アクセスカウンター

藤原幹典、三回忌ライヴ。2020/03/19 22:19

今朝の体重は129.3kg、体脂肪率37.8%、筋肉量76.3kg。

昨日の夕方から続いた腹痛は見事なくらい無くなった。
深夜までかなりの回数、トイレの住人になっただけのことはある。(笑)

お腹の中もスッキリ!体重も見事に2kg近く落ちていましたとさ・・・。



今日は夕方からおでかけだ。


向かったのが稲毛駅近くの




「コルトレーン」だ。

ここに最後に来たのが2016年の8月らしいから(当時のブログ
もう4年くらいこの店に来ていなかったことになります。

えー、4年も来てなかったかなー?って思うのですが
日記にも書いていないことを思うとそれが本当らしいです。
(↑いまだに4年近くも来ていなかったのが信じられないのですが)



今夜は未だに敬愛してやまない
ジャズサックス奏者の藤原幹典氏の3回忌ライヴ。

一昨年の今頃、この店のマスターから
「藤原さんが亡くなった」とショートメールが届いたときは
ただただ目を疑ったし、(当時のブログ

直後にマスターに直電してお話を聞いた時も悪い夢であってくれと
思ったし、昨年の3月に1周忌のライヴをやるって聞いた時も
「おぃおぃ、ジョークは大概にしてちょーだいな」とも思った。

ただビルの1階にあった看板に
「藤原幹典(ts)3回忌、追悼スペシャル」と
銘打ったタイトルを見て

やはり(この世から)いなくなったのだなと認識した。

・・・と思わせつつ、実はこの店の扉の奥で
藤原さんがいて永井(隆雄)さんと何やらやっているのでは?
と店に入ってみたけど



やっぱりいない。
藤原さんはいなくなったんだとようやく認識できました。

今日は藤原さんがいなくなってちょうど2年。
すでに馴染みのお客さんも来ていてちょっと世間話。


時計を見ると19:20。
ライヴの開始が20:00だからまだ時間に余裕がある。


ライヴハウスと同じビルの1階にあるカレー屋「シバ」さんでカレー。

オーダーしてから30分近く待ってようやくカレーが出てきた。

フツーなら「ライヴ時間になっちゃうじゃないか」とイライラするところですが
藤原さんのライヴが定刻でスタートした事が無いと知っているオイラは
特に慌てることも無く黙々とカレーを食べて悠然と会場に戻っていきました。


想定通り定刻から10分ほど過ぎてからライヴが始まりました。

・・・一曲目、何だっけなー?(汗)
恐らく藤原さんのオリジナルではないことは分かっているのですが・・・。


それにしてもコロナウィルスで大騒ぎの時期に
よくぞこれほどのメンバーが集まったもんだ。

今夜のライヴには藤原さんと縁のある7人の強者が集まりました。


フロントを飾る2人。
アルトサックスの緑川英徳さんにトランペットの西尾健一さん。
ますます演奏も容姿も磨きがかかってるわ~♪

この2人と藤原さんが揃って演じる姿を見たかった。



ギターは成川修士さん。
この人もかつてはライヴ中に藤原さんによくいたずらされていたのを思い出します。

チョイと哀愁のあるエレキ、いいっすね。



ベースは飯田雅春さん。
この人もかつては藤原さんグループには欠かせない人だった。
多分、最後に見てから10年近く経つと思うけど相変わらず若いなぁ~。



ドラムは佐々木豊さん。
あまり写真が取れなくてごめんなさいっ!

暑苦しいくらいのドラムワーク、あざーす!



藤原さんグループと言えばこの人を忘れちゃいけない。
グループでは最年長で藤原さんとは盟友だったピアノの永井隆雄さん。

個性の強いメンバーを適当に、いい塩梅で纏めてましたね~。
さすが永井さんっす。

温和の人柄には似つかないアツいピアノワーク、いいです。

前半の終盤で演じた藤原さんの「タッチスプリング」がいい。
このメンバーのバージョンも悪くない。


前半戦が終わったのが21:00過ぎていたと思う。

休憩中もお客さんとも和気あいあいなメンバーたち。


後半には藤原さんの息子さんの藤原俊さんも登場。
得意のラップでお客さんも盛り上がります。




数年前にもラップを披露してましたが
かなり上手くなっている印象です。

その脇で客席からトランペット演ってる西尾さんが何とも言えないくらいイイ。

俊さんのラップのあとのウォーターメロンマンがまた良かったわ~。
藤原さんが吹くウォーターメロンマンは大好きだけど
このメンバーが演るウォーターメロンマンもいいね。



おっ!とイケない。
藤原さんグループでこの人を忘れてしまうところでした。(汗)

ベースの畠山秀幸さんです。
飯田さんが離れた後は畠山さんがベースをやることが多かったですね。



今夜は藤原さんの3回忌。
もう亡くなってから2年経ったのか。


藤原さんのオリジナルをメインにあっという間の2時間半でした。
終盤の「野ばら」からの「張飛(藤原さんのオリジナル)」、マジで良かったわ~。



あぁ、このメンバーで定期的にやってほしいなぁ~と思うのは
オイラだけだろうか。毎年、この時期にやってほしいなぁ。


メンバーは
永井隆雄(ピアノ)
西尾健一(トランペット)
緑川英徳(アルトサックス)
成川修士(ギター)
畠山芳幸(ベース)
佐々木豊(ドラム)
ゲスト
飯田雅春(ベース)でした。


お疲れさまでした!






お腹痛い。2020/03/18 20:34

朝一の体重は131.1kg、体脂肪率37.5%、筋肉量77.8kg。

昨夜のダウ平均は一時、2万ドル割れもあったものの
最終的に1000ドル超の上げでフィニッシュ。

日経平均も落ち着いた印象。


今日は楽しい認定日。
さっさとハローワークへ行って手続き終了。




その後、元職場の同僚と山武市にあるお店で昼飯。


このローストビーフ丼、美味かった。


帰りついでに某パチ屋でパチスロ。

ニューパルsp2を探したけど無くて
古いニューパルしか設置していないようだ。



仕方ないのでHANABIに挑戦。


1000円で初当たり。
そこからメダルが増えていってプラス22500円プラス。


夕方からプールへ。
本来なら2時間くらい歩こうと思っていたけど腹が痛くて60分で撤退。

ぶっちゃけ山武の店で昼飯したあとから
お腹の調子がイマイチだったけど、プールで歩いていたら腹が痛くなった。

一緒に食べた元同僚に連絡してみたけど
「全然、大丈夫ですよ~」とのこと。

腹痛はオイラだけか。




夜のニュースでWHOの忖度おじさんが「検査!検査!」と大騒ぎ。


それに合わせて世界各国の検査数が出てきたけど
お隣・韓国に比べて圧倒的に少ない。

こんなに少ない検査数で他の国の事を
「あーでもない、こーでもない」と言ったり、
オリンピックは予定通り・・・みたいな発言が許されるのかな~。

日本は「検査体制は一日7000件」「病床も他国に比べて多い」とか
言ってるけど、関係者がやたらオドオドしている様子を見ていると
この辺の数字って本当なのぉ~?って疑いたくなってしまう。

