの有力候補だと思います。

日本からも多くの選手が参加するようです。

本来であればファイナル行きの有力候補の日本女王・宮原知子ですが
昨年故障した股関節の骨折からの復帰が遅れているようで
グランプリシリーズには参加するものの「全日本選手権への調整」の位置づけとのこと。

日本の女王・宮原知子ですが本当に試練のシーズンになりましたね。



メディアの注目は今春のジュニア世界選手権で準優勝した本田真凛や
四大陸選手権優勝の三原舞依など次世代に注目されているようです。

本田選手は力みの無いジャンプや表現力の高さなど
シニア顔負けのスペックの持ち主ですがオイラが気にしているのは
ズバリ!「スタミナ」です。

今シーズンからシニアに昇格した本田選手ですが
シニアのフリープログラムは演技時間が今までの3分30秒から4分に延びます。

昨シーズンの戦いぶりを見ているとややスタミナに難があるように
思える本田選手の戦いぶりに注目したいと思います。特にフリーに注目です。

これがクリアー出来ているなら本田選手の目標である
「オリンピック出場」も叶うかもしれません。


今春の国別対抗戦でフリーの日本記録を更新した三原選手も
強いと思いますがあの大会に限ってはスコアがかなり「盛られていた」気もしていて
実際はどうなんだろうなぁ~と思うところもあります。

ただジャンプは安定しているし今の日本のメンバーの中で
一番安定を感じるのは三原選手です。



残念ながら浅田選手も村上(佳菜子)選手も引退してしまいました。


そんな日本選手の中でオイラが一番注目しているのが樋口新葉選手です。

昨シーズンの樋口選手はジャンプが抜けたりするミスを連発。
今春の世界選手権でも得点源のジャンプの抜けで順位を落とし、
来年のオリンピック出場枠「3→2枠」に不本意な貢献をしてしまいました。(当時のブログ

ただしその後に行われた国別対抗戦で別人のような
・・・というより本来の樋口選手が戻ってきたような見事な演技をしました。

これには裏があったようで、この国別対抗戦の直前に
スケートの靴とブレードを両方とも別のメーカー品に切り替えたのが
功を奏して国別の好演技に繋がったというのです。

なるほど~と感心すると同時にあの国別の公式練習中に
トリプルアクセルを着氷するなど好調だったのはそれだったか!と
納得もしたわけです。

最近、CSで放送された荒川静香氏のトーク番組で
その事実を知って女王宮原がいないなら「樋口新葉だっ!」と思ったわけです。

樋口選手は元々ジュニア時代に現世界女王のメドベデワと鎬を削っていた間柄。
そういった事もあって意識が高いせいか、ややビッグマウス的な発言で
アンチも多い樋口選手ですが今シーズンは期待できると見ます。




2時間ほど店に滞在して店を出たのが12時頃。

当初は「近くにあるネットカフェで泊まろうかなー」と思ったのですが
ちょっと雰囲気が良くなさそうだし、入会金取る店らしい。

これはダメだなーと思ってネットカフェは断念しました。

タクシーも考えましたが前回片町から帰った時に6000円近く
取られた事もあって「歩きながら考えよう」って事にした。




最近、金沢や片町で思うのが
「何でネットカフェが無いんだろう?」って事。

金沢ほどの駅だったらネットカフェの一軒や二軒あってもおかしくないのに
不思議なくらい駅周辺にネットカフェが無い。

それを言うと片町にもまともなネットカフェが無い。
一軒あったけど雰囲気も良くなさそうでどうもいけない。

金沢駅周辺にしても片町にしても
ネットカフェがあったら儲かるだろうなぁ~と思ってしまう。



ラウンドワンが見えてきた。
ここら辺が一番精神的にきつかったと思う。

ただ7月に部屋から片町の洋食屋まで10kmほどを歩いたことも
あったので(当時のブログ)「案外、行けるんじゃねーかな」という思いもあった。



しばらく歩くとネットカフェが見えてきたけど
ここら辺まで歩いていくと「ここまで歩いてネットカフェするのも勿体無い」と
思うようになっていた。


あそこを左に曲がれば国道8号だ。


いよいよ国道8号。


たまに使わせてもらっているネットカフェも見えたけど
ここで休憩したら確実に寝てしまうと思って回避。


でも残り3kmを切ったあたりの吉野家で休憩だ。
ちょっと腰が痛くなってきたのと腹が減ったこともあって
腹ごしらえがてら休憩だ。



久々に吉野家に寄ったけど相変わらず牛丼は美味いなぁー♪

店で30分ほど休憩してから部屋に戻ったのが午前3時半。
休憩入れて片町から3時間半で帰宅した。

10kmくらいだったら何とかなるもんだなぁ~って思った。
ただちょっとだけ股ズレしてて風呂に入ったらヒリヒリした。





今頃「LA LA LAND」観ました。2017/09/09 10:53

昨日は初めてのUSJを体験して
大阪・梅田のDVD鑑賞屋で一泊。

目が覚めたのが朝5時前。
中年になると目覚めが早いのだ。

金沢行きの特急は発車は8時過ぎ。
ちょーヒマだ。

昨夜は夜飯食べてシャワー浴びてそのまま爆睡・・・してたけど
よく考えたらこの店はDVD鑑賞屋だ。

DVD借りてみよー。

ただこういうDVD鑑賞屋ってほとんどがエッチなDVDばっかりだけど
一般作品もそれなり数があったので見てみると・・・


あるじゃなーぃ。まともなDVD♪
今回は劇場で観損ねた「LALALAND」を観ることにしました。

これ面白い!

「LALALAND」はエマ・ストーン演じる女優の卵と
ライアン・ゴズリング演じるピアニストの恋愛を描いた映画でした。


まずは音楽とストーリーの絡み具合がいい。
「雨に唄えば」とか「レ・ミゼラブル(2012)」並みにいい。
本当に音楽の使い方が絶妙。

本編冒頭の「Another Day of Sun」は元気が出るし
「Mia & Sebastian's Theme」は主人公の二人、ミアとセバスチャンの出会いの曲で
終盤にもこの曲が流れるけど本当に切なくなってしまいました。(オイラはこれが一番好き)

「A Lovely Night」はグリフィスパークの坂で二人で踊る曲。
多分5分くらいのシーンだけど1カットで撮ってるところが凄いわ~。

セバスチャンが歌う「City of Stars」は切ないし・・・って
二人で歌う「City of Stars」は物凄く自然な二人の表情が良くて
映像としての出来もいい。

ミアが歌う「Audition」には圧倒されたし他にもいい曲が多いのですが
ネタバレになりそうなのでやめときますが本当に音楽の使い方がいい。
これ書いていたらマジでサントラが欲しくなってきた。

この映画はエマ・ストーンとライアン・ゴズリングしか
印象に残らない不思議な映画です。

エマ・ストーンって初めて見ましたがあの目力は強力ですね~。
あの笑顔は・・・惚れてまうやろってくらいにいい。

あとライアン・ゴズリングって何処かで観たことがあると思ったら
「ラースとその彼女(2007)」に出てた人だったのね~。(当時のブログ
あの映画は上映館が少ない映画だったけど今でも印象に残ってます。


いや~、これは劇場で観ておくべき映画だったかもしれません。
久しぶりに劇場で観なくて後悔した映画に出会えましたよ。




ちょうどDVDを見終えたら朝の7時。
店を出て大阪駅に向かいましょう。


金沢行きに特急サンダーバードは8時10分発。


まだ時間があるのに弁当買っちゃった。
・・・待ちきれなくて食べちゃった。(笑)


来たよー、サンダーバード。


今回はグリーン車ざんすよー。


3列シート。
もちろんオイラは1列の方。(笑)


