アクセスカウンター

宇野昌磨、引退するらしい。2024/05/09 22:53

今朝の体重は126.1kg、体脂肪率37.3%、筋肉量75kg。


朝のニュースを見ると為替に振り回されている日銀総裁が
場合によっては利上げしちゃうかもよ~とか言っているらしい。

金融機関の犬みたいな人だから
早々に利上げ又は実質的に利上げをしてしまうような気がする。



その後、パン屋へ。
今日は休みだけど雨がパラついたりして1日部屋でゴロゴロしておりました。
それにしても今日は肌寒いなぁ。



昼過ぎにフィギュア関係でニュースが飛び込んできた。
早速、石川時代にフィギュア関係を話を良くしていた御仁からもLINEが飛び込んできた。



夜のニュースを見ると政治資金規正法改正に向けて
自公が話をしたらしいけど、内容がふんわりし過ぎていて良く分からない。

結局、何も変えたくない人たちなのねん。
オイラは自民党が言い出した収支報告書のオンライン化だけを注目して見ておこう。
未だにこんなことをオンライン化出来ねぇ奴らがAIとかほざいたところで無理だしね。



実質賃金のマイナスが常態化しているっぽい。
こんな状態が続いているのに金融緩和の解除をしちゃった日銀総裁ってヤバい人な気がする。



あと超ヤバいと思ったのがこれ。
駆逐艦のドローン撮影した動画がネット上に拡散されちゃっているらしい。
どんだけ日本って間抜けなんだよ。

今回はドローン撮影だったけど、
これがドローン攻撃とかテロとかだったら・・・と思うとゾッとする。
ジャミングとか何も対応してなかったって言う事実が怖すぎる。

あと嘆かわしいのが事実の確認に1か月以上も時間を費やしちゃったこと。

白昼堂々と軍事施設でドローン撮影を許しちゃうような国を
アメリカを含めて世界が信用するとは思えない。
平和ボケも大概にしてほしいと思う。



今日1番悲しかったのがこのニュース。
フィギュアスケートの宇野昌磨選手が引退を発表したらしい。

先日、スポンサーをしてくれているトヨタとの契約を解除するって
話題が出ていたから「あぁ、引退かな」とは思っていたけど・・・。

羽生結弦やハビエル・エルナンデス、ネイサン・チェンらのレジェンド達と
闘いを繰り広げながら五輪では3つのメダルを獲得(団体含めて)。

レジェンド達が去ったあとは男子フィギュア界を牽引、
昨年まで世界選手権を連覇するなど常に世界のスケーターから目標とされてきた。

そんな男もいよいよ潮時を感じてしまったか。
めちゃめちゃ残念だけど、長い間マジお疲れさまでした。


今後は鍵山優真がエース。
2番手以降を三浦佳生、佐藤駿、山本草太、友野一希らが争う形になりそう。
昌磨が引退したことで、これらの選手は活性化するだろう。

来シーズン(24-25シーズン)は五輪のプレシーズン。

来年の世界選手権は26年の五輪の出場枠もかかる重要な闘い。
鍵山がある程度頑張っても2番手以降の選手が足を引っ張ったら
五輪の出場枠が減ってしまうリスクもある。

来シーズンも色んな意味で目が離せない。









4回転の神、降臨。2024/03/25 22:34

今朝の体重は123.4kg、体脂肪率37.9%、筋肉量72.7kg。



朝のニュースを見るとiDeCoの掛け金拠出が5年延長?
ただでさえ65まで生きていれるか?分からないのに70歳って・・・厳しいわ~。



仕事は10:00から18:30。
今日はWebの修正。ほとんどゴルフ会員権絡みの修正。



部屋に帰ってニュースを見れば自民党の二階爺さんが
次の衆院選には出ないらしい。もう年だしね。(笑)

それにしてもキシダ総理はなんやかんやと安倍派と二階爺さんを潰した。
なにやら気持ち悪さすら感じる。
麻生さんと「大宏池会」・・・そして日本潰しを推し進めるのかな。



ニュースを見た後に昨日録画しておいたフィギュアスケートの
世界選手権の男女フリープログラムをチェック。

まずは女子から。

上位陣の前にショートでダメだった日本女子2人から見てみた。
千葉百音はループの転倒が残念。最後のレイバックスピンはマジで綺麗。
吉田陽菜はトリプルアクセルは見事。ただ後半のルッツでの転倒は残念。

2年後、坂本花織や三原舞衣がいるかは分からない。
この2人には更なる奮起を・・・と思ってます。

ただこの2人が7,8位になったことで来年の世界選手権の出場枠「3」を確保。
(*同じ国の選手の上位2人の合計順位が「13」以内で3枠確定。
今回は1位の坂本花織と7位の千葉百音の合計順位が「8」)


3位に入ったのは韓国のキム・チェヨン。
彼女らしい安定感のある演技。ノーミス演技で去年のリベンジを果たした。
恐らくスタミナ面で不安はあったんだろうけど最後までしのぎ切った。