・・・それはともかく腹痛&下痢が酷い。
薬飲んで早く寝ておこう。
ローストビーフ丼はやめておこう。


余談だけど20年ほど前に食中毒を食らったことを思い出した。

かれこれ20年ほど前にリストラ出向で大阪にいた頃に
◎印の低脂肪乳で食中毒を食らったこともあります。

たまたま弁当と一緒に飲んでた低脂肪乳が雪●の大樹工場製で
世間でこの低脂肪乳で食中毒が起きているなんて知らないで

出向先の社員寮のベッドの上で、
「あぁ、吐きてぇ~、この特製カツ丼のせいだ~」などと
のた打ち回りながら騒いでいた自分だったけど

何気に付けたテレビで大樹工場製の低脂肪乳等が
原因の食中毒の事を知ったのは翌日の事でした。

前日に猛烈な吐き気と闘いながら病院も行かずに
大阪にある某自動車メーカーの工場で
夜勤をやった自分を褒めてやりたいと心から思ったものです。

ちなみに一緒の特製カツ丼を食べた仲間には
全く体調の異常が見られず、オイラの食中毒に対しては
カツ丼の関与は一切なかった・・・一方的に責めて御免よ~、特製カツ丼。(笑)

ちなみに国内で戦後最大と言われる食中毒事件(被害者14000人超)の
原因になった低脂肪乳を製造した雪●乳業及び◎印グループは
この食中毒事件を契機に牛肉偽装事件などを経てグループの解体・再編を余儀なくされた事も記しておく。


・・・・・余談が長くなり過ぎた。(笑)





訃報2018/03/22 21:40

夜になって見知らぬ番号からショートメールが届いた。


差出人は千葉の稲毛のライヴハウスのマスターだった。



オイラが敬愛してやまない
ジャズサックス奏者の藤原幹典(ふじわらみきのり)氏が
19日に亡くなったという。



にわかに信じられず・・・と言うか信じたくもない
情報だったのでショートメールの差出人に直電した。


やはり本当だったらしい。


ここ数年、藤原さんはガンと闘いつつサックスを吹いていた。



先日もライヴ日程を伺ったときに
メールが来て「2月は入院、3月から復帰」と
書いてよこしてきたので安心しきっていた。



あぁ、逝ってしまったか。



通夜が24日、告別式が25日だと言う。




あぁ、24日の夜から夜勤とは。


年休はもう2日取っちゃったしなー。
夜勤定時で上がれないかなー。
夜勤で半日年休取れないかなー。


・・・無理か。


あぁ、藤原さんとまたラーメン食いたかったなぁ。
船橋駅前のパチンコ屋で一緒にパチンコやりたかったなぁ。
懐かしい情景が走馬灯のように・・・。

ライヴハウスのマスターと話をしているうちに
そんなことを考えていた。


マスター曰く、遺族の方から
「ファンの方との連絡手段がない。
出来るだけ多くの方に連絡してほしい」と頼まれたらしい。


葬式には行けないのは残念。
せめてホームページを使って情報の拡散は
させていただきます。


藤原さんの葬儀等、日程はこちらから。



藤原幹典inコルトレーン201608272016/08/27 22:55

今日は夕方からジャズサックス奏者・藤原幹典(ふじわらみきのり)氏の
ライヴがあるので稲毛のライヴハウス「コルトレーン」へ。


店に着いたのが夜の7時。
藤原さんのサックスの音が店の外からバシバシ聞こえてきました。

こりゃー、体調が相当良くなっているに違いない。


今夜はピアノにベース、ドラムの4人体制ね。


お店に到着するとサックスの音がますます聞こえてます。


おぉ、藤原さん練習中ですね。


こんにちは!

