アクセスカウンター

歩けたよ~。2017/09/10 03:30

今日(9日)は夕方からバスで片町へ。


前回からおよそ3か月ぶりに片町のスナックへ。
フィギュアスケート好きな姉さんとフィギュアスケートの話題で。

今夜のトークのテーマはやはりフィギュアスケート。
来年には平昌五輪も行われることもあって話題は
グランプリシリーズとファイナル出場者は誰だ?って話がメイン。

今年のグランプリシリーズは10月下旬のロシア大会からスタート。
ロシアーカナダー中国ー日本ーフランスーアメリカの6戦が行われます。

1選手につき最大2試合参加できて6戦終わった時点で
順位によって獲得したポイント上位6人が12月に行われる
グランプリファイナルに出場することになります。


まずは男子から。(↑表のメンバーは主だった選手だけ。)
基本的には今年の春の世界選手権のファイナリストの6人が
順当にファイナルに行くのかなーって思っています。(表の上6人)


昨年までグランプリファイナル4連覇中の王者・羽生選手は
2015-16シーズンで世界記録を連発した
ショート「バラード第1番」とフリー「SEIMEI」の最強コンビで挑むようです。

当然、羽生選手は今シーズンはショートで4回転ループを入れたり
フリーではループを含む4回転5発最強装備の「五輪連覇バージョン」で
ファイナル5連覇・五輪連覇に偉業を目指すと思われます。

これだけを聞くといかにも「羽生選手が連覇確定」みたいな
印象を持たれかねないのですが「相性のいいプログラム」で
オリンピックシーズンを過ごす・・・ここに「穴」が潜んでいる気がしてならないのです。

ソチ五輪後の羽生選手は常に安住せずに戦い続けてきました。

2014-15シーズンではグランプリシリーズ中国杯で起こってしまった
衝突事故を乗り越えてグランプリシリーズ連覇。

2015-16シーズンは前シーズンで果たせなかった
「ショートプログラム・フリープログラムの完全ノーミス演技」を果たし
見事に2度の世界記録更新とグランプリシリーズ3連覇を達成。

2016-17シーズンでは4回転ループを史上初めて成功させ
グランプリシリーズ4連覇したことに加えて今春の世界選手権のフリープログラムで
世界記録を更新し3シーズンぶりに男子シングル世界一の奪取に成功しています。



ショートプログラムもフリープログラムも年々プログラムの強度を上げ、
ソチ五輪時、ショートで1本、フリーで2本だった4回転の本数も
昨シーズンはショート2本、フリーで4本(内後半2本)跳ぶようになりました。

昨シーズンからは4回転ループを跳ぶようなり
今春の国別対抗戦ではフリーの後半で4回転ジャンプを3本跳び、
今シーズンやるであろう「フリーで4回転5本」にメドを付けました。


ソチ五輪後の羽生選手は「世界最強の負けん気」で
常に挑戦を続けてフィギュアスケートの
絶対王者として男子シングルを引っ張り続ける存在になりました。

確かに今シーズンのプログラムも甘いものではありません。
ショートに4回転2発、フリーでは5発、計7発の4回転を跳ぶもので
世界最高クラスの難度のプログラムになりますが

慣れ親しんだ「ショパン」と「SEIMEI」をベースに行う事で
羽生選手に「心の隙」が出来やしないかと不安になったりするのです。



そんな王者・羽生選手に対して
それを上回るかも知れないポテンシャルを秘めた若者が二人現れました。
(↑上の表は有力選手の4回転ジャンプの習得具合です)

1人目は日本の宇野昌麿選手。
昨シーズンは羽生選手が跳ばない4回転フリップを史上初で成功させ
シーズン中盤からは羽生選手の得意技・4回転ループも習得してしまいました。

今春の世界選手権では優勝した羽生選手のおよそ2点差の2位になりました。
昨年の世界選手権で羽生選手と30点差以上も離されていたと思えば
その急成長ぶりはまさに脅威。