彼女は今、韓国選手の中で一番安心して見ていられる。
2年後の五輪に向けて韓国は彼女が中心になっていくのかな。


ショート5位だった韓国のユ・ヨンはジャンプのミスで沈んだ。
もうトリプルアクセルは跳ばないのかな。
フツーのスケーターになってしまった感じ。


坂本花織はショート4位から逆転優勝!日本人初の3連覇だ。
世界選手権を3回勝つだけでも十分に凄い。
あの浅田真央だって3回勝ったけど、連覇は出来なかった。

坂本選手は3連覇。お見事ざんす。
五輪でメダルも取ったし世界選手権を連覇・・・選手としては十分な戦績。
モチベーションの維持が大変だったんじゃないかな。

そんな中、よくぞ勝ち切ったと思う。
でもジャンプ構成は退屈そのもの。これは坂本選手だけじゃない。
ほとんどの女子スケーターが同じ事が言えます。


ロシアが間抜けな戦争なんてやっちゃうから
当り前のように4回転を跳ぶロシア女子が国際試合に出なくなって、
女子シングルでは一気にリスクオフの流れが主流になってしまった。

かつてのキム・ヨナみたいなダブルアクセルとルッツトォーみたいな
退屈過ぎる時間を我慢しなくてはならない時代がやってきてしまった。

どいつもこいつも・・・特にショートプログラムでは同じように
①ダブルアクセル
②ルッツorフリップのソロ
③ルッツorフリップからのコンビネーションばっかり。

選手によって跳ぶ順序が違うだけ。
ジャンプを跳ぶ前から何を跳ぶか?あらかじめ分かってしまうのだ。
吉田陽菜みたいにトリプルアクセルを跳んでくれる選手がいると嬉しくなる。

・・・おっと、愚痴っぽくなってしまった。

ショート2位のイザボー・レビトはフリーもノーミスで銀メダル。
ショート・フリー会心のノーミス演技。これは本人も嬉しかろう。
そんな彼女の演技で一つ注文があるとすればジャンプ直前の姿勢だ。

あの前屈み過ぎる姿勢はどうかと思う。
とても美しさを感じないし、違和感すら感じてしまう。



ショート首位だったルナヘンドリクスは自滅、表彰台を逃した。

冒頭のルッツトォーでトゥーループが2回転になった時点で
プレッシャーで固くなっているいるなぁ~と感じたし、
坂本花織の優勝を確信してしまった。


同じくショート3位のイ・ヘインも沈んだ。
ショートがあれだけ良かったので、こりゃ復活かな?って思っていたけど
急にあんなに崩れちゃうって・・・残念。


女子シングルは坂本花織が日本人選手初の3連覇。

来シーズン以降、紀平梨花あたりがアクセルや4回転を引っ提げて
見事に復活ロードを歩んでくれることを心から祈っているぜぃ。
そうでないとフィギュアの女子シングル見てても退屈でアクビが出ちゃうぜ。






さて次は男子フリーだ。
男子はリスクオフ志向全盛の女子とは対照的に
ジャンプの革新が続いていて怖くなるくらいだ。

リスクをとって4回転を3発以上跳んで、それもノーミスで跳ばないと
世界を獲れないという超リスクオンな時代になっています。


まずはジャンプのミス連発でショート19位のアダム・シャオ・イム・ファが凄かった。
ジャンプはノーミス。4回転はルッツ、4-3のトゥーループ、サルコウと
トゥーループのソロ・・・4回転4発をサラリと・・・凄い。

ノーミス演技で本人の気持ちが高ぶってしまったのか
コレオシークエンス中に禁止技のバックフリップをブチかまして、
2点減点を食らっていましたがトータル3位で表彰台・・・ジャンプのスペックがヤベーよ。


日本の三浦佳生はジャンプのミスで沈んだ。

4回転4発搭載のプログラムで挑みましたが
冒頭のループ、3発目のサルコウで転倒・・・これは残念。
2年後の五輪にはいてほしい選手なので技の精度を上げてほしいっす。


世界選手権3連覇を目指した宇野昌磨は4位。
冒頭のループと得意のフリップでミス・・・これで3連覇は潰えた。
その後は落ち着きを取り戻したけど後半の3連でお手付き・・・。
スピン・ステップが全てレベル4だっただけに・・・厳しい闘いだった。

演技後は何だか脱力感のある笑顔が印象的。
まさかここで引退なんて言わないでしょうな~。
もう暫く「壁」になってほしいなぁ~と思う。



鍵山優真は自身初の4回転フリップ成功で2位。
冒頭のサルコウは軸がやや傾くもしっかり着氷。
2発目に4回転フリップを決めた!完璧じゃん♪

惜しかったのは後半のトリプルアクセルでの転倒。
着氷直後にステン!って転んでしまった。
ただその後は集中を切らさずにやりきった!見事だわ~。

着実にジャンプを増やして4回転の本数も増やして・・・。
この分なら来シーズンの4回転4発も視界に入れたんじゃないかな。
来シーズンは日本のエースとして更なる高みへ行ってくれそう。


ブッチギリで優勝したのは4回転の神・イリア・マリニン。
冒頭は予想通り4回転アクセルを決めた!続くルッツはまるで3回転のように
軽々と跳んでくれた。次のループもサルコウも4回転なのに3回転みたいに跳んだ。

化け物か・・・。

前半4本の4回転で優勝が見えた感じがした。
後半は4ルッツ―オイラー3フリップをサラリとやった。
続いては4-3トゥーループ。4回転ばかりで体力もギリギリなはずなのに・・・。

4回転6発をノーミスでブチかまして最後に繰り出したのが
3ルッツー3アクセル・・・クレイジー!!!