最寄り駅の松任まで2時間45分程度の旅でしたが
シートの具合が余りにも良くてほとんど寝てました。

ただ残念なのはコンセントが無い事。
便によってはコンセントがあるらしいのでその辺は良く調べておこう。

多分、来月に二人組ユニット「moumoon」のライヴが
大阪であって、再びサンダーバードのお世話になりそうなので・・・。




芝田食堂2017/09/08 23:05

とりあえずUSJから梅田に戻ってきて
時計を見たらまだ9時台だ。

夜行バスにするか宿泊するか考えた。

今から夜行バスが取れるかも分からないし
仮に席が取れても4列シートだったら
USJのホグワーツ城以上の悲劇が待っているのでそれは避けたい。



ならば宿泊に決定・・・決めたけどホテルの予約もしておらず
ネットカフェで朝まで時間を潰すベー・・・ということになった。

この時点でビジネスホテルという選択肢は頭に無かった。

ここ数年、ビジネスホテルも宿泊料が高騰している気がするからだ。
数日前にGoogleでこの辺のビジネスホテルを検索すると
安くても8000円、ほとんどが10000円オーバー・・・高すぎ~。


最近はビジネスホテルよりもネットカフェやDVD鑑賞屋の方がコスパがいい。

最近はこういう店舗でもシャワー付きって言うのが当たり前になっていて
ゴロ寝程度なら一晩いても2000円ちょっとだし
ビジネスホテルだとPC借りるのもレンタル代がかかるけどこっちはそれが無い。



スマホで検索しながら歩いていたらDVD鑑賞屋を発見。
シャワー付き・朝8時まで滞在で2100円だというので今夜はこちらの店舗で決定。



とりあえず部屋だけ押さえておいてから飯屋を探した。
DVDの鑑賞屋周辺は立ち飲み屋などが数軒あって
いい雰囲気だったけど満員でアウト。

背に腹は代えられないのでいい雰囲気の食堂へ。


「芝田食堂」って店でトンカツ・ハンバーグ定食。
これで900円以下って凄い。

トンカツもハンバーグも美味いっ♪


部屋に戻ってシャワーを浴びて
チューハイ飲んだらそのまま意識が飛んで寝てしまった・・・。




初めてのUSJその②ホグワーツ城で冒険者になれず。2017/09/08 21:36

いよいよ18:30。
貸し切りタイムが始まった。


オイラが目指すはホグワーツ城。



ホグワーツ城内のアトラクション
「ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー」が
今回のUSJへ来た最大の目的なのです。


おぉ!森を抜けたら街が見えてきましたよ~。


うわぁ~、お客さんがいっぱい。


ホグワーツ特急もありました。
出来れば帰りはこれに乗って石川に帰りたい。(笑)


・・・と、冗談はさておき街を進むと


見えてきましたホグワーツ城。
でも最大の楽しみは最後に残しておきたいので
ちょっと遠回りします。



オリバンダーの店で杖の番人と一緒に
「杖が魔法使いを選ぶ」体験・・・は出来ず。

その様子をみているだけでした。
選ばれた人ラッキーだなぁ。杖貰ってましたよ~。



オリバンダーの店を出ると外も暗くなってました。


そろそろ行ってみますか~、ホグワーツ城。


うーん、夜の怪しげなホグワーツ城はいい。

特に入り口で呼び止められることも無く通過。
これなら(アトラクションに)乗れるっ!・・・ウキウキになりました。


このアトラクションはやたら揺れるらしくて
スマホや財布など落ちやすいものは予めロッカーに入れてくださいって
指示があったのでそれに従った。

さすが貸し切りだ!まるで止まることなく待ち時間無しで
あっと言う間にアトラクションまで行ってしまいそう。

ただ途中で見える映像も興味深い。
ちょっとくらいだったら待ってもいいかも♪って思ったりもした。


あと少しでアトラクションってところで

「あ、ちょっと待って頂いてもよろしいですか」と係員に呼び止められた。

「これに乗って頂いても構いませんか?」と言われて
向かったのが「お試しの椅子」みたいなやつだった。


・・・・・マジか。ここでこれかよ。
「嫌だ。」とも言えず乗ってみた。

イスには乗れたけどやっぱりバーが下まで下がらない。
結構下がっていたけどバーの下がり具合がグッドな「青ランプ」が点灯しない。

この青ランプが点灯するまでバーが下がらないと
乗り物が動かないのだと係員は言う。


アウトっぽい。

何度やってもランプは付かない。
オイラの横を次々と客が通過していく。

「あの人(オイラの事)、乗り物乗れねえんじゃねー」みたいな
視線を感じてちょっとムッとしたけどオイラはバーを下げる事で
一所懸命だった。

でもやっぱり青ランプは付かないらしい。

・・・・・アウトだ。

ぶつけようのない苛立ちを抱えて帰ろうとすると
係員さんは「こちらでお待ちください」という。

こちらとは乗り物に乗れない小さい子供たちや
乗り物に乗っている子供を待っている親達が待っている部屋だった。

目の前をオイラが乗りたかった乗り物が数回通過した。

何だかなぁ~、超デブ中年を晒し者にした挙句、監禁かよ~って
思いつつ何とも言えない時間を過ごしていると
責任者と名乗る女性がやってきた。


「この度は申し訳ありません・・・・・・(中略)・・・・・・申し訳ありませんでした」と
膝をついて謝罪してくれたけど、その言葉からは

「何でこんなデブ1人入り口で止められねぇんだよ。
入り口で止めてりゃ~、私がこんなことしないで済んだのに~」と
口にはする訳ないがやるせない内心がプンプン伝わってきた。

ちょっとウンザリ。

担当者からは今回乗り物に乗れなかった代わりに
「他のアトラクションの優先入場します♪」って言ってきた。

特に何も浮かばなかったし
思い浮かんだところで貸し切り営業で待ち時間も
ほとんど無いだろうからその利点も無いに等しいし・・・。

何も言わないのもなんだから「スパイダーマン」の
アトラクションの優先入場をお願いした。


とりあえず超デブなオイラから超デブの分際で
ホグワーツ城へ行きたい方々にアドバイスがあるとすれば
(超)デブはホグワーツ城に行くな!・・・って事で~す。(笑)




まぁ、ここでいい年した中年が一人ブルーになっても
何もならないので先を行くことにした。



優先入場させてもらったスパイダーマン。
(↑とは言え待ち時間5分表示でしたが(笑))

このアトラクション面白かったですわ~。
乗り物と映像でここまでスリリングなドキドキしちゃうって凄い。
これが今回のUSJのアトラクションのナンバーワンです。


外に出るとゾンビの集団がパフォーマンスやってました。


一般客も交じってお祭り騒ぎ!
見ているだけでも面白かったですわ。


その後は場内をフラフラ徘徊。


スヌーピーとキティーって凄い取り合わせ。


お子様に人気かと思いきや
想像以上にカップル連れが多かったのは意外。


「イマジネーションプレイランド」って何じゃ?