藤原さんはベースの畠山さんと二人で音合わせ中でした。



まだお客さんが来ていないようだしメシにしちゃいましょう。



今宵も「シバ」に来ました。
イラムティーってお茶を初めて飲みましたがスッキリしていい。
色もほぼ透明で不思議な感じ。


チキンカレー最高。
ここのカレーは体調が悪くても食べられる不思議なカレーなのねん。



メシから戻るとメンバーが揃って音合わせしてました。


音合わせなんだか本番なんだか区別がつかないくらいイイ感じ。


多分8時過ぎてから本番開始。

前半戦は「ドルフィンダンス」や「アメージンググレース」に加えて
自身や永井さんのオリジナルも披露していました。



今日の藤原さん、本当に音がよく出てる。
久々に気持ちいいテナー聴かせてもらいました♪

今だから話しますが昨年末のライヴはガンの手術明けで
ハラハラしながらライヴを見ておりました。(当時のブログ



ドラムの金井塚秀洋さん。

今夜の金井塚さんのドラムは熱かったですね。
今までこんな情熱的でアツいドラム叩いてたっけなぁ~・・・って
思うくらいアツいプレイしてました。

特に後半は良かったです。
これからも藤原グループで頑張ってください♪



ベースの畠山さんは藤原さんとも長い付き合いになってきました。
この人のベースも年々味わい深くなっている気がします。


ソプラノの藤原さんもいい。



ピアノの永井さんは今夜もアツい。
ヒートしてきてピアノを弾く指と一緒に足も跳ねちゃうのがいい。


それにしても今夜の藤原さんは吹きまくっていました。

ライヴ前は
「前半頑張って、後半はチョロっとやって帰るよー。
台風来てるから10時には終わらすよー。(笑)」とか言っていましたが

そんなの全くのウソのようにブイブイ吹きまくっていました。

前半が終わったのが10時過ぎでした。(笑)



一旦休憩の後、後半戦もアツかった。

「りんご追分」も吹いたのですがアレンジがいい。
藤原さんってこの辺のセンスが本当にいい。


永井さんのオリジナルの「DOHJA(ドージャ)」や
自身のオリジナルの「野ばら」などを一気に吹きまくって
ようやくライヴ終了かと思いきや


「えー・・・、張飛(自身のオリジナル曲)!」

まだまだ続行!周りのメンバーが困惑顔をするなか
トコトン吹きまくる藤原さんは最高でした。


この「やりすぎ感」がジャズマン藤原幹典の本領。
・・・これはもう完全復活ですね。


結局、ライヴが終わったのが11時近く。
いやーもうお腹いっぱいなくらい藤原さんのサックスを聴かせてもらいました。
楽しい夜になりました。





チケット、ゲット♪2016/07/23 20:58

朝から全身だるーーーぃ。


昨日の飲み会の帰りに某ラーメンチェーンの
看板の下で居眠りしたのが原因だと思う。


熱を測ったら37.5度。



ダメだー。
本来なら今日はジャズサックス奏者・藤原幹典(みきのり)氏の
ライヴに行く予定だったけどこりゃ駄目だ。


今日は全休っす。


唯一外に出たのが郵便局。



受け取りしたのがこのチケット。



「カーニバル・オン・アイス2016(公式サイト)」のチケットです。


このイベントは「ジャパンオープン(公式サイト)」の
出場者が中心のアイスショーなのです。

ジャパンオープンのチケットは取れなかったけど
このチケットだけでも抑えられたのは嬉しい♪



メンバーもなかなか好メンバー。

日本からは宮原知子、宇野昌麿の二人。
アメリカからはアシュリー・ワグナーにグレイシー・ゴールドに加えて
アダム・リッポンにジェレミー・アボット・・・凄い。

更にヨーロッパからは世界王者のフェルナンデスに
世界女王のメドベデワと来たもんだ♪♪♪

ゲストスケーターに鈴木明子に町田樹だよ~♪
すげー楽しみ。

これはまだ一次発表のメンバー。
まだまだ凄いメンバーが来るかもしれない。
浅田さん来ないかなー。


羽生選手も来てほしいけど無理しなくてもいいぞ~。



チケット見たら「プレミアム席」って書いてあるけど
どんだけ凄いか分らないのでネットで調べてみた。


実は「さいたまスーパーアリーナ」も行った事が
無いのでどれだけ凄いか良くわからんけど
以前行った「スターズオンアイス2014」(当時のブログ)くらいの
距離感かもしれません。



まだ会社には年休申請していませんが
この日はしっかり休ませてもらいます!(宣言!)



夜は録画しておいた大河ドラマ「真田丸」をチェック。


あぁ、秀次死んじゃったよー。(涙)


秀次を演じた新納慎也(にいろしんや)さんの演技は見事。


出てきた当初はただ飄々とした気のいい兄ちゃんみたいな
感じでしたが秀頼の誕生以来、徐々に追い込まれ壊れて行く
悲劇の関白・秀次を見事に演じてくれました。

いい役者さん見っけっちゃったよ♪




↑「装甲騎兵ボトムズ」サントラより。






装甲騎兵ボトムズBGM集Vol.1

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード:

完治したっ!2016/06/18 20:05

今日は朝から素晴らしいニュースが飛び込んできた。

20年以上ファンさせてもらっているジャズサックス奏者の
藤原幹典(ふじわらみきのり)さんからメールが来た。

実は藤原さんは昨年からガンを患っていて
昨年末のライヴもガンの手術明けでの強行ライヴでした。

普段はライヴに姿を現さない奥さんや息子さん達も
かけつける中で行われたライヴは悲壮感を超えた何かが
存在する不思議な雰囲気のライヴだったことを覚えています。

そんな藤原さんからメールが届いたのですがその内容が

「検査の結果、ガンは無くなりました。完治しました。
奇跡です~。これから、バリバリ吹きます。  よろしくお願いします」(原文まま)

うひょー♪ガンが直った、直った♪藤原さんは不死身じゃ~♪
藤原さんは不死身だと思っていましたがやっぱり不死身じゃ~♪



朝からハッピーな知らせについつい飲んでしまいました。
どうせ今夜から夜勤だしいいか~♪

・・・と思ったら自転車仲間のリーダーさんから電話。


メシ食うべーと言うのでリーダーさんのクルマで楓林(ふうりん)さんへ。
以前、「華楓林」という店がありましたが引っ越ししたみたいです。

                                         
        
担々麺が目玉らしいっす。


ようやく入り口発見。


今回は冷やし胡麻担々麺を頂きました。
味はチョイと物足りない。何だか冷やし中華っぽいです。
あと残念だったのが一緒に食べた餃子でした。

羽付き餃子か~・・・と思って頂きましたが
ちょっと油っぽいだけで味が残念。

ただリーダーさんが食べていた土鍋麻婆豆腐はグッド♪(一口頂きました)
案外、麺類よりもおかず系のほうがいいのかな~?


早めの昼飯をしてから一眠りして
寝起きの体重は129.5キロ。体脂肪率40パーセント。
血圧161-95。脈65。


テレビをつけたら何と!AKBの総選挙やっているじゃありませんか~!
てっきり明日かと思っていたのですが今夜だったのねん。

今夜から夜勤なんで最後まで見れませんが途中まで見ておこう。


17位は最後の総選挙と臨んだ1期生・峯岸みなみ。
僅か60票差で選抜メンバー(16位以内)を逃すとは・・・最後まで残念。
ライザップまでやって頑張ったのにねぇ~。

僅か60票差で16位・選抜入りを果たしたのが
「にゃんにゃん仮面」こと小嶋陽菜。
残った1期生2人が選抜を争うとはすっかり世代交代も進んだという事か。

ところであのマヌケな寸劇は何ですか~?(笑)
何とゲストに大島優子まで使って超ゆるゆるの素人芝居が
小嶋陽菜らしいと言えばらしい。

最後はしっかり卒業を発表しました。
スポーツ新聞でも「卒業」を報じられる中での発言で
大注目でしたがやっぱり卒業か・・・。

ここでまたドタキャンも面白いかなぁ~と思っていましたが
本人としても潮時を感じたのでしょう。

AKBの中での小嶋さんの存在って超がつくほど異端で自由人で
面白い人でもありました。傍から見るとチョイとおバ○さんな印象ですが
相当計算も出来る人なのかなと思います。

この人の卒業って昨年の高橋みなみ以上に
AKBの世代交代を感じさせる出来事に感じました。
ただ本人曰く卒業時期は未定らしいのでしばらくは楽しませてくれそうです。

15位以降は見知らぬ子が続々ランクイン。
必要以上に挨拶が長すぎ。

・・・ええぃ!

ついついチャンネル変えてNHKの「ブラタモリ」見ちゃいました。(笑)

どうせ録画もしてあるし明日じっくり見ることにしましょう。



藤原幹典in「コルトレーン」201512262015/12/26 21:29

今日は夜勤明けで軽く仮眠してから稲毛へGO~!


JR稲毛駅近くにあるライヴハウス「コルトレーン」で
あのお方のライヴがあるのだ。


その名も藤原幹典(ふじわらみきのり)さん。

確か1991年か92年くらいに職場の同僚に誘われて
下北沢のライヴハウスで藤原さんのテナーサックスを
聴いて感激してからファンになりました。

まさか25年も聞き続けるとは思いませんでしたが
これも何かの縁なのかもしれません。


今日は年末ライヴと言うこともあってお客さんは多かったです。
まだ本番前みたいなので腹ごしらえです。


夜飯は毎度お世話になっている「SHIBA(シバ)」さん。


ここのカレーは身体が欲しがる不思議なカレー♪


夜の7時過ぎからライヴ開始。
「オーバーザレインボー」、「枯葉」、「ウォーターメロンマン」などの
スタンダードや自身のオリジナルの「張飛」などを披露。


序盤は音が出てなかったなぁ~って印象。
なぜなら今回のライヴは手術明けのライヴでした。

「ちょっと練習足りなかったな」とライヴ後の藤原さんの弁。

その後、ベースの畠山さんのオリジナルのあたりから
藤原さんのサックスにも勢いが出始めました♪


途中、20分ほど休憩を挟んで・・・


後半は息子さんたちも飛び入りでどんちゃん騒ぎ。
息子さんたちも大きくなったなぁ。


最後は藤原さんのオリジナル「のばら」でフィニッシュ!
藤原さんはソプラノもやるけどやっぱりテナーの方がいいなぁ。

そんなことを思わせてくれる夜でした。
次のライヴでは序盤からブイブイとテナーを吹き鳴らしてほしいぜぃ。





藤原幹典In「稲毛コルトレーン」201408092014/08/09 22:33

夜勤明けで軽く仮眠してから稲毛へ。


今夜はジャズサックスの藤原幹典(ふじわらみきのり)さんの
ライヴが稲毛のライブ喫茶「コルトレーン」で行われるのだ。


前回見たライヴが2月だから約半年ぶりだ。
2,3か月くらい前かなーって思っていたけどもう半年過ぎていたのねん。
(2月22日のライヴの様子はこちらで)