ルッツからのシークエンスで2つ目にダブルアクセルっていうのは
よく見る光景だけど、2つ目にトリプルアクセル持ってくるってクレイジーだよ。

かつて羽生(結弦)プロがバックアウトカウンターから
ほぼ助走の無いトリプルアクセルを跳ぶ姿にクレイジーって思ったけど、
今回のシークエンスの2つ目のトリプルアクセルもかなりクレイジー。

それも4回転6発跳んだあとにやることなの?(驚き)
結局、ノーミスでの神演技をやりきってしまった。
イリア・マリニンって、マジで4回転の神だ。神が降臨した。

このフリーの演技は既に伝説レベルじゃなかろうか。

フリー227点台はネイサン・チェンを超える歴代最高スコア。
トータルスコアも333点台という鬼スコア。
・・・こりゃ、ヤベーぞ。

マリニンが圧倒的なスコアでの優勝が決まった直後の
鍵山優真と宇野昌磨の呆れたような表情が印象的。


こりゃ、次の五輪までマリニン一強が続くような気がしてしまった。
フリーを見ていた時は「これがマリニンの完成形」とか思っていたけど、
あの4回転の数々を見ていたら、まだまだ進化するような気がしてきた。

マリニンのフリーで4回転6本の演技を見てしまったから思うけど、
来シーズンにはフリーで6種類の4回転を跳んでしまうのでは?
4回転ー4回転のコンビネーションを跳んだりするのでは?

マリニンはそのうち5回転ジャンプも飛んでしまうんじゃないかって思います。
今日はフリーはある意味伝説になると思うけど、来シーズン以降、
もっともっと凄いものをみせてくれるような気がしてなりません。

鍵山優真が4回転フリップを綺麗に跳んだこと自体は本当に素晴らしいし、
来シーズンに繋がっていくと思うけど、マリニンの成長が
来シーズン以降も続くような気がして・・・どうなっちゃうんだろう?来シーズンは。

とにかくマリニンも鍵山優真もアダム・シャオ・イム・ファも昌磨も
みんな来シーズンもケガをしないで頑張ってほしいって思いました。






僅差だ。2024/03/22 22:02

今朝の体重は124.3kg、体脂肪率37.9%、筋肉量73.2kg。



録画しておいたニュースを見るとyoutubeが音楽生成AIを開発。
鼻歌のメロディをサックスの音に転換&伴奏まで付けてくれるらしい。



先日、ロケットの打ち上げをミスっちゃったスペースワン。



スペースワンの社長は「ロケット開発は官主導から民主導・・・」って言ってた。

この社長さん、経産省出身だよね・・・。(笑)
でもどんな経歴だろうが、金を集めてロケット飛ばしてくれるなら頑張ってほしいかな。




仕事は10:00から18:00。
今日はWebやら郵便局までお使いやら・・・。



夜はフィギュアスケートの世界選手権をチェック。
今夜は男女のショートプログラムだ。

女子はルナヘンドリクスが首位スタート。
2位がアメリカのイザボー・レビト、3位が韓国のイ・ヘイン。

上位3人はみんなノーミス。
ヘンドリクスのコンビネーション、2つともタノジャンプだったし、
イザボー・レビトは久々のノーミスで笑顔満開だし、
イ・ヘインもノーミスの会心の演技にニヤケが止まらないし。(笑)

坂本花織は僅差の4位。
スコア差は3点余り・・・全然、フリーで逆転圏内。
上位4人はフリーが終わらないと全然分からない。

世界選手権初出場の吉田陽菜と千葉百音はミスが響いで出遅れ。
来年の世界選手権出場枠「3」を確保する意味でもフリーで巻き返してね~。




女子も僅差なら男子も僅差だ。
とりあえず昌磨が1位、2位鍵山、3位マリニン。

フランスのアダム・シャオ・イム・ファはジャンプのミスで大崩れ。
韓国のチャ・ジュンファンも同じく・・・。
三浦佳生も残念なショートになってしまった。

ただフリーの結果でどうにでもなりそうだし、巻き返しもありうる。
個人的にはイリア・マリニンがフリーで4回転を何本跳ぶのか?が気になる。
オイラは4回転6本やってくる気がする。もちろんアクセルを含めてだ。

ショートの得点差はほとんど無いに等しい。
マリニンが4回転を5発くらいサラッと決めたら楽勝な気がする。
あとは鍵山優真が4回転フリップに挑んでくるか?も注目してます。







日本勢、凄いなぁ。2024/03/17 22:41

今朝の体重は123.9kg、体脂肪率37.2%、筋肉量73.85kg。


今日はZwiftと洗濯。



そして業務用スーパーで買い物。



タコハイの素があったので買ってみた。



昼過ぎからタコハイの素の強炭酸割りを飲みながら
録画しておいた番組をまとめてチェック。

ISUのスケーティングアワードもチェック。
吉田陽菜が最優秀新人賞を受賞したのをはじめ、
最優秀コーチには濱田美栄コーチが受賞。

濱田コーチは中野園子、ステファン・ランビエールを抑えての受賞だ。

最優秀スケーターはイリア・マリニンに奪われはしたものの、
ノミネートされた3人のうち2人が日本の宇野昌磨と坂本花織っていう・・・。

日本勢、本当に頑張ってるわ~。





TARAKOさん。2024/03/09 22:17

今朝の体重は124.2kg、体脂肪率38%、筋肉量73.05kg。


今日は午前中は知人宅でドローン飛ばしたんですが
飛ばし始めから風が強くなって5分ほどで中止。

設置してたコーンが倒れるくらいの風になって着陸が大変だったわ~。




その後、買い物してから



久々にプール。



プールのあとに血圧測定。

1回目158-97。脈58。
2回目151-97。脈57。
3回目149-93。脈57。

相変わらず高いわ~。



プールのあとは鉄人。


黒酢酢豚をオーダー。



大網の豆腐屋を経由して帰宅。



部屋に戻って先日録画しておいたフィギュアスケートネタの番組をチェック。
北京五輪の時にドーピング疑惑でアウトになっちゃった
ロシアのカミラ・ワリエワについての番組でした。

北京五輪の頃に比べて、年齢的なところもあってか、かなりふっくらした印象。
身体がふっくらしたせいか、まるでジャンプに精彩を欠いていました。
もうこのままフェードアウトかな。



それ以上にショックだったのがトゥクタミシェワ選手についてでした。

ロシアが間抜けな戦争を引き起こしたことで
フィギュアの国際大会からロシアが除外されていて
かつて世界最強だったロシア女子のフィギュア選手を見なくなりました。

ロシア国内で一所懸命フィギュアを盛り上げようとしているらしいけど、
結局、国際大会に出場できない事で選手達のモチベーションの維持には
つながらず、トゥクタミシェワ選手が第一線から身を引く流れになったらしい。

あぁ、残念。
プーチンが不毛な戦争オッ始めたせいでマジでロクなことになってないわ~。




夜のニュースを見ていたら声優のTARAKOさんが亡くなったという。
昨日の鳥山先生のニュースに続いて・・・なんてこったい。

まる子ちゃん、次誰がやるんだろう。
どちらにしてもロスが解消されるには時間がかかりそうだ。








Everlasting332024/03/06 22:29

今朝の体重は123.5kg、体脂肪率37.9%、筋肉量72.75kg。



昨夜録画しておいたニュースをチェック。
情報流出が多すぎなLINEヤフーに行政指導。

もうネイバーと縁切らないとダメよね~。



スーパーチューズデーが始まったけど、アメリカのメディアは
「歴史上、最も結果の予測がしやすいスーパーチューズデーになる」との事。



この数字は興味深い。
アメリカも無党派層が多いのね。

そんな無党派層の64%がバイデン爺さんが嫌い。
そんな無党派層の59%がトランプ爺さんが嫌い。
多くのアメリカ人も2人の爺さんにウンザリしてるのね~。



昨日、給料日だったので仕事前に大網の千葉銀で通帳記帳。

仕事は10:00から18:00。
今日はひたすら新しい物件のWeb作り。
最近はWebの仕事も増えてきていい感じ。

ぶっちゃけ、不動産とか会員権とかあんまり興味が沸かない。
やっぱりWeb作っているときは面白い。
もっとWebの仕事が増えるといいなぁ。



仕事を終えて夜のニュースをチェック。


スーパーチューズデーは下馬評通り、トランプ爺さんの圧勝だった。
14勝1敗・・・わかっちゃいたけど、圧倒的だ。



ただトランプ爺さんはこれからも裁判だらけ・・・その結果次第ではどうなるか分からない。


ニュースを見た後はadobeの無料カレッジのライヴ授業。



その後、LINEを見たら(浅田)真央さんがまた新しいショーをやるらしい事を知った。

「Everlasting33」(公式サイト
今回のショーの期間は2週間ほど。
キャストは田村岳斗、柴田嶺、今井遥ら、前作「BEYOND」のメンバーがそのままみたいだ。

スポンサーもそれほど付かないっぽいからチケット代もそれなりに高い。
S席25,000円か~・・・ビンボーなオイラには出せないなー。
特典付きのローズシートは35,000円、これは絶対無理だわ。


とりあえず第一希望はA席(15,000円)、第二希望はB席(12,000円)ってことで・・・。
チケットが取れるかは分からないけど、取れたら立川まで行くことにしようっと。








W優勝。2024/02/04 22:39

今朝の体重は123.2kg、体脂肪率37.2%、筋肉量73.4kg。


今日は昼までゴロゴロ。
昼飯は茂原市内にある「大和屋食堂」。


今日は豚肉ヒレ焼肉定食。(税込み900円)



大和屋食堂からしてみれば値段が高い部類の定食。
適度な厚みの肉、適度に焼き加減・・・美味いぜぇ~。



その後、プールへ。


プール後の血圧測定。

1回目159-90。脈65。
2回目158-93。脈65。
3回目151-89。脈65。

最近、血圧が高めだ。
酒を飲む機会が多くなっているからかもしれない。




部屋に戻ってから録画しておいたフィギュアスケートの四大陸選手権をチェック。

今回はフリーして放送してくれないらしい。
ショートはフジテレビのBSのみ・・・勘弁してくれよ~って思う。
別に深夜の放送でもいいから、しっかり放送してほしいなぁ~。

今までは(浅田)真央さんとか羽生プロがいたから
当り前のようにゴールデンでフィギュアを見れたけど、これからは・・・悲しくなるなー。

・・・話が逸れたけど、結果を見ると男女でW優勝だ。

女子は千葉百音がショート・フリーでトップをキープ。
見事に四大陸選手権初制覇。
去年のグランプリシリーズの頃が信じられないくらい安定しててビックリ。

2位は韓国のキム・チェヨン。
全体的に安定してたけど最後のジャンプでミスっちゃったのは残念。

3位の渡辺倫果はフリーでトリプルアクセルを決めた!
文句なしの最高のジャンプだった。
でも他のジャンプでのミスが残念過ぎる。

7位の三原舞依は足の調子が良く無いんじゃないかな。
ちょっと精彩を欠いていた。
来シーズンに向けてしっかり足を直して欲しいかな。

昨年、優勝したイ・ヘインはボロボロ。
完全に調子を落としている感じ。
でも油断していると世界選手権で爆発するかもしれんし、要警戒だ。



男子は鍵山優真がシニアで初の国際大会優勝だ。
あと特筆すべきは今までフリーで4回転2本だったけど、3本に増やしてきた。
・・・それも4回転フリップを搭載してきたぞ♪

残念ながら着氷は決まらなかったけど、世界選手権に向けて楽しみが増えた。
フリーで4回転フリップをミスしてもフリーで200点越え、
ショート・フリーで300点越え!・・・こりゃ、ガチで世界選手権が楽しみになってきた。


2位の佐藤駿は4回転ルッツの精度が上がってきた。いいぞ~♪
恐らく4回転フリップとかをやり始めたのがいい影響を与えているような気がする。
佐藤駿はここで今シーズン終了だけど、来シーズンが楽しみになった。

3位は韓国のチャ・ジュンファン。
ブライアン・オーサーから離れて初めてのシーズンだけど、
今一つ調子が上がってこない。ジャンプのミスが多くて見ていられない。

4位は山本草太。
ジャンプのミスでスコア伸びず。史上初の表彰台独占ならず。
草太選手も今シーズンはこれで終了。来シーズンも頑張ってちょ~♪


その他で気になったのがカザフスタンのミハイル・シャイドロフ。
4回転のルッツもフリップもサラッと飛んでおったわ。
世界選手権出てくるのかな?注目です。




これで四大陸も終了。
残りは来月に行われる世界選手権のみ。
世界選手権はキチンと放送してくれるのかな?フジテレビ。






3連覇andMore・・・。2023/12/24 22:29

今夜はフィギュアスケートの全日本選手権の女子フリーをチェック。


まずは第1グループでは大庭雅が先頭バッター。
冒頭はサルコウ―トゥーループのコンビネーション。
2つ目が両足着氷。一つ目のサルコウが高さのあるいいジャンプだっただけに残念。

続くループ2発のコンビネーションも強烈もその後、前半のフリップで転倒。
後半はシンドイはずだけど、サラリーマンスケーター大庭雅はメチャ笑顔。
コレオシークエンスでの笑顔は凄すぎ。

28歳サラリーマンスケーターは21位フィニッシュ。
ここ数年、大庭選手は出てくるたびに再年長スケーターとして盛り上がるのよね~。
来年も是非・・・出てこれるかは分からないけど出て欲しいわ~。



2年ぶり出場の白岩優奈はスタミナ切れでスコアも伸びず22位フィニッシュ。
久々の全日本と言うこともあってか、後半はスタミナ切れが顕著になってしまった。
3年前の全日本では9位をマークしていて調子が戻れば・・・とは思う。




第2グループには住吉りをんと樋口新葉の岡島コーチの門下2人がおりました。

ショート17位の住吉りをんは盛り返して10位フィニッシュ。
大技4回転トゥーループは転倒。コケ方が酷かったのでケガとかしてないか
心配になりましたが無事に最後まで完走。

順位は盛り返したとはいえ、本人は納得する訳はない。
来シーズンは4回転トゥーループの精度をもっと上げて欲しいぞ~。



樋口ワカバは自身初の全日本2ケタ順位(12位)。
冒頭はトリプルアクセルに挑んだけど見事とに転倒。
その後は立て直しを図るも、ジャンプのスッポ抜けがあったりしてスコアは伸びず。

こんなもんじゃないだろう。
来シーズン以降の再ブレークに期待します。



続いては第3グループ。

松生理乃は不完全燃焼の17位フィニッシュ。
冒頭のループはしっかりも続くルッツで転倒。
ジャンプのミスが響いてスコアは伸びず・・・。

グランプリシリーズでも表彰台に立つほどの実力の持ち主。
柔らかなジャンプ、軸の綺麗なスピンなどはトップクラスの美しさを持ちながら
なかなか結果に出せないのは本当に残念。

