アクセスカウンター

街って生きているのねん。2017/09/08 12:32

今日は朝から大阪へ向かいます。


今日7月にUSJのチケットが当たったので(当時のブログ
遊びに行くことにしました。


特急サンダーバードに初めて乗りました。


今回は指定席に乗りました。


今回の便は指定席の一番前と後ろの席に
コンセントがついておりました。
(どうやら乗る便によってマチマチらしいです)

オイラは2番目の席だったのでコンセント無しでした。



2時間45分ほど電車に揺られて大阪に到着。


随分、駅からの風景が変わった気がする。


梅田の観覧車も見えます。(↑写真の赤いやつ)


この黄色い蛍光色の案内板は懐かしい。


阪急電車のホームも変わらない。


いきなりUSJに行かずに池田を目指します。
池田には美味しいパスタ屋があるのです。

途中駅の十三(じゅうそう)は何も変わっていない気がする。



池田駅に至っては車窓から見える風景も何もかも変わってない気がしました。


改札を出た所の風景も


駅を出た時の風景も変わらない。


このパチンコ屋も


隣の薬局もあの時のまま・・・


パスタ屋まであと少し。
あの王将の正面にオイラの目当てのパスタ屋・・・



あれっ、・・・・・・・・・・・・・・・ない。パスタ屋が無いよ。

通りを間違えたかなー?と思って見直して見たけど
間違いなくこの通りだ。

正面に王将、真横に自転車屋。
・・・なのにパスタ屋が無い。「アバンティ―」が無い。

たまたま通りかかった親子連れがいたので
話を聞いたところ「昨年の春頃に閉めちゃったの。
美味しい店だったのに残念ね~」って言っていました。


僕は2000年にリストラ出向でこの街の某自動車メーカーの工場で
半年ばかりお世話になったのですが、その時にこの店の
メチャ美味いパスタを頂いた時、余りの美味しさに衝撃を受けました。

僕の中のパスタの概念というか位置づけが変わるくらい
この店のパスタは美味かったのです。
特にホワイトクリーム系のパスタの味は極上。

・・・また食べたいと思ったのに。
前回食べたのが7年前。(当時のブログ
またあの味を頂けると思っていたのにショックです。




それにしても何も変わっていないと思っていた池田も変わっていたとは・・・。

このパチンコ屋も変わってない。
でもイタ飯屋の「アバンティ―」は無くなってしまった。



駅のそばにあった池田の観光案内所を訪ねて
話を聞いたのですが「昨年に店を閉めてしまった・・・」とのことでした。

それにしてもアバンティ―って誰に聞いても知っているのねん。
どれだけここのパスタ美味いかって事だわ。


案内所の横にあるデイリーヤマザキもあの頃のまんまだ。


なのにアバンティ―が無くなってしまった。

街も生き物みたいだ。
何も変わらないように見える池田の街も
小さな変化が起こっているのねん。


あのアバンティ―まで無くなってしまうとは。
池田の街にとっては小さな変化かも知れないけど
その変化は僕がこの街を訪れる理由を消し去ってしまった。


別に池田の街が悪い訳じゃないけど
多分、僕はこの街に来ることは二度と無いと思う。
めちゃめちゃショックだし、時の流れを感じずにはいられない。



腹が減った。

「アバンティ―」が無くなったのは残念だけど仕方ない。
梅田の「北野食堂」でガッツリと昼飯にしよう!

空腹を我慢して梅田まで戻ってきたのに
北野食堂まで無くなっていた。それも昨年無くなったらしい。

北野食堂も2000年の出向の時に
梅田に遊びに行くとガッツリ大盛りの店として有名で
良く食べに行った思い出があります。

一番最近で言えばやはり7年前に
歌手・谷村有美のライヴで大阪に行った時に
食べたのが最後でした。(当時のブログ


あぁ、「アバンティ―」も「北野屋」も無くなってしまった。
寂しいな。本当に寂しい。



腹が減って仕方なくてたまたま昼飯にしたのが
「串焼処・一番鶏」って店でした。


ここの店の「テンカラ定食(890円)」はステキ。
唐揚げがメチャ美味い。

傍から見るとフツーのから揚げ定食ですが
ボリュームが凄かった。


写真だと分かりづらいと思いますが
この写真はご飯を一膳と千切りキャベツとから揚げ数個を
平らげたあとの写真ですがから揚げがまだまだあるのです。

この皿が案外底があってから揚げを5,6個食べても
まだこれだけのから揚げが・・・。

そりゃー、ご飯もお替りしちゃうわけですよ~♪
ちなみにご飯お替りも無料でーす。
(2017年9月8日現在)

この店、店員さんも良さそうだしまた来ちゃうかも。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック