アクセスカウンター

新しい歯医者探し。2024/02/20 23:14

今朝の体重は122.7kg、体脂肪率37.1%、筋肉量73.25kg。


朝のニュースを見ると日本とウクライナの経済復興の話題。



今日は昼まで曇り空。
いつもお世話になっているスーパーまでお買い物。



朝飯してからAdobeの無料illustrator講座の課題作成。

3時間ほどかけて何とか課題提出できた。



おもいがけず早く課題作成できたので業務用スーパーまで買い物。



買い物の帰りに通りを歩いていると、通り沿いにある床屋が閉店している事に気付きました。
茂原って、この床屋を含めて飲食でも高齢化が進んでいて、先々心配になってしまうわ。

今日は昼までは曇り空だったけど、午後からは晴れてきた。
おまけにめちゃめちゃ暑かったわ~。
ぶっちゃけ、2月とは思えないくらいで長袖がいらないくらい暑かった。

散歩ついでに歯医者探しもやった。

長年お世話になった歯医者が昨年の暮れに閉業。
3か月おきの歯のメンテはこれからも継続したいので歩いて行ける範囲の
歯医者へ行ってみた。

お客さんがめちゃめちゃ多いわ~。受付の女の子が2人もいて驚き。
今までの歯医者は歯医者さん一人で受付も治療もやってたから
全体的にスローな感じだったけど、すごくスピーディーになりそう。

とりあえず3月5日に予約。
客当たりが良い感じだったら、継続して行こうと思う。



業務用スーパーで強炭酸水をゲット。
以前、購入したレモンサワーの素で部屋飲み。

ようやくレモンサワーの素を1本使い切ったわ~。











アパート更新したよ。2024/02/10 22:39

今朝の体重は122.9kg、体脂肪率37.2%、筋肉量73.2kg。


今日は昼からアパートの更新。

先日、アパートの保険の書類が届いていて、不動産屋さんに電話して
「アパートの保険と一緒にアパートの契約の更新もしたい」って言ったら
「やっちゃいましょう♪」って事になった。




無事にアパートの更新を終えて昼飯は久々に鉄人へ。


白身魚のフライ定食・・・思ったより美味しかったなぁ。


やる事やって気分スッキリ。
ちょっと酒を飲みたい気分になってスーパーへ。



お酒のコーナーを見ていると「氷結果汁の素」みたいなやつが売っててビックリ。

でも税込みで3000円超は高すぎるので不採用。



手頃なレモンサワーの素があったのでこっちをチョイス。

部屋に戻って強炭酸を入れて飲んだらいい感じ。
自分で濃度を調整できるのもいいし、紙パックだから処分も楽なのもいい。
これからはこれで行こう。












W優勝。2024/02/04 22:39

今朝の体重は123.2kg、体脂肪率37.2%、筋肉量73.4kg。


今日は昼までゴロゴロ。
昼飯は茂原市内にある「大和屋食堂」。


今日は豚肉ヒレ焼肉定食。(税込み900円)



大和屋食堂からしてみれば値段が高い部類の定食。
適度な厚みの肉、適度に焼き加減・・・美味いぜぇ~。



その後、プールへ。


プール後の血圧測定。

1回目159-90。脈65。
2回目158-93。脈65。
3回目151-89。脈65。

最近、血圧が高めだ。
酒を飲む機会が多くなっているからかもしれない。




部屋に戻ってから録画しておいたフィギュアスケートの四大陸選手権をチェック。

今回はフリーして放送してくれないらしい。
ショートはフジテレビのBSのみ・・・勘弁してくれよ~って思う。
別に深夜の放送でもいいから、しっかり放送してほしいなぁ~。