更に今シーズンは4回転ルッツも視野に入れているとの報道もあり
今シーズンは「いよいよ逆転?」と思わせる雰囲気はムンムンしているのです。




もう一人がアメリカのネイサン・チェン選手です。

昨シーズンの全米選手権は衝撃でした。
何と!フリープログラムでルッツ・フリップ・サルコウ・トゥーループの
4種類の4回転ジャンプを5本決めてしまったのです。

あの映像を見た時はアゴが外れそうに・・・って位の衝撃でした。

ネイサン・チェン選手は全米で優勝した勢いそのままに
今春の四大陸選手権では羽生選手を破って優勝してしまいました。

今春の世界選手権のフリープログラムでは
転倒はあったものの4回転を6本跳んでました。

これはオイラの予想ですがこの恐るべき18歳は
きっと4回転ループを跳んでくると思っています。
アクセル以外の4回転ジャンプを全て習得して今シーズンに臨んでくるはずです。

そうなってくると男子シングルのトップ争いは超熾烈になってくると思っています。

男子シングルの上位陣はそれほど変化はないと思いますが
6人の順位の入れ替わりは多く起こると思っています。


4年前、ソチオリンピックシーズンに羽生結弦が
当時の王者パトリック・チャンに果敢に挑んで行って
グランプリファイナルで王者を破ってその勢いでオリンピック王者になりました。

4年後の平昌オリンピックシーズンに王者・羽生結弦が
別の選手に王者を明け渡すことがあってもおかしくはないと思うし
歴史は繰り返す可能性も高いと思っています。

宇野昌麿とネイサン・チェンは覚えておいて損はないと思います。


その他ではジャンプの安定感を増した中国の金博洋、
前年の世界王者ハビエル・フェルナンデス、
4年前に羽生と死闘を演じた元王者パトリック・チャンも侮れない存在です。


今年ジュニアからシニアに昇格した次世代を担う
ビンセント・ゾウとチャー・ジュンファンの滑りも注目で。



続いては浅田真央が引退してしまって残念感マンマンな女子シングル。
(↑これ以外にも多数選手が出場しますが有力どころはこの辺りかと)

女子は女王・メドベデワを始め
カナダのケイトリン・オズモンドとガブリエル・デールマンの二人
アメリカのアシュリー・ワグナーとロシアの新星アリーナ・ザギトワ。

この5人はグランプリファイナル行きの有力候補だと思います。

日本からも多くの選手が参加するようです。

本来であればファイナル行きの有力候補の日本女王・宮原知子ですが
昨年故障した股関節の骨折からの復帰が遅れているようで
グランプリシリーズには参加するものの「全日本選手権への調整」の位置づけとのこと。

日本の女王・宮原知子ですが本当に試練のシーズンになりましたね。



メディアの注目は今春のジュニア世界選手権で準優勝した本田真凛や
四大陸選手権優勝の三原舞依など次世代に注目されているようです。

本田選手は力みの無いジャンプや表現力の高さなど
シニア顔負けのスペックの持ち主ですがオイラが気にしているのは
ズバリ!「スタミナ」です。

今シーズンからシニアに昇格した本田選手ですが
シニアのフリープログラムは演技時間が今までの3分30秒から4分に延びます。

昨シーズンの戦いぶりを見ているとややスタミナに難があるように
思える本田選手の戦いぶりに注目したいと思います。特にフリーに注目です。

これがクリアー出来ているなら本田選手の目標である
「オリンピック出場」も叶うかもしれません。


今春の国別対抗戦でフリーの日本記録を更新した三原選手も
強いと思いますがあの大会に限ってはスコアがかなり「盛られていた」気もしていて
実際はどうなんだろうなぁ~と思うところもあります。

ただジャンプは安定しているし今の日本のメンバーの中で
一番安定を感じるのは三原選手です。



残念ながら浅田選手も村上(佳菜子)選手も引退してしまいました。


そんな日本選手の中でオイラが一番注目しているのが樋口新葉選手です。

昨シーズンの樋口選手はジャンプが抜けたりするミスを連発。
今春の世界選手権でも得点源のジャンプの抜けで順位を落とし、
来年のオリンピック出場枠「3→2枠」に不本意な貢献をしてしまいました。(当時のブログ

ただしその後に行われた国別対抗戦で別人のような
・・・というより本来の樋口選手が戻ってきたような見事な演技をしました。

これには裏があったようで、この国別対抗戦の直前に
スケートの靴とブレードを両方とも別のメーカー品に切り替えたのが
功を奏して国別の好演技に繋がったというのです。

なるほど~と感心すると同時にあの国別の公式練習中に
トリプルアクセルを着氷するなど好調だったのはそれだったか!と
納得もしたわけです。

最近、CSで放送された荒川静香氏のトーク番組で
その事実を知って女王宮原がいないなら「樋口新葉だっ!」と思ったわけです。

樋口選手は元々ジュニア時代に現世界女王のメドベデワと鎬を削っていた間柄。
そういった事もあって意識が高いせいか、ややビッグマウス的な発言で
アンチも多い樋口選手ですが今シーズンは期待できると見ます。




2時間ほど店に滞在して店を出たのが12時頃。

当初は「近くにあるネットカフェで泊まろうかなー」と思ったのですが
ちょっと雰囲気が良くなさそうだし、入会金取る店らしい。

これはダメだなーと思ってネットカフェは断念しました。

タクシーも考えましたが前回片町から帰った時に6000円近く
取られた事もあって「歩きながら考えよう」って事にした。




最近、金沢や片町で思うのが
「何でネットカフェが無いんだろう?」って事。

金沢ほどの駅だったらネットカフェの一軒や二軒あってもおかしくないのに
不思議なくらい駅周辺にネットカフェが無い。

それを言うと片町にもまともなネットカフェが無い。
一軒あったけど雰囲気も良くなさそうでどうもいけない。

金沢駅周辺にしても片町にしても
ネットカフェがあったら儲かるだろうなぁ~と思ってしまう。



ラウンドワンが見えてきた。
ここら辺が一番精神的にきつかったと思う。

ただ7月に部屋から片町の洋食屋まで10kmほどを歩いたことも
あったので(当時のブログ)「案外、行けるんじゃねーかな」という思いもあった。



しばらく歩くとネットカフェが見えてきたけど
ここら辺まで歩いていくと「ここまで歩いてネットカフェするのも勿体無い」と
思うようになっていた。


あそこを左に曲がれば国道8号だ。


いよいよ国道8号。


たまに使わせてもらっているネットカフェも見えたけど
ここで休憩したら確実に寝てしまうと思って回避。


でも残り3kmを切ったあたりの吉野家で休憩だ。
ちょっと腰が痛くなってきたのと腹が減ったこともあって
腹ごしらえがてら休憩だ。



久々に吉野家に寄ったけど相変わらず牛丼は美味いなぁー♪

店で30分ほど休憩してから部屋に戻ったのが午前3時半。
休憩入れて片町から3時間半で帰宅した。

10kmくらいだったら何とかなるもんだなぁ~って思った。
ただちょっとだけ股ズレしてて風呂に入ったらヒリヒリした。





今頃「LA LA LAND」観ました。2017/09/09 10:53

昨日は初めてのUSJを体験して
大阪・梅田のDVD鑑賞屋で一泊。

目が覚めたのが朝5時前。
中年になると目覚めが早いのだ。

金沢行きの特急は発車は8時過ぎ。
ちょーヒマだ。

昨夜は夜飯食べてシャワー浴びてそのまま爆睡・・・してたけど
よく考えたらこの店はDVD鑑賞屋だ。

DVD借りてみよー。

ただこういうDVD鑑賞屋ってほとんどがエッチなDVDばっかりだけど
一般作品もそれなり数があったので見てみると・・・


あるじゃなーぃ。まともなDVD♪
今回は劇場で観損ねた「LALALAND」を観ることにしました。

これ面白い!

「LALALAND」はエマ・ストーン演じる女優の卵と
ライアン・ゴズリング演じるピアニストの恋愛を描いた映画でした。


まずは音楽とストーリーの絡み具合がいい。
「雨に唄えば」とか「レ・ミゼラブル(2012)」並みにいい。
本当に音楽の使い方が絶妙。

本編冒頭の「Another Day of Sun」は元気が出るし
「Mia & Sebastian's Theme」は主人公の二人、ミアとセバスチャンの出会いの曲で
終盤にもこの曲が流れるけど本当に切なくなってしまいました。(オイラはこれが一番好き)

「A Lovely Night」はグリフィスパークの坂で二人で踊る曲。
多分5分くらいのシーンだけど1カットで撮ってるところが凄いわ~。

セバスチャンが歌う「City of Stars」は切ないし・・・って
二人で歌う「City of Stars」は物凄く自然な二人の表情が良くて
映像としての出来もいい。

ミアが歌う「Audition」には圧倒されたし他にもいい曲が多いのですが
ネタバレになりそうなのでやめときますが本当に音楽の使い方がいい。
これ書いていたらマジでサントラが欲しくなってきた。

この映画はエマ・ストーンとライアン・ゴズリングしか
印象に残らない不思議な映画です。

エマ・ストーンって初めて見ましたがあの目力は強力ですね~。
あの笑顔は・・・惚れてまうやろってくらいにいい。

あとライアン・ゴズリングって何処かで観たことがあると思ったら
「ラースとその彼女(2007)」に出てた人だったのね~。(当時のブログ
あの映画は上映館が少ない映画だったけど今でも印象に残ってます。


いや~、これは劇場で観ておくべき映画だったかもしれません。
久しぶりに劇場で観なくて後悔した映画に出会えましたよ。




ちょうどDVDを見終えたら朝の7時。
店を出て大阪駅に向かいましょう。


金沢行きに特急サンダーバードは8時10分発。


まだ時間があるのに弁当買っちゃった。
・・・待ちきれなくて食べちゃった。(笑)


来たよー、サンダーバード。


今回はグリーン車ざんすよー。


3列シート。
もちろんオイラは1列の方。(笑)


最寄り駅の松任まで2時間45分程度の旅でしたが
シートの具合が余りにも良くてほとんど寝てました。

ただ残念なのはコンセントが無い事。
便によってはコンセントがあるらしいのでその辺は良く調べておこう。

多分、来月に二人組ユニット「moumoon」のライヴが
大阪であって、再びサンダーバードのお世話になりそうなので・・・。




街って生きているのねん。2017/09/08 12:32

今日は朝から大阪へ向かいます。


今日7月にUSJのチケットが当たったので(当時のブログ
遊びに行くことにしました。


特急サンダーバードに初めて乗りました。


今回は指定席に乗りました。


今回の便は指定席の一番前と後ろの席に
コンセントがついておりました。
(どうやら乗る便によってマチマチらしいです)

オイラは2番目の席だったのでコンセント無しでした。



2時間45分ほど電車に揺られて大阪に到着。


随分、駅からの風景が変わった気がする。


梅田の観覧車も見えます。(↑写真の赤いやつ)


この黄色い蛍光色の案内板は懐かしい。


阪急電車のホームも変わらない。


いきなりUSJに行かずに池田を目指します。
池田には美味しいパスタ屋があるのです。

途中駅の十三(じゅうそう)は何も変わっていない気がする。



池田駅に至っては車窓から見える風景も何もかも変わってない気がしました。


改札を出た所の風景も


駅を出た時の風景も変わらない。


このパチンコ屋も


隣の薬局もあの時のまま・・・


パスタ屋まであと少し。
あの王将の正面にオイラの目当てのパスタ屋・・・



あれっ、・・・・・・・・・・・・・・・ない。パスタ屋が無いよ。

通りを間違えたかなー?と思って見直して見たけど
間違いなくこの通りだ。

正面に王将、真横に自転車屋。
・・・なのにパスタ屋が無い。「アバンティ―」が無い。

たまたま通りかかった親子連れがいたので
話を聞いたところ「昨年の春頃に閉めちゃったの。
美味しい店だったのに残念ね~」って言っていました。


僕は2000年にリストラ出向でこの街の某自動車メーカーの工場で
半年ばかりお世話になったのですが、その時にこの店の
メチャ美味いパスタを頂いた時、余りの美味しさに衝撃を受けました。

僕の中のパスタの概念というか位置づけが変わるくらい
この店のパスタは美味かったのです。
特にホワイトクリーム系のパスタの味は極上。

・・・また食べたいと思ったのに。
前回食べたのが7年前。(当時のブログ
またあの味を頂けると思っていたのにショックです。




それにしても何も変わっていないと思っていた池田も変わっていたとは・・・。

このパチンコ屋も変わってない。
でもイタ飯屋の「アバンティ―」は無くなってしまった。



駅のそばにあった池田の観光案内所を訪ねて
話を聞いたのですが「昨年に店を閉めてしまった・・・」とのことでした。

それにしてもアバンティ―って誰に聞いても知っているのねん。
どれだけここのパスタ美味いかって事だわ。


案内所の横にあるデイリーヤマザキもあの頃のまんまだ。


なのにアバンティ―が無くなってしまった。

街も生き物みたいだ。
何も変わらないように見える池田の街も
小さな変化が起こっているのねん。


あのアバンティ―まで無くなってしまうとは。
池田の街にとっては小さな変化かも知れないけど
その変化は僕がこの街を訪れる理由を消し去ってしまった。


別に池田の街が悪い訳じゃないけど
多分、僕はこの街に来ることは二度と無いと思う。
めちゃめちゃショックだし、時の流れを感じずにはいられない。



腹が減った。

「アバンティ―」が無くなったのは残念だけど仕方ない。
梅田の「北野食堂」でガッツリと昼飯にしよう!

空腹を我慢して梅田まで戻ってきたのに
北野食堂まで無くなっていた。それも昨年無くなったらしい。

北野食堂も2000年の出向の時に
梅田に遊びに行くとガッツリ大盛りの店として有名で
良く食べに行った思い出があります。

一番最近で言えばやはり7年前に
歌手・谷村有美のライヴで大阪に行った時に
食べたのが最後でした。(当時のブログ


あぁ、「アバンティ―」も「北野屋」も無くなってしまった。
寂しいな。本当に寂しい。



腹が減って仕方なくてたまたま昼飯にしたのが
「串焼処・一番鶏」って店でした。


ここの店の「テンカラ定食(890円)」はステキ。
唐揚げがメチャ美味い。

傍から見るとフツーのから揚げ定食ですが
ボリュームが凄かった。


写真だと分かりづらいと思いますが
この写真はご飯を一膳と千切りキャベツとから揚げ数個を
平らげたあとの写真ですがから揚げがまだまだあるのです。

この皿が案外底があってから揚げを5,6個食べても
まだこれだけのから揚げが・・・。

そりゃー、ご飯もお替りしちゃうわけですよ~♪
ちなみにご飯お替りも無料でーす。
(2017年9月8日現在)

