アクセスカウンター

思ったより混戦模様。2022/02/16 23:00

今朝の体重は140kg、体脂肪率40.9%、筋肉量78.5kg。




昨夜録画しておいたニュースをチェック。

ギャンブラー山際大臣は「実質GDPの水準は
概ねコロナ前の水準まで回復した」って言うけど




10ー12月期でプラスって言ったところで
21年の実質GDPは前年比で1.7%しか成長しとらんぞ。

それもコロナでボロボロになった20年から1.7%・・・。
これでもコロナ前の水準に戻ったって言えるのかな。




ここ2年ほど続くコロナ禍で飲食への就職を避ける風潮が
新たな産業を生み出す力になっているらしい。

ロボット産業にスポットを当てたコーナーが面白かった。
ちなみにこの案内嬢もロボット。



コーンをセットすると勝手にソフトクリームを作ってくれるロボットや



黙々とフライドポテトを揚げてくれるロボットもいいけど



オイラが衝撃を受けたのはこのロボット。



麺類や食品を見分けて弁当に配置することが出来るロボットらしい。

動きが俊敏かつ正確でビックリ。



カメラとAIを活用したこのロボットは弁当屋やスーパーの
セントラルキッチンからの問い合わせが多いらしい。



弁当屋のスタッフと一緒に働くロボット「Foodly」の動きが的確で驚くわー。

あまりにもいい動きすぎて笑ってしまった。



このロボットの凄い所は隣の人と多少接触したくらいでは
非常停止もせずに黙々と作業を続けてくれるところ。

いじわるなオバサンにも負けないで働くロボットが活躍の幅を広げれば、
10年もしたら弁当製造の現場から相当数の人間が駆逐されそうだ。



アサヒビールはビールの売り上げ減で来年1月末で国内2工場の操業終了を発表。

ビール離れって想像以上に進んでいるのねん。
実際、オイラも最近ビールを飲んだ記憶が無いなぁ・・・ちょっと寂しい。



ウクライナとの国境付近のロシア軍の一部が撤収を始めたらしい。




ウォーレン・バフェットが凄い件。

一昨年にバフェット爺さんが買った日本の商社株の上昇率がステキ。
今後、まだまだ上がりそう。恐るべし。



10時から電話面接。
先日電話した派遣会社の担当者の方と面談だ。

想定される質問に対するアンサーはほぼ準備したと
思いながらもドキドキの電話面談でした。

面接の内容はともかく面接してくださった感謝だけは
告げたいと思って、冒頭と最後の挨拶だけはしっかりやろうと決めていました。

ところがオイラの緊張感とは裏腹に

担当者「高校卒業から初めの仕事に就くまでのブランク(1年半)は何ですか?」
自分「(オイラ)浪人してまして・・・」
担当者「93年秋からの甲府の・・・は何ですか?」
自分「同じ会社の半導体部門への出向です」
担当者「2000年のダイハツ自動車は?」
・・・
・・・
・・・

始まりから思いのほか、面接と言うより面談チックな流れに驚きました。
派遣先の仕事内容や概要の説明から始まって
その後は主にオイラの今までの経歴の確認に時間を費やしていました。

確かに他人から見たらオイラの経歴って、不思議なのかもしれない。
基本的に退職もしないでブラウン管製造から始まって半導体、
クルマ製造、液晶パネル製造・・・振り返ってみると面白いなぁ。

エントリーした際に自分の履歴書を送っていたのですが
改めて自分の経歴の確認になりました。

ただ「面接」という名目で進んでいるので自分から
スタイルを崩すことなく落ち着いて対応することに努めました。


今回の面接で面接の質問らしい質問と言えば
「退職理由」と「退職後、無職だった期間に何をやっていたか?」でした。
これに対しては準備しておいたネタをしっかりブチ込んで終了。


今度はこっちから質問タイム。
「就業場所は?」⇒「〇〇大学構内です。」
「PCはWinとMacどっち?」⇒「WindowsPC」

「業務内容は多岐にわたりますが何人で行うのですか?」
「お1人でやって頂きます」・・・マジ!?

先生からの書類の修正、教材の作成、
教材の製作・校正・登録、eラーニングサイトの作成、
サイトのプランニングとコーディング、画像の作成、
関連部署・教員との連絡・・・こんなの1人で出来んの!?

ついでに言えばeラーニングって言えば動画じゃないの?
欲しい人材にhtml/cssって書いてあるけど
それだけじゃなくて動画扱えないとダメじゃないんですか?