今までは(浅田)真央さんとか羽生プロがいたから
当り前のようにゴールデンでフィギュアを見れたけど、これからは・・・悲しくなるなー。

・・・話が逸れたけど、結果を見ると男女でW優勝だ。

女子は千葉百音がショート・フリーでトップをキープ。
見事に四大陸選手権初制覇。
去年のグランプリシリーズの頃が信じられないくらい安定しててビックリ。

2位は韓国のキム・チェヨン。
全体的に安定してたけど最後のジャンプでミスっちゃったのは残念。

3位の渡辺倫果はフリーでトリプルアクセルを決めた!
文句なしの最高のジャンプだった。
でも他のジャンプでのミスが残念過ぎる。

7位の三原舞依は足の調子が良く無いんじゃないかな。
ちょっと精彩を欠いていた。
来シーズンに向けてしっかり足を直して欲しいかな。

昨年、優勝したイ・ヘインはボロボロ。
完全に調子を落としている感じ。
でも油断していると世界選手権で爆発するかもしれんし、要警戒だ。



男子は鍵山優真がシニアで初の国際大会優勝だ。
あと特筆すべきは今までフリーで4回転2本だったけど、3本に増やしてきた。
・・・それも4回転フリップを搭載してきたぞ♪

残念ながら着氷は決まらなかったけど、世界選手権に向けて楽しみが増えた。
フリーで4回転フリップをミスしてもフリーで200点越え、
ショート・フリーで300点越え!・・・こりゃ、ガチで世界選手権が楽しみになってきた。


2位の佐藤駿は4回転ルッツの精度が上がってきた。いいぞ~♪
恐らく4回転フリップとかをやり始めたのがいい影響を与えているような気がする。
佐藤駿はここで今シーズン終了だけど、来シーズンが楽しみになった。

3位は韓国のチャ・ジュンファン。
ブライアン・オーサーから離れて初めてのシーズンだけど、
今一つ調子が上がってこない。ジャンプのミスが多くて見ていられない。

4位は山本草太。
ジャンプのミスでスコア伸びず。史上初の表彰台独占ならず。
草太選手も今シーズンはこれで終了。来シーズンも頑張ってちょ~♪


その他で気になったのがカザフスタンのミハイル・シャイドロフ。
4回転のルッツもフリップもサラッと飛んでおったわ。
世界選手権出てくるのかな?注目です。




これで四大陸も終了。
残りは来月に行われる世界選手権のみ。
世界選手権はキチンと放送してくれるのかな?フジテレビ。






駄菓子屋、あったよ。2024/01/30 22:24

土木事務所から部屋に戻るとアパートのお隣さんの部屋から
乾燥機(?)と思われる低音が響いておりました。(14:52~18:00。)



ちょっと嫌になっちゃって、夕方から散歩。



萩原のSL公園まで行く途中で駄菓子屋を発見。

いつもは早朝に散歩で通過するんだけど、駄菓子屋があったなんて・・・。
たまには時間を変えて散歩してみるとイイ事もあるもんだ。



店の外も中も懐かしい感じ。
昔はいっぱいあった駄菓子屋そのものだ。

店のオバちゃん曰く「ボケ防止のために60年やってるよー」って言ってた。
子供にも慕われているようで、小さなお客さんが絶え間なくやってきてました。



夕方のSL公園もいつもと違う表情をみせていました。

いつも早朝に行くと爺様・婆様たちがラジオ体操とかやっているけど、
この時間帯の主役は完全に子供たちだった。



一旦、部屋に戻ってから居酒屋「よっちゃんち」へ。



軽く飲み食いして90分ほど滞在。


その後、ワンコインや一平に行ってみたけどお休みらしい。
また次回・・・と言うことで。








クリスマスコンサートVOL.21。2023/12/09 16:06

今朝の体重は121.7kg、体脂肪率37%、筋肉量72.7kg。


朝は知人宅でドローン。


昼から品川へ。


毎年暮れの恒例の歌手・谷村有美さんのクリスマスコンサートです。


今年は座席が最高。
めっちゃ後ろの方の席だったけど、ブロックの先頭で左の端っこの席。
前方と左側は余裕があるし、足も伸ばせるし・・・言うこと無し。



昨年のクリスマスコンサートは驚きの3部構成だったけど、
今年は2部構成に戻っていました。

夜の部の「プレミアムショー」のチケットは発売後に速攻で売り切れていて
仕方なく昼の部の「アフタヌーンショー」へ。

正直な所、この第1部は不安がありました。

以前から谷村さんファンからは「第1部は有美さんの声ばヤバい」とか
1部は2部に向けたウォーミングアップじゃないか・・・みたいは話を
散々聞かされてきたからです。

谷村さんの「ウォーミングアップショー」・・・もとい、アフタヌーンショーへ。




余り期待し過ぎずにアフタヌーンショーを見てきましたが
みんなが言うほど酷くないじゃん♪・・・っつーか、フツーに聴けた。

ここ数年の谷村さんは徐々に声の調子も良くなってきていて
最早、第1部だからと言ってボロボロじゃない・・・ってレベルまで
上がってきたのかもしれませんがフツーに良かったです。