多分8時開演だけど6時半頃には店に着いてしまった。
とにかく早く店に来て良い席をゲットしたいのです。
一番乗りだったので一番前の席をゲット。

藤原さんは開店前の店内でウォーミングアップ中。
客が店に入っても黙々とサックスを吹いておりました。
開演前から藤原さんの集中力は凄い。


ここで下手に声を掛けるのは失礼なので
しばらくの間、藤原さんのウォーミングアップの様子を見ておりました。


ウォーミングアップを終えた藤原さんがオイラに気づいて
「おっ、元気~ぃ?」って、いつもの挨拶をしてくれました。



ライヴは長丁場なので夜飯を済ませておきます。
稲毛駅そばにあるカレーの名店「シバ」で夜飯です。


ここカレーは美味いマズイの域を超えたところにあります。
不思議と身体が欲してしまうカレーなのです。


メシから戻ると他のメンバーが集まり始めていました。
マイペースに音合わせです。


待ちきれないのでビール飲んじゃいました。


最後に到着したのがドラムの紺野さん。
台風の影響を考慮して下道を通っても渋滞だった・・・との事。
時間に間に合ってよかった。



予定通り8時(だったと思う)にライヴ開始。
一曲目は「On Green Dolphin street」。

この曲って誰の曲なんだろう。
藤原さんが吹くとこれがまたイイのだ。

藤原さんたちが許可してくれるかはよく分らんけど
ライヴの様子をビデオに撮って動画サイトにアップしたいくらいだ。
この曲の出来は最高だ。


2曲目「サマータイム」では一変して藤原さんがメンバーを放置。
ラスト近くまでメンバーの好きに演らせていた。

自分も吹くけどメンバーにも好きにやらせる・・・藤原さんらしい。


3曲目は自身のオリジナル「イーストウィンド」。
藤原さんのソプラノは余りにも心地よくて眠くなってしまう。

夜勤明けにはキツイ一曲だ。(苦笑い)


前半最後の5曲目も自身のオリジナル「張飛」。
このアルバムが出た頃の藤原さんは大酒飲みのサックス吹きでした。
まさしく三国志に登場する張飛みたいな・・・。

今じゃ、すっかりお酒は控えめな藤原さんですが
テナーサックスだけは元気一杯。
この曲も好きだなぁー。



ここで休憩。


藤原さんを含めて台風の動きが気になっているみたい。
ただ今夜はまだ大丈夫っぽい。

後半もがんばりましょー。


後半の一発目は藤原バンドに欠かせない
莫逆の友・ピアノの永井さんオリジナルの「リトルカクタス」。


2曲目は藤原さんのオリジナル「野ばら」。
この曲に関しては藤原さんが吹きまくっていました。



それ以降は藤原さんはバンドのメンバーに軽くイタズラしてました。
一番の被害者はギターの成川さんかもしれない。

ドラムの紺野さんにヒソヒソ・・・したと思ったら
急にテンポが変わって成川さんビックリみたいな・・・。

成川さんの「なぬっ!」みたいな顏は見ていて面白かったけど
それに動ぜず上手く合わせる成川さんは流石っ!って思った。



後半はアンコール(自分でやった?(笑))の「A列車・・・」でフィニッシュ。




今回のライヴではビール2杯とウーロン茶と
ポッキーを頂きました。カロリーはよく分りませーん。
(一日総摂取カロリー2090+αキロカロリー)


今夜は
ピアノ・永井隆雄
ギター・成川修士
ドラム・紺野智之
ベース・川本悠自
サックス・藤原幹典・・・でした。


お疲れ様でした~。





藤原幹典inジョアン201402222014/02/22 20:57

今夜はジャズサックス奏者・藤原幹典氏のライヴが
JR都賀駅そばにあるライヴハウス「ジョアン(公式サイト)」にて行われました。


店についたのが7時頃。
ウォーミングアップでもやっていたら・・・と思って店を覗くと


もうウォーミングアップ終わっていたみたいです。


今夜のライヴはサックス、ピアノ、ベース、ドラムの4人構成。
ドラムの金井塚さんは初めて見る人だなぁ。楽しみ。


夜の8時過ぎくらいにライヴスタート。
一曲目はウェインショーターの「リンボー」。


カボスハイ飲みながらまったり・・・。


ピアノの永井さんのオリジナルの「リトルカクタス」では
ソプラノサックスに持ち替えてブイブイ吹いておりました。


川本さんもベースもいい。(↑写真)
ドラムの金井塚さんの写真ですが座席の位置の影響で
いい写真が一枚も撮れなかったので・・・また次と言う事で。(汗)