彼女の氷上での佇まいの美しさは日本一・・・と思っているのはオイラだけかな。



青木祐奈は9位フィニッシュ。
ジャンプでちょいちょいミスはあったけどスピン・ステップは全てレベル4。
3連コンボの最後でフリップも持ってきたりスペックはある子。
まだまだ頑張って欲しいなぁ~とは思う。


吉田陽菜はトリプルアクセル不発も7位フィニッシュ。
冒頭のトリプルアクセルはシングルアクセルに。
後半は持ち直して踏みとどまった感じ。



渡辺倫果は6位フィニッシュ。
冒頭は久々にトリプルアクセルに挑んできた。
見事に転倒してしまったけど、その後は大崩れせずに纏めた辺りは流石。
あと音の取り方も上手くなったかも。

6位フィニッシュとなれば、四大陸辺りに出れるかもしれない。




島田麻央は2年連続3位。
冒頭のトリプルアクセルは綺麗に決めた!
4回転トゥーループは見事に転倒。

その後は落ち着きを取り戻したかと思ったけど
後半のループが1回転に・・・これは痛い。
直後のルッツはタノジャンプしたり巻き返しを図ったけど・・・惜しかった。

ただジャンプのミスが余程悔しかったのか、表彰式の直前まで悔し泣きしてました。

来シーズン以降も楽しみですが、年齢的にもこれからの2,3年の時期は
身体がデカくなってくる時期だし、濱田組門下特有のジャンプの低さゆえに、
体格の変化と相まって、大技が跳べなくなる可能性もありそうで不安だ。

・・・とは言え、この時期に4回転トゥーループとトリプルアクセルを跳ぶなんて
ハイスペックの塊みたいな選手なので今後も注目な事には変わりない。





これからはいよいよ最終グループ。

先頭の上薗恋奈はノーミス演技で4位。
いや~、全体的にソツが無いし、全然ミスしそうな雰囲気すらない。
この安定感、これで13歳なの?マジでビックリ。

もう技術的にはかなり成熟している印象。
演技を見ていても全然ハラハラドキドキが無くて、
まるでアメリカのイザボー・レビトやベルギーのピンザローネを見ているような感じ。

ただ技術的な部分は高いので楽しみである部分はあるものの、
島田選手同様、これから数年の体格の変化に順応できるかがカギになりそう。



河辺愛菜はジャンプのミスで13位フィニッシュ。
ジャンプのすっぽ抜けや回転不足のオンパレードで失速。
まだまだ復調途上ということか・・・。


三原舞依はスコアは伸び悩み5位フィニッシュ。
まだ足の調子がよろしくないのかも知れない。
ジャンプでミスが散見された。

ただ5位に残った。島田・上薗はジュニアなのでシニア勢では実質3位。
四大陸は行けるだろうし、世界選手権も・・・と期待してしまう。
それまでに足の状態が戻っているといいなぁ。



千葉百音は会心の演技で2位浮上。
グランプリシリーズの不調がウソのよう。いや、嘘だったんじゃないか。(笑)
後半はやや疲れが出た部分もあったと思うけど、
去年の全日本より明らかにパワーアップした印象。

スピン・ステップは全てレベル4。しっかりやったね~。
最後のビールマンスピン、マジ綺麗。

フリーで141点、トータルは209点台で2位浮上。
3位がジュニアの島田だし、こりゃ、世界選手権、行けるんじゃねーか?
多分、行けるだろう・・・そう思います。



ショート2位だった山下真湖はフリーで失速。
失速したとは言え2018-19シーズン以来(6位)の一ケタ順位だ。
あぁ、じれったい。なかなかショートとフリーを揃えられない。
力がある選手だっていうのは分かっちゃいるけど・・・じれったい。

この子がショートとフリーを揃えれば何時でも上位に顔を出せる。
あの高さのあるジャンプ。スキルはあるんだが・・・陣営の苦悩は続く。



坂本花織はパーフェクトな内容で2位以下を圧倒して全日本3連覇。
今シーズンはシーズンインから好調を維持。
調子が崩れる事無く、全日本まで全勝。おめでとうございます。

この調子なら世界選手権まで全勝しちゃうかも。
彼女が目標にしている日本選手としては男女を通じて
前人未踏の「全日本&世界選手権3連覇」もしてしまいそうだ。

国外の有力選手を見てもトリプルアクセルなどの高難度ジャンプを跳ぶ子はいない。

坂本選手としては内心、世界よりも日本選手権で負ける事を恐れていたのではないか。
国内にはジュニアの島田をはじめ4回転やトリプルアクセルを跳ぶ子がゴロゴロいる。

そんな彼女らがショートフリーでノーミスしてしまえば
いかに坂本選手とは言え逆転負けを喫する可能性はあった。

でも結果は逆だった。
ハイスペックな女子たちは軒並みジャンプミスで自滅、
一方で坂本選手はショートフリーをノーミスでブッチぎった。

ここまで来たらケガをしないで万全の状態で世界選手権を勝ち抜いてほしい。







6回目。2023/12/23 22:54

今朝の体重は122.2kg、体脂肪率36.9%、筋肉量73.2kg。



夜はフィギュアスケートの全日本選手権男子フリーをチェック。


吉岡希はフリーも頑張って8位。
冒頭の4-3トゥーループ、そしてトゥーループのソロ、バッチリ!
ループのミスはチョイと残念だったけど、ほとんどミス無く完走。

今後はもっと4回転増やして上位陣を脅かす存在になってほしいぞ。


7位の壷井達也も頑張った。
冒頭の4回転サルコウのオーバーターン。
続く4回転サルコウー2トゥーループはしっかり決めた。

その後は大きなミス無く完走。演技後の笑顔が印象的。
吉岡選手同様に壷井選手も上位を脅かす存在になってほしい。


最終グループはショート6位の友野一希から。
冒頭の4-2トゥーループは見事。特にアタマの4回転トゥーループは高さがあった。
次の単発の4回転トゥーループはお手付きも4回転サルコウをしっかり。

その後はミスも無く滑り切ったけど6位は変わらず。



佐藤駿は5位。

冒頭の4回転ルッツは鮮やかに決めた。
4回転フリップをやりだしてからルッツの精度が上がってきたような気がする。
4-3トーのコンビネーション、そしてソロの4回転トゥーループは見事。

残りの要素もほぼノーミス。
5位なら来年の四大陸選手権あたりは出場出来そうだし、まだまだ楽しめそうだ。


4位は三浦佳生。
冒頭は4回転ループの予定を3アクセルのコンビへ変更。
その後も本来の演技構成変更してきた。

目立ったミスと言えば前半の4回転サルコウくらいか。
音に合った身体の動きはいい。思わず引き込まれた。
今後は四大陸か?それとも世界選手権か?


鍵山優真は逆転の2位で世界選手権行きは確定か。
冒頭の4回転サルコウはビューティフル。
4回転トゥーループからの3連もしっかり跳んだ。

結局、最後までノーミス。
4回転2発のプログラムで2位を引き寄せるなんてレベル高すぎ。
4回転2発のプログラムで198点・・・次の五輪のエースはこの男だろう。

全日本も表彰台を狙うレベルになるとミスは許されないらしい。
見ているだけで緊張感がハンパ無い。


3位の山本草太は完全ノーミス演技で3位確保。
冒頭の4回転サルコウはビューティフル。
続く4-3トゥーループもしっかり跳んだ。トゥーループの単発も綺麗に跳んだ。
4回転3本しっかり跳んだよ!

後半も集中力が切れない。ジャンプは最後のルッツまでノーミス。
コレオシークエンスのイナバウアーからイーグルの流れは華麗だ。
最後までノーミス!スピン・ステップは全てレベル4!

こんなスゴイ山本草太は初めて見た!
今回の男子フリーで一番感動したかもしれない。
この後、世界選手権か?それとも四大陸か?・・・スゲー気になるぜぃ。


優勝したのは宇野昌磨。
冒頭の4回転ループはステップアウト。
それ以外はノーミス。スピン・ステップは全てレベル4。

ショートのリードを上手く活かして危なげなく6度目の全日本制覇。



これで今年の全日本の男子シングルは終了。
今後は来年の世界選手権と四大陸(共に3枠)に誰が出場するのか?に注目が集まりそう。


世界選手権は優勝した宇野昌磨は確定。
2位の鍵山優真もほぼ確定だろう。
3人目は三浦佳生か、山本草太か。
グランプリシリーズの内容を見るとファイナルに行った三浦の方が分がありそう。

ただ全日本の内容を見ると山本草太にも行って欲しい気がするわ~。
日本に3枠って少なすぎ。(笑)


四大陸は三浦佳生または山本草太、佐藤駿、友野一希あたりも候補か。
補欠で壷井達也、吉岡希もあるかもしれない。

明日は女子のフリーだ。
優勝は別にして2位以下は大混戦。
世界選手権と四大陸に派遣選手が誰になるか?も明日判明するし、楽しみだ。








3連覇リーチ。2023/12/22 22:14

今朝の体重は122.2kg、体脂肪率37.4%、筋肉量72.6kg。



今朝は川沿いを散歩。


ニュースを見ると、何故か?政府がサムソン電子に200億円バラ撒くらしい。
そんな金余ってんなら、別に撒くところがあるだろうに・・・。

サムソンにしてみれば国内に拠点を作っただけで200億円ゲットでウハウハに違いない。




仕事は10:00から18:00まで。

当初はWebの修正・・・と思ったら、社長から
「お客さんが来るから希望の物件の内覧やって~」って言われてビックリ。
内覧と言えば昨年暮れに丸投げされて以来だ。

正直、いきなり勘弁してくれよ~と思いつつ対応することに・・・。

何をやればいいか?分からずに社長に話を聞いたところ、
「内覧希望の物件の不動産屋に電話して、内覧の日程を決めるだけ・・・」
って話だったけど、実際はまるで話が違った。

昼過ぎにやってきたお客さまは不動産シート7,8枚持ってきて
「これ全部、今日中に内覧したいんだけどー」とか無茶をおっしゃる。

はっ?今日中?全部?全然、話が違うじゃん。

声には出さず、マジか――――!?と内心思いながら、粛々と対応。
1件、1件電話かけたり、FAXしたり・・・やることなすこと初めてな事だらけ。

お客さまからは「何時になったら内覧できるの~?」って
お言葉があったけど「しばらくお待ちください」と宥めつつ作業続行。
こっちも内心ヤケクソな気持ちだったので思いのほか冷静にやれた。