恐らく5,6年前くらいは酷かったのかもしれませんが・・・。

歌い始めが何の曲だったかは忘れましたが序盤から最近のライヴじゃ
聴けないような曲も歌ってくれたし良かったですよ。
序盤はトーク無しで一気に5曲連チャンで歌ってきたのもいい。

特に「未完成」とか「空からの贈り物」とか結構キーが高そうな曲も
序盤から歌って来てましたし、それをチョイスして
しっかり歌ってきた辺りは来年以降も期待できそうです。


あと新鮮だったのがバンドメンバーが変わった事。
今年は谷村さんとギター、ドラム、キーボードの4人体勢。

キーボードは例年通り福田さん・・・と思いきや、新人さんがやってきた。
正直、福田さんはチョイと飽きていたので、個人的にこの入れ替えはGood。

谷村さんも期待しているらしい
新しいキーボードは荻原和音(おぎはら かずね)さんって人。
国立音楽大学を首席で卒業した俊英らしい。

この子、キーボードだけじゃなくてトランペットも吹くらしい。
色々引き出しの多い子で来年以降のライヴがますます楽しみになった。

アンコールではそれまで抑えめだったトークを炸裂させて
客をしっかり笑わせる辺りもさすが谷村さんだ。
かつてラジオDJの人気投票で5年連続1位だった力を存分に見せてくれた。

第1部は14:30スタートで16:00過ぎに終了。
毎年、広島と鹿児島からやってくるヘビーな谷村ファンは
相変わらず元気そうでなによりだった。

彼らはかつての音楽SNS「Playlog(プレイログ)」(*注)で知り合った仲間たちだ。
昔はもっと多くの仲間がいたけど、それぞれ諸事情でライヴに来れなってきて
ちょっと寂しくもあるけれど・・・来年以降もまた会いましょう。


(*注)Playlog(プレイログ)・・・ソニーが運営していた音楽SNS。(2006~2011)
音楽に特化したSNSで自分がPCで再生した音楽の履歴を自身のアカウント上に
アップロードすることでその個人の音楽的嗜好が分かると言う画期的なものでした。

ちなみにオイラはこの時期にこのサービスに触れたことで
一旦活動を停止していた谷村さんがコッソリ現役復帰していたことを知って
再び谷村さんのライヴに行くきっかけにもなりました。





帰りは17時チョイ前の総武線のグリーン車で毎年恒例の早い晩酌。
久々にハイボール飲み過ぎちゃった。



有難いことにグリーン車には充電ポートもあって
暇つぶしの動画を見ながらゆるゆると帰宅することが出来ました。



無事に18時過ぎに茂原に到着。
来年も愉快なライヴが行われますように・・・。
みんな、それまでお元気で~♪












男子は順当に決まったみたい。2023/11/25 22:40

夜からはフィギュアスケートのNHK杯の男子フリープログラムをチェック。



勝ったのは鍵山優真。

冒頭の4回転サルコウは超絶綺麗。世界最高のサルコウだわ。
ミスらしいミスと言えばアクセルで転倒したのと、コンビネーションの2つ目が
2回転になったのが2回くらいだ。

圧巻だったのがステップシークエンス。
曲はゆったりだけど、動きはハードだったなぁ。
よくあんなステップ踏めるわなぁ~。

カロリーナ・コストナー氏がコーチについてからは本当に表現が強化されたわ。
今後が本当に楽しみ。




宇野昌磨は猛追するも追いつかず・・・。

後半の大事な所で4回転トゥーループが2回転になったものの
直後に4-2トゥーループにしてくるあたりは流石。

ただ気になったのが全ての4回転で審議になっている事。
採点表を見ていないから何とも言えないけど減点は殆ど無い所を見ると
恐らくは「q(1/4回転以下の回転不足)」が付いたんだろうと思う。

ただ全ての4回転で「q」だとするとちょっと不気味。
着氷はしているように見えるのに何故?

今さら「やや跳び急ぎ気味」な宇野選手の4回転ジャンプにイチャモンがついたのか。
いや~、それは無いと思うけど、今回のNHK杯のジャッジが厳しいだけなのか。
ただちょっと気になると言えば気になる。




男子は想定通りのワン・ツー。
2人とも文句なしにファイナル行きを決めた。

アダム・シャオ・イム・ファとイリア・マリニン。
そして宇野、鍵山、三浦の日本3選手にケビン・エイモズの6人がファイナルだ。

グランプリファイナルがマジで楽しみ。

ただスコアだけを見てしまうとアダムとマリニンの2人が抜けているように見える。
この2人に日本人3選手がどこまで食らいつくか・・・に注目しよう。

とりあえず今回のグランプリファイナルで日本人選手が勝つことは厳しい。
でも来年の世界選手権に向けてブラッシュアップしていけばいい勝負になると思う。
今回のファイナルはあの2人とどれだけ開きがあるのか?を確認できるだけでいいと思う。







ビックリだよ、中国大会。2023/11/12 22:37

一ノ宮から戻って来てからフィギュアスケートのGPシリーズをチェック。
中国大会のフリープログラムを見てみた。



女子はビックリ!

何と!ショート3位の吉田陽菜が逆転優勝だ!
冒頭のトリプルアクセルは着氷したけどステップアウト。
でもその後のジャンプはいい。一本一本のジャンプに集中している感じだった。

演技後半になっても身体が良く動いていなぁ~。
終盤に入れたステップシークエンスも音に合わせて動いていて良かった。
吉田選手は2戦を終えて24ポイント、これはファイナル行けそうだわ。


渡辺倫果も続いた。2位だ。
ジャンプはノーミス、久々にいい演技が見れた。
演技後の彼女はガッツポーズ!本人も見ている方も納得の演技。

2戦を終えた渡辺倫果は18ポイント。
ファイナル行きは無理だけど、この勢いで全日本頑張って欲しいわ。


ショート首位のルナ・ヘンドリクスはジャンプのミスで3位。
彼女らしくないジャンプでのミス・・・かなり不甲斐ない内容。
ただ2戦終えて26ポイントを獲得してファイナル行きを確定させた。


グランプリシリーズも6戦中4戦を終えてファイナル行きのメンバーも固まりつつある。
28ポイントのアメリカのイザボー・レビトと26ポイントのルナ・ヘンドリクスは決定。
続く24ポイントの吉田陽菜もファイナル濃厚だ。

残り3枠を坂本花織(15p)、住吉りをん(11p)、韓国のキム・チェヨン(13p)、
ベルギーのピンサローネ(13p)の4人で争う形。
韓国のイ・ヘインは(9p)はNHK杯で優勝すれば・・・って所か。





男子もビックリだった。

まずビックリだったのが山本草太が6位に終わった事。
冒頭の4回転サルコウは美しかった。続く4回転トゥーループもいい。
更に4-2のトゥーループもいい。4回転を3本しっかり決めたのは素晴らしかった。

なのに・・・トリプルアクセルが鬼門だ。
跳んだ瞬間に身体の軸が大きく崩れてしまう。
今シーズンの課題なんだと思う。

もう一本のアクセルを含む残りのジャンプをノーミスで跳んだけど
6位フィニッシュは痛い。2戦を終えて20ポイントは無理じゃないけど厳しい。
せめてあのアクセルのミスが無くて5位であったなら・・・悔しいところだ。


友野一希は5位フィニッシュ。
冒頭は4-2トゥーループを決めた。2発目のトゥーループは超綺麗。
サルコウは2回転・・・(涙)。あと3連コンボのミスも涙を誘うぜ。

ただ(4回転)トゥーループはイイ感じだし、全日本に向けて頑張って欲しいな。
静かな曲だけど、このフリーもいいプログラムだ。
ノーミスで素晴らしいプログラムに仕上げて欲しいなぁ。