前半は永井さんのオリジナルなどを含めて6曲吹きまくりです。


前半が終わって休憩に行くのかなと思ったら
藤原さんはそのままお客さんとトークに突入。

藤原さんは10年ほど前に脳梗塞を患ったのですが
当時の事をいろいろ話してくれました。

話を聞きながら藤原さんが入院した当時の事を思いだしていました。
病院までお見舞いに行った時にほとんど言葉が出なかった
藤原さんの姿を見て衝撃を受けた日の事を。

脳梗塞の影響で今も喋りはやや不自由な藤原さんですが
時間の経過とともにかつての「寒いオヤヂギャグ」もカマすように
なってきてホッとする今日この頃です。


お客さんとのトークで休憩時間無しで
藤原さんの後半戦スタート。


メガネを外すのを忘れての一曲目は「Moanin'」。


ピアノの永井さんとのコンビネーションも良し。


後半は自身のオリジナルの「野ばら」や「イーストウィンド」を
含めた6曲を絶妙な緩急をつけて吹きまくっておりました。

お疲れ様でした~♪


ライヴの後もいろいろお喋りしていたら終電ギリギリになってしまった。

今夜もよく飲み食いしたなぁ。
カロリーは良くわかりませんのぉ。
(一日総摂取カロリー1794+αキロカロリー)



藤原幹典inコルトレーン2013/12/28 20:15

がっちりメシを終えて再びお店へ。

今夜はジャズサックス奏者・藤原幹典(ふじわらみきのり)氏の
年末恒例の年越しライヴなのです。

店に入るとフルメンバーで音合わせしてました。
もうライヴが始まったかと思ってしまうくらいの迫力は相変らず。


音合わせを終えて一息。
左はドラムの紺野智之氏、右はベースの川本悠自氏。

ピアノの永井さんは藤原さんとの付き合いは長い。(←ダジャレじゃないのよ~)
夜はピアニスト、昼間は歯科医師なんですよ~。

バンドメンバー揃ってお客さんの横で軽く打ち合わせです。

すぐ横でオイラはビール飲んじゃいました♪

いよいよ年越しライヴスタート。
前半は主にバンドメンバーの楽曲を演奏しておりました。

元気なテナーサックスは藤原さんの特徴の一つだ。
仲間の曲も藤原さんはテナーでブイブイ吹きまくる。

藤原さんのオリジナル曲「EAST WIND」では
テナーからソプラノサックスに持ち替えて・・・。

あまりに心地いい曲だったもので・・・5分ほど寝落ちしました。(汗)
たまに藤原さんのサックス聴いているとヤラかしてしまうのですが
今夜もヤラかしてしまいました。

・・・本人の目の前で。(汗×10000)

途中で休憩を入れて後半戦へ。

オイラはこの店に来るとついついポッキーをボリボリしてしまう。
この店に来るとバドワイザーとポッキーとは友達になってしまう。
店のマスターもオイラを「ポッキーの人」ってイメージで覚えてくれているらしい。
以前のように頻繁に店に通っていれば名前も覚えてくれると思うけど
最近は年に2回くらいしか来なくなったから仕方ないか。

後半戦はウォーターメロンマンでスタート。
オイラは藤原さんが演奏するウォーターメロンマンは好きだ。

でも今夜はちょっと迫力不足だなぁ。
普段ならもっとブイブイ吹きまくるイメージがあるのだが・・・。

ベースの川本さんは最近の藤原バンドには欠かせない。

成川さん(写真・手前)のエレキ、いい音出してるなぁ。
ドラムの紺野さん(写真・奥)もがんばっておりました。

あと「Recado Bossa Nova」も良かった。
藤原さんが演ると凄く良く聴こえてくる。何だかジーンと来た。
特に今夜のRecado Bossa Novaは最高だった。


藤原さんの「莫逆の友」とも言えるピアノの永井さん。
時に優しく、時に激しいピアノで藤原さんを支える大切な人だ。

ラストは「Round About Midnight」。
ライヴ中のMCで「60になりました~」って・・・えっ60!

藤原さん60になったんですか~!?ビックリこいた。


藤原さんと知り合ってから20年以上経つから
もうそんな年になってもおかしくは無かったのですが
実際に60って聞くとちょっとビックリしますね。


藤原さ~ん、来年もブリブリ・・・激しいテナーと
囁くような優しいソプラノの2本立てで宜しくお願いします♪

面白い夜だった。


ちょっとバドとポッキーやりすぎた。
多分1000キロカロリーはやっていると思う。
(一日総摂取カロリー4173キロカロリー)




Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索