矢継ぎ早に質問をしましたが、担当者は多少狼狽えながら

「一応、ディレクター(監督さん)」みたいな人がいて、
・・・基本的にはディレクターの指示に従ってコツコツと
仕事を進めていく・・・って事になっているようです。」との事。


その後、担当の社員さんと話していて分かったことが3つありました。


その①採用担当さんはオイラのポートフォリオサイトを見ていない。

ポートフォリオサイトも見ないで何で業界未経験で
ブランクが2年以上もあるアラフィフジジィの書類が通ったの!?
何でアラフィフのジジィのエントリーに対して面接したの?

・・・謎は深まるし、ツッコミどころ満載じゃない?


その②採用担当さんは現場に一度も行っていない。
もちろん、どういう仕事なのかも具体的に把握していない。

そりゃ、質問の答えに詰まるわけだ。


その③そもそも、この求人の業務はまだ入札が終わっていない。(笑)

就業開始時期を聞くと当初は4月1日からって言っていたのに
途中から「ちょっと早くなるかも・・・」って言い出したと思ったら、
「まだウチで仕事を得たわけじゃなくて・・・」と言われてビックリ。


一応、就業期間は4月1日から来年の3月31日まで。
入札結果が分かるのが月末で
そこで入札出来なければ、この求人自体が無くなるらしい。オイオイ。

とりあえず今後の流れとしてキャリアの確認シートが
メールで届くらしく、それを記入してあとは月末まで
果報は寝て待て・・・らしい。

初めてweb系の派遣の面接を受けたけど、いつもこんな感じなのかな?





40分ほどで面接を終えてから所用で実家へ。
ついでに親父の墓掃除。



実家の灯油を買いに行ったついでにガソリンスタンドで洗車もしてみた。
洗車マシーンで400円でクルマも綺麗になった。


実家での所用を終えて部屋に戻ってから
アパート更新の話をすべく、不動産屋さんに電話すると
担当者が不在との事で折り返し電話をしてもらった。

このままではweb系への3月までの就業はかなり厳しい。
同時並行で非web系のパートなどへのエントリーもしているけど
本命はあくまでもweb系への就業だ。

仮に非web系のパートをするにしてもweb系への就業を見据えて
時短勤務で行こうと思っている。


不動産屋さんには

①未就業でもアパート更新が出来るか?の確認。
②現在のアパート更新が出来ないなら未就業でも入居できる物件はあるか?
③(①、②が無理なら)茂原市外への引っ越しの為、1~2か月ほどの
オーバー滞在は可能か?・・・を確認するつもりでした。

出来ればユルユルで過ごしやすい茂原から離れたくは無いけど
アパート更新が出来ないなら、千葉市などへの引っ越しも
視野に入れて行かないといけないとは思っていました。

今のアパートを担当されている方は剛腕系の女性社員で
近所にあるアパートで騒音系トラブルを起こしていた住人を
強制退去させたりするなど力技も平気で繰り出す御仁だ。

そんな御仁に予てから「仕事してなきゃ、アパート更新無理だからね」と
言われていたオイラは今日の面接を受けて引っ越しも覚悟しました。

そんな御仁から折り返しで着信が来た。

早速、アパート更新の話をした。
①~③の話をすると「う~ん」と電話越しに闘気を感じる唸り声。

あぁ、終わったかな・・・って思いました。
茂原からの引っ越しの時間の猶予を貰わねば・・・と思ったら

「アンタ、(銀行)通帳幾らあんの?」と聞かれたので
「メインの口座に○○○万あります。他にも○○口座にも○○○・・・」と答えると

「あ、大丈夫だね♪」と今までとは一転、闘気が消えた声が聞こえてきました。

どうやらアパートの保証人会社の審査は何とかなりそうって話らしい。
早速、来週の月曜日に不動産屋さんに行ってアパート更新の前に
そこら辺の手続きから始める流れになった。

直後に「まだアパート更新じゃないよー。
アンタ、もちろん働くつもりあるんだよね?」と闘気をはらんだ声。
「もちろんですぅ。(ラオウ様~)」と答えるのが精いっぱいだった。

とりあえずアパートは何とか更新できそうな流れになってホッとした。



先日録画しておいた北京五輪のフィギュアスケート
女子シングルの様子をチェック。

第1グループから見たけど緊張感の無い演技が続いて
知らぬ間に寝落ちしてしまった。



今日のコロナは91000人ほど。
先週に比べて7000人ほど減った。





ニュースを見てからフィギュアスケートの女子シングルをチェック。
昨日録画しておいた女子ショートプログラムを改めてチェックだ。


ショート首位はロシアのワリエワ選手。

ザギトワとメドベデワの平昌の金・銀コンビが応援するなか、
冒頭のトリプルアクセルは両足着氷。彼女らしくねーなー。

ただし、その後はキッチリ演技で82点台。
演技後の涙・・・何だか切なくなっちゃった。
ドーピング疑惑の中、メンタルが削られている感ありあり・・・フリーは大丈夫か。