この店、店員さんも良さそうだしまた来ちゃうかも。




バイキング経由水汲み。2017/09/04 15:56

今日は11時近くまで部屋でゴロゴロしてました。

昨日の新潟遠征のダメージがなかなか抜けておりませんでした。


そんなオイラに職場の同僚が「野菜食いませんか?」ってラインが来た。

「野菜?」って戸惑ったけど行ってみることにした。
同僚と向かったのは金沢にある「野ふうど(お店サイト)」っていう
地元の食材を使ったバイキング屋でした。



千葉にあった「はーべすと」に似た感じ。


野菜も多く摂ったけどそれ以外も多く摂りました。
腹八分目くらいかなー。



メシの後は同僚が「水汲みしたい」というので
一緒に水汲み所まで行ってみた。


ちょっと神聖な雰囲気。


ポリタンクに水を汲んで食事とかに使うみたいです。


井戸を覗いてみました。


水綺麗だわ~。


近くの野菜売り場にいた猫たち。

せっかくまったり寝ていたのに驚かしてごめんして~。



〆はレバニラ炒めじゃ。2017/09/03 20:46

長岡駅からは特急しらゆきに乗車。


このデザインも悪くない。


左側の座席に座ってまったりしていると
右の座席からカメラのシャッター音が聞こえてきた。


やたらカシャカシャやるので何だろう?と思ってみると
そこに見えたのは日本海だった。これは綺麗だ。



ただ右側の座席は直射日光を避けるためか
ほとんどの窓にカーテンが掛かっていたために写真は撮れない。


仕方なく連結部の窓から数枚写真を撮ってみた。
沈みゆく太陽と海・・・いいね~♪



あ、直江津だ。

直江津と言えば2011年に自転車で日本海to太平洋の走ったときに
スタート地点として設定したのが直江津でした。(当時のブログ

あの時はスタート前日までいい天気でしたが
その後は雨が多かった記憶があります。(当時のブログ

東京に来た時なんか台風がやってきたり(当時のブログ
自然の恐ろしさを感じた旅でもありました。





今日は一日いい天気で良かったよ~。


上越妙高から金沢まえは新幹線。


フィニッシュは北陸本線で松任に到着。


部屋まで歩いているとお腹が減ってきた。
居酒屋もいいけど身体が受け付けなさそう。

そんなオイラの視界に中華料理屋がっ!



レバニラ食べたーぃ。
この店、案外美味い。このレバニラも良かったね~♪

夜9時帰宅。
寝るべー。




初めての新潟競馬2017/09/03 15:20

ようやく新潟競馬場に到着。

JRAには北から
札幌・函館・福島・新潟・東京・中山・中京・京都・阪神・小倉と
10の競馬場がありますが今回の新潟はオイラにとって7つ目の競馬場になりました。

残るは函館・福島・小倉の3場のみ。
生きている間に全制覇してみたいものです。


話がやや逸れてしまいましたが今日は新潟開催の最終日。
石川に来た時に「新潟競馬は経験しておきたい」とずっと思っていたので
今日来ることが出来て本当に良かった。


おぉ!スタンドが見えてきた。


入場料は100円らしい。


入りまーす。


うわぁ、グルメも楽しみだわ~♪


早速パドックへ。
この競馬場は札幌などのローカル同様に
パドックのそばに飯を食える場所があってオイラは好きだなぁ。



パドックに到着して数分して新馬戦に出走する馬達が入場してきました。
ギリギリで間に合って良かったわ~。


今回注目したのが
12番のササノユキオルフェって馬。(父オルフェーヴル×母ハッピーリクエスト)

5月に行われた千葉セールで(当時のブログ
オルフェーヴルっぽい馬体を見てチェックすることにしたのです。


それにしても新潟、お客さんが多いですわ~。
さすが開催最終日だけありますな。



歩様も落ち着いていてイイ感じ。


鞍上は三浦皇成騎手。
頑張って欲しいですね~。


ササノユキオルフェ号は12番なので縁起を担いで
12番売り場に行って見ると横にポスターが貼ってありました。

何と!ポスターの馬はササノユキオルフェの父のオルフェーヴル。


これは何かの縁だ!と思って
トータルで4000円買ってしまいました。



5番人気で出走したササノユキオルフェ号ですが
スタートでの出遅れと直線での伸びを欠いて15着。
何と!デビュー戦はビリになってしまいました。

次はもっといいところ見てみたいぜぃ。


今回の新潟はあの新馬戦だけ見たかったので
その後は競馬場内をフラフラしていました。



入場口近くのグルメを楽しみましょう。


この牛串ですが550円はちょっと高いんじゃないの~って
思ったのですが食べてみたら美味い!