3位になったミハイル・シャイドロフも侮れない。
冒頭の4回転ルッツは綺麗だったし、後半にも4回転を入れるなんて攻めてるなぁ。
名前は覚えておこうっと。


優勝したのはショート2位のアダム・シャオ・イム・ファ。
冒頭の4回転ルッツを決めた。続く4-3トゥーループも決めた。
アクセルからの3連を決めてから4回転サルコウの単も決めた。

後半に4回転トゥーループの単。そしてトリプルアクセル。
ラストはトリプルルッツ。全部決めた。

4回転4発、アクセル2発、3回転のルッツ1発。
ジャンプ構成が鬼だわ。そりゃ~、逆転しちゃう訳よ。
2戦連続で逆転優勝でファイナル行きを決めた。恐るべし。

演技後のリンク内でのバク中は既に彼の代名詞になっている感じだ。
ファイナルも楽しみになってきた。


逆転を許した宇野昌磨は静かにリベンジに燃えているようだった。
冒頭の4回転ループは転倒。続くフリップは2回転に・・・。(涙)
直後の超綺麗なアクセル以降、ノーミスだっただけに本当に泣けて来るぜぃ。

演技後の昌磨選手は笑顔だったけど、実は心の中でメラメラ・・・だと思う。


これで男子も4戦を終えてアダム・シャオ・イム・ファ(30p)と
イリア・マリニン(28p)の2人がファイナル行きを決めたけど
残りの4人を巡っての争いがヒートアップしそうだ。


残り4枠を巡って宇野昌磨(13p)、ケビン・エイモズ(13p)、
三浦佳生(13p)、鍵山優真(11p)、佐藤駿(11p)、
マッテオ・リッツォ(11p)の6人が残り2戦でぶつかり合う形だ。


まずはフィンランド大会では三浦、佐藤、ケビン、マッテオの4人が激突。
そして最終戦のNHK杯で宇野と鍵山が日本人対決だ。

この組み合わせで見るとNHK杯に出る宇野と鍵山は順当に
ワン・ツーになりそうで2人はファイナルに行くんじゃないかな。
・・・となると来週のフィンランド大会に出る4人の結果が気になるなぁ。








解消してたのねん。2023/10/29 22:07

今朝の体重は121.4kg、体脂肪率37.4%、筋肉量72kg。

今日はゴロゴロしながら録画していたフィギュアスケートの
グランプリシリーズ・カナダ大会のフリーをチェック。



まずは女子から。

日本の坂本花織はノーミス演技でブッチギリの優勝。

ノーミス。言うこと無し。
デキが良過ぎて、怖いくらいの内容。
グランプリファイナルなり世界選手権で見せて欲しいくらいのクォリティだった。

次戦はフィンランド大会。
メンバーを見ても、余程ヤラかさなければファイナル行きは堅そう。


2位は韓国のキム・チェヨン。

目立ったミスは前半のフリップくらいか。
抜け目ない演技で2位をキープ。これは大きい。

彼女の演技で気になったのは相変わらずジャンプの低さ。
特に冒頭のアクセルは低かったなぁ。あれが将来トリプルアクセルを狙っていて
それを見据えたコントロールされたアクセル・・・というならば凄いと思うけど

他のジャンプを見ていてもジャンプが低いところを見ると
恐らくは今後もこの低いジャンプを続けて行くのかな。
これ以上、身体が大きくなったら、ちょっとピンチなのかな・・・って思ったりして。

それはともかくファイナルに向けてここで2位を取ったのは大きい。
次戦のフィンランド大会では再び坂本花織と激突予定だ。
他には住吉りをん、河辺愛菜、アンバーグレンらと戦う。

ここで3位以内ならほぼファイナル行きが決まる。



3位入賞の松生理乃は頑張った!