デパートにある遊び場のスケールアップ版って感じ。

今どきの子供ってこういう所でしか遊べないって
ちょっと可哀想かなーって思ったりして。

オイラが小さい頃ってもっと自然と触れ合ったりする機会が
あった気がするけど今ではそれも出来なくなっているのかな。


またまた喉が渇いたので生ビールをもう一杯♪


今日はもう終了か~。
もう夜の8時半過ぎか~。


帰ろうかなーって思ったら気になるアトラクションを発見。


今回はジョジョの4-Dを見てみました。

承太郎とDIOのハイスピードバトルが凄かった。


出来ればドラゴンボールも見てみたかったけど
こちらは既に本日分終了らしい。ちょっと残念。



もう9時過ぎたし帰るベー。


初めてのUSJでしたがなかなか面白かったですわ。
ただアトラクションによっては乗れないのがあったのが残念。



今頃になって腹が減ってきた。
とっとと帰ろっと。



初めてのUSJ。その①ゆっくり見るべ~。2017/09/08 18:15

ガッツリと昼飯してから大阪駅に戻ってきた。


そろそろUSJに行くか~。


USJのタダ券は14:00から有効らしいので
時間を合わせてノンビリと・・・。


ユニバーサルシティ駅に着いたのが14:30頃。


駅を出ると・・・


いきなりUSJ?・・・って雰囲気。


このゴツイ建物はホテルらしい。


USJ周辺にはホテルがいっぱい。
・・・・・でも料金高いんだろうなぁ~。


しばらく歩くと


あれが入り口かなぁ~?と思ったけど入り口じゃなかった。


今日はリュックを背負って歩いていたけど
このままリュックを背負ったままUSJしていたら疲れそうだから
ロッカーにリュックを置いていくことにした。

ロッカーは400、600、1000円の3タイプあったけど
すでに400円のロッカーは空きがなくて
仕方なく600円のロッカーを使うことになった。



ようやく入り口に到着。
料金表を見てビックリ!大人一枚税込で7600円って取り過ぎじゃねー?



とりあえずゲートを通過して向かうのはステージ33。


ここでクレデンシャルってやつを貰わないといけないらしい。


クレデンシャルって何だろう?


これがクレデンシャルらしい。
これを首から下げて歩いて行けば18:30以降の
貸し切り時間帯でも様々なアトラクションを楽しめるらしい。

係員さんに「俺一人だから二ついらないよー」って言ったけど
「まぁ、持っておいてください」って言われて首から2つクレデンシャルを
引っ下げていくことになった。


会場に戻るとショーやってました。


どうせ夕方から貸し切りだしアトラクションは後でもいいや~って
思っていたけど、どうせだったら一つや二つくらいは楽しんでおくか~。

とりあえず「ターミネーター2 3D」のアトラクションを見てみることにしました。



どーでもいいオバサンの前説を含めて30分のアトラクション。
立体映像を駆使して、あの名作「ターミネーター」の世界を再現。
思ったより楽しめましたよ♪

さっき「どーでもいいオバサン」って言ったけど
あの横沢夏子みたいな人のトークは面白かったわ~。
オイラは人見知りでトークは苦手なのであの話術だけ学びた~ぃって思いました。




その後はのんびりスタジオ内を散歩。


ぶっちゃけた話、人の多い今の時間帯に無理して
アトラクションに行くこともないし早く入れそうなアトラクションだけを
狙ってまったりと歩いて行きます。


歩きながら気になったのが
「スペースファンタジーザ・ライドwithDREAMS COME TRUE」。


何と25分で乗れそうなので入ってみました。


・・・が、入ろうとするなり係員さんが
「お客様、こちらへ・・・」って案内されたのがここ。

どうやらオイラの身体が大きすぎて
乗り物に乗れない懸念を持たれたようです。

お試し乗り物に乗ってみると
やはりセーフティーバーが下がらない!
係員さんの懸念は大当たり。(涙)

乗車できないようです。撤退です。



行列ができていたスパイダーマンは軽くスルー。
貸し切りになる夜になったら乗ろう。


「エクソシスト」「エルム街の悪夢」はお化け屋敷みたいなものらしいです。

ほとんど待たずに入れそうなので
映画を知っている「エクソシスト」の方をトライ。

実はお化け屋敷みたいなやつって生れて初めてです。

大体6,7人くらいが1グループになって
お化け屋敷を楽しみました。

分かり切った系の仕掛けは何も怖くなかったけど
不意をつかれる系の仕掛けは結構ビビりますね~。

このアトラクションでの感想ですが
グループの後ろの方で挑んだ方が楽しめそうです。

今回、オイラは7人グループでお化け屋敷を歩きました。
先頭にカップルの2人組、続いてオイラ、そして女の子4人組の7人構成でしたが
ドッキリの仕掛けが発動するタイミングがやや遅くて