肉がメチャ柔らかくて・・・美味かったわ~♪


これはたれカツ丼(大)。
さっぱり甘めのタレがかけてあるかつ丼。

サラッと食べやすい丼でしたね。


その後、8レースで気になる馬を発見。
14番のヒルダって馬でした。

クラス落ちした前走・前々走で1番人気に支持されながら敗退。
今回は馬体も絞って・・・案外勝負気配じゃねーかと思って
買ってみましたが惨敗。


今日は本当に勝負運無いわ~。



芝生席が気持ち良さそうです。


オイラも横になってみました。


仰向けになって暫く寝ちゃいました。


暫く休んだあとに日本一長い新潟の直線を見てみました。


上の写真はこの辺から撮影しましたが
本当に直線が長く感じました。

まるで東京競馬場の直線にもう一つ競馬場を
くっつけた位に長く感じました。

アイビスサマーダッシュ(新潟特有の直線1000mだけのレース)は
見応えあるんだろうなぁ~って思いました。



あと新潟競馬場に来て「子供が多いなぁー」って印象を持ちました。

スタンド前を含めて芝生のスペースが多いせいか
ゴール板前とは逆の芝生スペースで多くの親子連れが
まったりしている様子が見られました。


芝生も多いし子供が遊べるスペースも多かったですね。



今までJRAの競馬場を7か所見ましたが
新潟競馬場ほど子供が多くてまったりしている競馬場は初めてでした。
これはこれでいいのかなーって思いました。


今日のメインレースは新潟記念(GⅢ)。
一応、4番ロッカフラベイビーの単・複を買っておきましたが・・・


見事に惨敗。

最終レースまで粘る気もおこらず
とっとと帰ってしまうことにしました。

馬券ではいいところ無しでしたが
地に足のついた落ち着いた雰囲気の新潟競馬場っていいなーって思いました。






夜勤でもイケるね。2017/08/26 18:43

今夜は初めて夜勤で自転車通勤やってみた。


明日の朝の天気の崩れも無さそうだし
自転車に乗ってみることにした。

先日の花火大会(当時のブログ)における
夜のツーリング経験も今回の夜の自転車出勤を後押しした。



夜勤の定時がいいなーと思ったけど
いきなり夜勤の残業明けで帰宅。

思ったより体力の消耗感も無くてイイ感じかも知れない。




「週刊少年ジャンプ展」も見たよ。2017/08/15 19:30

「ユーリ」のイベントを終えて外に出たけどまだ雨降ってました。


時計を見るとまだ夕方5時前。
お次は森ビルに行くことにしました。


ここに来たのは約2年ぶり。
前回来たのは「機動戦士ガンダム」のイベントだった。(当時のブログ


今回は「週刊少年ジャンプ」展だ。


どうやらジャンプは今年で創刊50周年を迎えたらしい。


会場には今までジャンプの表紙を飾ってきた名作だらけ・・・。

「北斗の拳」「リングにかけろ!」「Dr.スランプ」「ドラゴンボール」など
数えきれないくらいの名作たちと共に少年ジャンプの歴史を
楽しむことが出来ました。

客層ですが、さっきの「ユーリ」は99%女性でしたが
今度のジャンプ展は男子60%、女子40%って感じでした。


原画や映像など「これでもかっ!」ってくらいのボリュームは
さすが少年ジャンプだわ~と思ってしまいました。

ちょっとマイナーかもしれないけど「ウィングマン」や
「テニスボーイ」「ブラックエンジェルズ」などの懐かしい漫画の
原画を見れたのは良かったかも。

あと意外だったのが「はだしのゲン」もジャンプで掲載されていたのねん。


うわぁ~、これも懐かしい。
少年ジャンプと言えば消費税が導入されていない
170円の頃が一番記憶に残っているかも。


今回のジャンプ展はVol.1らしくて
既にVol.2の予告まで張り出されていました。


会場を出ると夜景が・・・綺麗だなぁ。

時計を見ると夜の7時ちょっと前。


いい時間潰しになったわ~。
とりあえず東京に向かいますか~。



これじゃ「おばけキノコ」だよ。2017/08/11 14:41

七尾美術館で愉快なイベントを楽しんで帰路につきます。


いつもの帰り道を走っていると「カフェマダムルロワ」を発見。

デザートしちゃいましょー♪


イチゴのケーキをパクリ♪


ここのアイスは好きなのだ~♪

前回来た時は店の人にチョコレートをかけてもらいましたが(当時のブログ
今日はオイラがチョコをかけてみることにしました。


カッコよくチョコレートをかけたつもりが随分センスがありません。(泣き笑い)