昨シーズンから使っているプログラムだけど本当にいい。
滑らかで途切れないスケーティング。ジャンプ着氷後の左足の流れも美しさ、
軸が綺麗なスピン、いや~、本当に素晴らしい。

現在の女子シングルはロシアの魔女軍団が参戦できない状況で退屈極まりない。
そんな中にあってもオイラ的には松生理乃のスケートの存在は別格だ。
いくら見ていても見飽きない。

派手なジャンプは無いものの、それを補うに十分なスケーティングスキルをもって
世界に対してその存在感を見せつけてくれている。
彼女の存在感は今後もますます高まっていくだろう。

残念ながら彼女のGPシリーズはこれでおしまい。
とりあえず暮れの全日本に向けて頑張って欲しい。
地力は全日本でベスト3に入ってもおかしくない実力はあると思う。期待してます。




渡辺倫果は細かいジャンプミスでスコア伸ばせず6位。

冒頭のアクセルをダブルにしてリスク回避はいいにしても前半のルッツのすっぽ抜けは痛い。
次の中国大会でルナ・ヘンドリクス、三原舞依、キム・イエリムらを破って
優勝でもしない限り、ファイナル行きは無さそうだ。

ただ今シーズンのプログラムはショート・フリーともにいいプログラムだから
中国大会や暮れの全日本に向けて仕上げていって欲しいなぁ。






続いては男子。

山本草太がGPシリーズ初優勝。

冒頭のサルコウ、続くトゥーループのコンビ、そしてトゥーループの単、みんな決めた!
山本草太が4回転3本決めた!って初めてじゃないかな。これは嬉しい。

ただその後がグダグダになったのは残念。
解説の町田樹も指摘していたけど、トリプルアクセルをミスするのは痛い。
ただ今シーズンのフリー「エクソジェネシス」はいい。山本選手に合ってるわ~。

山本選手の次戦は中国大会。
日本の宇野昌磨、友野一希、アダム・シャオ・イム・ファ、金博洋らが相手だ。
4位以内に入ればファイナルは行けるんじゃないかな。




三浦佳生は2位。
事前には4回転ループも・・・って話だったけど演技構成を変えてきたらしい。
ミスらしいミスと言えば中盤のアクセルの転倒くらい。

あの転倒がありながら177点台は立派。
終わってみれば優勝した山本草太とほとんど差のないところまで
迫ってる辺りはなかなかクレバーなヤツらしい。

三浦選手の次戦はフィンランド大会。
佐藤駿、ケビン・エイモズ、チャ・ジュンファンらと表彰台を競う。



友野一希は4位フィニッシュ。

前半の4回転トゥーループの2つのミスは痛いかったけど、
直後の4回転サルコウを決めたのは良かったんじゃないかな。
後半のフリップからの3連はフツーにミスっぽい所を纏めたのは巧い。



チャ・ジュンファンって拠点変えていたのねん。

ショートのキス&クライでブライアン・オーサーがいなかったから
何でかなー?って思っていたけど拠点を変えていたとは・・・。

昨シーズンまでは頑なにショートは4回転1本、フリーは4回転2本だったけど、
今シーズンはショートで2本、フリーで3本と野心的なプログラムだなぁと思っていたら
まさかブライアン・オーサーと関係を解消していたとは・・・。

ショートに引き続きジャンプの転倒が多すぎ。
冒頭のサルコウ、続くトゥーループで転倒。ルッツ―ループのコンビも不発。
ちょっと見ていられないくらい悲惨な内容だった。

かつての宇野昌磨もそうだったけど、拠点を変えた直後って大変そうだもんね。

チャ・ジュンファンの次戦はフィンランド大会。
ファイナル行きは無くなったにしてもGPシリーズ後半を引っ掻き回せる存在のはずだ。
春の世界選手権(当時のブログ)のパフォーマンスが幻でなければ・・・。