ショート2位はロシアのアンナ・シェルバコワ。

冒頭のダブルアクセルからシメの3-3のルッツ―トゥーループまで
抜け目のない彼女らしい演技が戻ってきた。

シーズン当初から不調でロシア国内では五輪代表としては?と
疑問符が付けられたりしていたけど本番はしっかり!
このままなら表彰台から外れることはあるまい。フリーも注目だ。



3位は日本の坂本花織は完璧!自身最高のショートだ。

冒頭のダブルアクセルの美しさは最高。
ジャンプの入りからランディングまでスピードと流れが美しい。

個人的に驚いたのが続くルッツだ。
ジュニア時代から彼女はルッツの踏切りを得意としていないし、
今や彼女唯一の苦手ジャンプと言ってもいいくらいだ。

そのルッツで出来栄え2点以上!って神憑ってます。
演技中は審議の黄色がついていたけど
終わった時には審議が消えていた・・・凄すぎます、坂本花織。

後半に持ってきたのが得意の3-3のフリップ-トゥーループ。
美しいし、ケチのつけようが無い素晴らしいジャンプ。
ステップもスピンも全てレベル4。

シェルバコワにスコアは抜かれたけどショート3位スタート。
個人的にはシェルバコワよりずっとステキな演技だったと思う。
あの演技なら何度見ていてもいいとすら思う。

演技後は中野コーチと涙の抱擁。
まだフリーがあるのにそんなに泣いちゃ~って思うけど
色んな意味で気合が入っていたんだと思う。フリーも期待してます。


4位はロシアのトゥルソワ兄貴。

冒頭はトリプルアクセルに挑戦してきた!
ダブルでもいいのに敢えてトリプルアクセルに拘ってきた。
その心意気や良し!フリープログラムも期待してるぞ!

ワリエワ選手を斃せる選手がいるとすればトゥルソワ兄貴だけだとオイラは思ってます。

4回転5発搭載の究極フリーに挑戦するか!?
羽生結弦のクワッドアクセル並みに期待してます!


韓国のユ・ヨンはトリプルアクセルがダウングレード扱い。
これは痛い。フリーでどこまで巻き返せるか?

同じく韓国のキム・イエリムはジャンプで大きなミスは無かったけど
スピンでレベルを取りこぼして・・・残念すぎる。


アメリカ勢3人はジャンプで精彩を欠いた。
コロナ明けのアリサ・リュウが唯一上位入りの可能性を残したか。
あとカレン・チェンのステップシークエンスに心を打たれました。


日本の河辺愛菜は15位スタート。
冒頭のアクセルの転倒は残念。フリーでどこまで巻き返せるかチェックしよーっと。



ショート5位の樋口新葉は五輪でトリプルアクセルを決めた!

冒頭のトリプルアクセルは綺麗。
五輪で史上5人目の成功者になったらしい。おめでとー。

ただしルッツからの3-3で回転不足、
最後のフリップで踏切りの「!」が出てスコアが思いのほか伸びず。
演技後のインタビューでも少し仏頂面。(そりゃそうだよね)

フリーで最高の演技を期待してます。
もちろんアクセルを含めてコンプリートが見たい。



ショートプログラムが終わって上位陣はそれほど差が出ないのは
想定内だったけどワリエワ選手がイマイチだったのは想定外。
ドーピング疑惑での報道etc・・・が響いているみたいだ。

フリーではロシア女子3人による表彰台独占が既定路線と
思っていますが、それはトゥルソワ兄貴の出来次第。

トゥルソワ兄貴は4回転5発搭載の究極プログラムで
フリーを闘うらしいのでツボにハマればワリエワ選手をもブッチぎって
金メダルを獲得する可能性もあるし、ボロボロになって表彰台を逃す可能性もありそう。

兄貴がボロボロになった時に表彰台の片隅を狙った
坂本花織かワカバさんが絡んだら面白いなーとは思ってます。
そうなったら、それはそれでビッグサプライズになると思います。

・・・と希望を述べましたが高確率でロシア女子3人が
表彰台を独占するのは堅いかなと思ってます。

出来ればトゥルソワ選手には4回転5発を初めて決めた女子として
歴史に名を残しつつ、金メダルを獲って欲しいとも思ってます。








コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック


Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索