これじゃまるでドラクエに出てくる「おばけキノコ」みたいです。(笑)
これだったらお店の人にかけてもらった方が良かったかな。

とは言えアイスの味が落ちる訳でもない。
美味しく頂きましたよーん。



部屋で一旦休憩してから夜になってプールで運動。

明日は夜勤だ~。


松本零士・牧美也子 夫婦コラボ展2017/08/11 13:20

今日は朝から七尾へ向かいました。


部屋を9時に出てのんびりとクルマで100分走ったら目的地に到着です。


七尾美術館で行われている
「松本零士・牧美也子 夫婦コラボ展」を見に来たのです。


オイラは子供の頃から「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」など
松本先生の作品を観て育った良くありがちな中年オヤヂだ。
(↑いまだに実家に置いてある999関連の書籍たち)

松本先生絡みのイベントがあると聞くと
ついつい出かけてしまうのです。

「999」絡みだと3年ほど前に新宿で劇場版の「999」を2作連続で
鑑賞したのが懐かしく思い出されます。(当時のブログ



先月上旬に近所のスーパーで行われたイベントは(当時のブログ
無料だったとは言え残念過ぎるイベントで悲しくなってしまいましたが
今回のイベントはどうだろうか。

800円の入場料を取るくらいだから少しはマシな
イベントであることを祈りたい。


会場に入ると松本先生の看板とライヴペイントがお出迎え♪

・・・いきなりいいですね~♪
これは期待できそうです。

*ちなみにブログに載せてある写真は
全て撮影可能エリアで撮影したものです。


このイベントは大当たり!でした。
館内には主に松本先生関連の作品の原画、セル画、ポスターなどが
数多く展示されておりました。


このイベントは人気作品の資料だけでなく
漫画家として初めて賞を獲った作品や子供の頃描いたものなど
松本先生の誕生から今に至るまでの様々なものが展示されていました。


グッズコーナーも充実してました。
いろいろ買いたいものもありましたが買ってしまうと
際限が無くなりそうなのでここは我慢しておきました。


入場記念も貰ったポストカード。味わい深いですね~。


あとこのイベントは「夫婦コラボ」のイベント。
(↑写真は入場記念に頂いた牧美也子さんのポストカード)

僕は今まで松本先生の奥さんの事は知りませんでしたし
ましてや奥さんの牧美也子さんが漫画家であることも知りませんでした。

それも初代のリカちゃん人形のイラストも担当したという
相当レジェンドな人だったようです。




あとこのイベントで面白そうだったのが「なりきりコーナー」と
呼ばれるコスプレゾーンでした。

何と!「銀河鉄道999」で登場する
メーテルや車掌さんの衣装を着て自撮りできたりするスペースで
みんな楽しそうに衣装を着て盛り上がってましたよ。

僕も車掌さんの衣装着てみたかったのですが
サイズが小さくて・・・(でなくてオイラが超デブで)着る事が出来ませんでした。


メーテルの衣装は人気で当時ファンだったと思われる
女性二人組がメーテルの衣装着て「カツラ持ってきた方が良かったね」とか言って
メチャ盛り上がってましたね~。・・・気持ちわかる気がする。



なりきりコーナーにはこんなものまでありました。
こっちの方もコアな方々が盛り上がってましたね。



コスプレしてこのパネルで記念撮影される方もいました。
色々見ていたらあっという間に2時間ほど滞在してしまいました。




お腹が減ったので美術館内にあるレストランで昼飯にしました。


このレストランもイベントやっていたみたいで
このブラックカレーは「ブラックホール」って名前が付いていました。(850円)


ちなみにこのフロートは「ギャラクシーソーダフロート」。(550円)


何と!カレーとソーダフロートを注文したら
好きなコースターを2枚プレゼント!してもらいました。

いろいろ悩みましたがメーテルとハーロックのコースターをゲット♪



この充実ぶりで入場料800円は安いですわ~。
コスパは最高ですね。

ちなみにこのイベントは9月18日までやっているようです。
気になったら行って見ると面白いかも・・・です。



食事を含めて2時間半ほど滞在してしまった。
外はめちゃ暑いわ~♪