来週はフランス大会。
男子で大注目は病み上がりの鍵山優真がどこまで戻っているか?だろう。

女子では(樋口)ワカバ様が戻って来るらしい。
あとは住吉りをんが4回転トゥーループにチャレンジしてくるか?
そして韓国のイ・ヘインも出てくるみたいだ。








藤原さんのメモリアルライヴ・2023秋。2023/10/21 23:31

夕方からは稲毛へ。


久々に稲毛のライヴハウス「コルトレーン」です。
ライヴハウスに到着する直前から大雨。



今夜は毎度お馴染み、今は亡きジャズサックス奏者・藤原幹典氏の追悼ライヴ。



店に着いたのが夕方6時ちょっと前。
ライヴが7時開始だったのに、こんなに早く来てしまった。

世間がコロナで騒いでいた頃はライヴが夕方6時開始とかが
当たり前になってしまっていて、オイラの身体が未だに夜開始に馴染んでいないらしい。




早く来てしまったので、同じビル内にあるカレー屋「シバ」で夜飯。

ここのカレーは好きだったけど、ここに来て値上がりが続いているらしく
このカレーセットみたいなやつが1980円・・・ちょっと高いな。

今やビンボーなアラフィフなので、そろそろこのお店からは卒業・・・ということで。
今後はビンボー人らしく、近場のすき家あたりに出没しようと思う。

カレー「シバ」さん、今までありがとう。




メシを終えて「コルトレーン」に戻ってくるとメンバーが練習しておりました。

このライヴに来る人はほぼ固定されていて皆顔見知りだし、
座る席までほとんど固定なので、毎度横にいるお客さんと
世間話をしつつ自然に溶け込める雰囲気はいい。



午後7時5分からライヴ開始。ほぼ定刻通りだ。
かつての藤原バンドなら、こんなに時間通りにスタートするなんて考えられなかった。



この時間の正確さはあの世の藤原さんも驚いているんじゃなかろうか。
(↑写真はベースの畠山芳幸さん)



かつての藤原バンドはライヴのスタートが30分程度遅れるなんてフツーで
1時間くらい遅れても「あぁ、ちょっと遅いかな」くらいな感覚だった。
(↑写真はピアノの永井隆雄さん)



二昔前くらいの藤原バンドならライヴ開始時間に店に来てから
近所のメシへ行って、ゆったりとメシを食べて戻ってからでも十分間に合うくらいだった。
(↑写真はドラムの佐々木豊さん)



今日は定刻5分遅れという奇跡的なくらいオンタイムでライヴ開始でビックリ。
まぁ、フツーはこれが当たり前なんだろうなぁ~と思ったりするけど、
本当に藤原さんがいた頃はいろいろとゆったりしていたし、それはそれで良かったなぁ~と思う。



今回のライヴは毎度お馴染みの藤原さんの曲とスタンダードを織り交ぜて
途中で休憩を挟みつつ、一気に9時半頃までライヴが展開された。
(↑写真はトランペットの西尾健一さん)




タッチスプリング、野ばら、張飛・・・藤原さんの名曲はやっぱりいい。
特に「タッチスプリング」の疾走感のあるサウンドは好きだ。
(↑写真はアルトサックスの緑川英徳さん)



緑川ー西尾のフロント2枚の醸し出すサウンドは相変わらずいい。
でもふと藤原さんの野太い!(特にライヴでの)テナーを聞きたくなってしまったりもする。
それも叶わないと分かっていても…だ。



あっという間の2時間半だった。
また年末にライヴをやるらしいので、時間が空いていれば是非参加だ。







電車通勤って大変だ。2023/10/20 23:37

今朝の体重は121.6kg、体脂肪率37.3%、筋肉量72.35kg。

今日は朝07;27に隣の部屋からいつもの乾燥機と思われる低音。(実害30分)



いつもなら8:30から9:00くらいに出掛けるんだけど今日は電車通勤で8時に部屋を出た。



大網駅から徒歩で職場まで。
仕事は10:00から18:00まで。



仕事のあとは社長の奥さんがやっている飲食店でパーティー。
お店の常連さんが次々とやってきた。

先日の宅建の試験で一緒に受験した子もやってきた。
ちょっとだけ宅建の反省会(笑)も混みで飲んだり食べたり・・・。
9時頃まで飲み食いして帰宅。

久々に電車通勤したけど、これは毎日は無理だな。
結構疲れるわ~。

あと大網から茂原だと万が一寝過ごしたら、カッコ悪いし・・・やっぱり無理だわ。











Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索