先頭2人組とオイラがドッキリゾーンを抜けたあたりで
ドッキリが発動することが多くて後ろの女子4人組がキャーキャー、
前にいたカップルはそれを見て笑ってる・・・見たいなケースが多かったです。

ネタばれですが後半でお化けに追いかけられることがあるのですが
このドッキリも後ろにいないと楽しめず前にいたカップルは
不完全燃焼な表情してました。


このアトラクションは後ろで楽しみましょう♪





アトラクションを出て心配になったのはスマホのバッテリー残量。

「どこかにスマホの充電器なんてあったらいいな~」と思っていたら
トイレに行くと充電器があるじゃないですか♪
これはいいサービスだわ~♪

ちなみに30分で300円ね。
オイラの富士通のスマホは3200mAhのバッテリー容量ですが
1回の充電で30~40%バッテリーが回復しましたね。



スマホの充電中に生ビール♪
カップ一杯で750円か~。なかなかな値段ですなぁ。

ただ幸いだったのが昼飯にガッツリ食べ過ぎたおかげで
USJ内でメシを食べなかった事かな~。
ここでメシしたらオイラの場合、ハンパ無いプライスになりそうだし。


ミニオンパークは激混み。
ここは軽くスルーしました。


ジェットコースター系のアトラクションも2,3か所ありましたが
めちゃ苦手なのでここもスルーです。


歩いていたらまた喉が渇いた。
ちょうどいいところに自販機があるじゃなーぃ♪
いただきまーす。



ジェラシックパーク・ザ・ライドってアトラクション。
・・・乗ってみました。

また体格でアウトになるかなーって心配でしたが
無事に乗り物にも乗ることが出来てホッとしました。


アトラクション中の撮影は出来ないので
通りから見えたアトラクションの様子を写真撮ってみました。


ドバー―――――ッ!
水しぶきハンパ無いっす。


最前列の人、結構濡れてました。
まぁ、こんな感じです。



アトラクションを終えて再びブラブラ・・・。


少しずつ日が傾いてきました。


ブラブラ歩いていたらサメを発見。


おぉ!ジョーズじゃん。
乗ってみよーっと。

入り口の待ち時間は40分って書いてあったけど
実際は20分ほどで乗ることが出来ました。


このアトラクション、結構面白かったですよ。

のんびりしたボートツアーかと思ったら
「ジョーズ」ってだけにやっぱり「人食いサメ」のジョーズが現れて
船のクルーのお兄さんと一緒にジョーズと戦うってアトラクションでした。

先ほど見たターミネーターの前座のお姉さん同様、
今回のアトラクションのボートのクルーのブッチぎりの関西風のノリの良さは最高。
このアトラクションの面白さの半分はこのクルーの頑張りによるものだと思います。

時計を見たら午後6時過ぎになりました。


いよいよ楽しみにしていたハリー・ポッターのアトラクションへ向かいます。





街って生きているのねん。2017/09/08 12:32

今日は朝から大阪へ向かいます。


今日7月にUSJのチケットが当たったので(当時のブログ
遊びに行くことにしました。


特急サンダーバードに初めて乗りました。


今回は指定席に乗りました。


今回の便は指定席の一番前と後ろの席に
コンセントがついておりました。
(どうやら乗る便によってマチマチらしいです)

オイラは2番目の席だったのでコンセント無しでした。



2時間45分ほど電車に揺られて大阪に到着。


随分、駅からの風景が変わった気がする。


梅田の観覧車も見えます。(↑写真の赤いやつ)


この黄色い蛍光色の案内板は懐かしい。


阪急電車のホームも変わらない。


いきなりUSJに行かずに池田を目指します。
池田には美味しいパスタ屋があるのです。

途中駅の十三(じゅうそう)は何も変わっていない気がする。



池田駅に至っては車窓から見える風景も何もかも変わってない気がしました。


改札を出た所の風景も


駅を出た時の風景も変わらない。


このパチンコ屋も


隣の薬局もあの時のまま・・・


パスタ屋まであと少し。
あの王将の正面にオイラの目当てのパスタ屋・・・



あれっ、・・・・・・・・・・・・・・・ない。パスタ屋が無いよ。

通りを間違えたかなー?と思って見直して見たけど
間違いなくこの通りだ。

正面に王将、真横に自転車屋。
・・・なのにパスタ屋が無い。「アバンティ―」が無い。

たまたま通りかかった親子連れがいたので
話を聞いたところ「昨年の春頃に閉めちゃったの。
美味しい店だったのに残念ね~」って言っていました。


僕は2000年にリストラ出向でこの街の某自動車メーカーの工場で
半年ばかりお世話になったのですが、その時にこの店の
メチャ美味いパスタを頂いた時、余りの美味しさに衝撃を受けました。

僕の中のパスタの概念というか位置づけが変わるくらい
この店のパスタは美味かったのです。
特にホワイトクリーム系のパスタの味は極上。

・・・また食べたいと思ったのに。
前回食べたのが7年前。(当時のブログ
またあの味を頂けると思っていたのにショックです。




それにしても何も変わっていないと思っていた池田も変わっていたとは・・・。

このパチンコ屋も変わってない。
でもイタ飯屋の「アバンティ―」は無くなってしまった。



駅のそばにあった池田の観光案内所を訪ねて
話を聞いたのですが「昨年に店を閉めてしまった・・・」とのことでした。

それにしてもアバンティ―って誰に聞いても知っているのねん。
どれだけここのパスタ美味いかって事だわ。


案内所の横にあるデイリーヤマザキもあの頃のまんまだ。


なのにアバンティ―が無くなってしまった。

街も生き物みたいだ。
何も変わらないように見える池田の街も
小さな変化が起こっているのねん。


あのアバンティ―まで無くなってしまうとは。
池田の街にとっては小さな変化かも知れないけど
その変化は僕がこの街を訪れる理由を消し去ってしまった。


別に池田の街が悪い訳じゃないけど
多分、僕はこの街に来ることは二度と無いと思う。
めちゃめちゃショックだし、時の流れを感じずにはいられない。



腹が減った。

「アバンティ―」が無くなったのは残念だけど仕方ない。
梅田の「北野食堂」でガッツリと昼飯にしよう!

空腹を我慢して梅田まで戻ってきたのに
北野食堂まで無くなっていた。それも昨年無くなったらしい。

北野食堂も2000年の出向の時に
梅田に遊びに行くとガッツリ大盛りの店として有名で
良く食べに行った思い出があります。

一番最近で言えばやはり7年前に
歌手・谷村有美のライヴで大阪に行った時に
食べたのが最後でした。(当時のブログ


あぁ、「アバンティ―」も「北野屋」も無くなってしまった。
寂しいな。本当に寂しい。



腹が減って仕方なくてたまたま昼飯にしたのが
「串焼処・一番鶏」って店でした。


ここの店の「テンカラ定食(890円)」はステキ。
唐揚げがメチャ美味い。

傍から見るとフツーのから揚げ定食ですが
ボリュームが凄かった。


写真だと分かりづらいと思いますが
この写真はご飯を一膳と千切りキャベツとから揚げ数個を
平らげたあとの写真ですがから揚げがまだまだあるのです。

この皿が案外底があってから揚げを5,6個食べても
まだこれだけのから揚げが・・・。

そりゃー、ご飯もお替りしちゃうわけですよ~♪
ちなみにご飯お替りも無料でーす。
(2017年9月8日現在)

この店、店員さんも良さそうだしまた来ちゃうかも。