8件の物件のうち、今日中に内覧できる物件が3件。
このリストアップだけで1時間近くかかってしまった。

来年からフットワークの良さそうな宅建士さんが
やってくる予定だから、こんな無茶振りもきっと今回が最後のはずだ。
そう言い聞かせながら、黙々と内覧を進めた。

16時頃に3件全ての内覧終了。
お客さんも3件見て結構お疲れな様子。

そんな様子を見て「昼から内覧8件ってやっぱり無茶だよね」って思った。




仕事を終えてニュースを見るとオリックスの山本由伸が
大谷翔平がいるドジャースに移籍することが決まったようだ。

12年で日本円で463億円・・・すげーなー。
そりゃ~、メジャーに行きたくなる訳だよ。



その後は録画しながらフィギュア全日本の女子ショートをチェック。

CSで録画していた第1グループからチェックしてみた。
第1グループは早送りで飛ばして第2グループ。

このグループは最年長の大庭雅、以前クラファンやってた白岩優奈、
ギリギリで全日本進出を決めた本田真凛らがリストに載っていました。

最年長28歳のサラリーマンスケーター・大庭雅は
転倒&回転不足満載も終始、笑顔で演技を完走。
ショートは24位。ギリギリでフリープログラム進出を決めた。凄い子。

久しぶりにみた白岩優奈は比較的身体は動いていたと思う。
彼女も演技中の笑顔が印象的。とりあえずフリー進出を決めた。


本田真凛はフリー進出を逃す。

ケガをしているようでジャンプにも影響が出ていました。
演技後の表情や氷を手で触れるしぐさからは
恐らくこれが最後かな・・・と思ったりしました。

本田選手と言えば、かつてジュニアの世界選手権(当時のブログ)では
後の五輪女王・ザギトワと鎬を削り、次世代を期待されたけど、
シニアになってからは伸び悩みました。

その原因は本田選手の練習嫌いとか、メディアが彼女を甘やかしすぎたとか
色々言われていますが、ぶっちゃけたところ原因はよくわかりません。


その一方で、坂本選手の選手キャリアは本田選手とは対照的です。

かつて同じJr世界選手権の表彰台でザギトワや本田を見上げていた
坂本選手は弛まない努力の末、今では世界女王連覇をはじめ、浅田真央以来の
キャリアグランドスラムを達成して現役の日本最強を誇るようになりました。


本田真凛と坂本花織。
この2人の選手人生は本当にコントラストがクッキリだし、
弛まない努力の重要さと人の成長曲線は人それぞれだとつくづく思わされます。



・・・話は逸れましたが次は第3グループ。

ジュニアの上園恋奈って子、凄い。
初めて見たけど、ジャンプはソツなく跳ぶし、踊りの部分も上手い。
これで13歳なの?ってくらい雰囲気もある子だわ。

たまたまショートが上手く行ったのかもしれないけど、フリーでも注目すべき選手だわ。


横井ゆは菜の妹の横井きな結も出てきた。
ジャンプは姉ちゃんみたいな豪快さは無いけど綺麗なジャンプを跳ぶのねん。



第4グループでは

トップバッターの千葉百音がすっかり良くなってた。
ジャンプはしっかり跳んでたし、ステップは取りこぼしていたけど、
スピンはしっかりしてた。特にビールマンスピンは超綺麗。

グランプリシリーズでの不振がウソのようだ。
ショートは3位につけた。フリーも無事に完走したら面白いことになりそう。



青木祐奈は小さいミスが重なって11位スタート。

冒頭のルッツ―ループがルッツの単になったのは痛い。
スピンステップで取りこぼしているのも残念。
でも彼女の全身を使ったステップは好きだなぁ。

フリーでの挽回を期待。



渡辺倫果は思ったよりスコアが伸びず8位スタート。
多分最後のコンビネーションでの回転が微妙だったくらいで
スピンステップも全てレベル4だし、最後の決めポーズもバッチリ。

なのにスコアがそれほど伸びなかったのは何でだろう?
採点表が見れないのがもどかしい。


三原舞依は4位スタート。
ジャンプではコンビネーションの2つめが回転が足りなかったけど、
スピンステップはレベル4だし、上々な滑り出し。

心配された足の具合も改善しているのかな。
2,3位とは差が無いのでフリーで十分逆転可能。



フルスペックなジャンプ構成で臨んだ島田麻央は7位スタート。
冒頭のトリプルアクセルはバッチリ!
フリップはタノジャンプ!ここまでは最高な滑り出しでした。

ただし後半で用意していたルッツートォーのコンビネーションのルッツで転倒。
あぁ、これはマジで痛い。これが無ければ73~74点はイケてたはず。
ショートで坂本花織に食らいついてフリーで逆転・・・って見込みはここで崩壊。



住吉りをんはジャンプのミスで17位スタート。
冒頭のアクセルがシングルになって0点。
続くフリップからのコンビネーションはオーバーターンを挟んでしまった。
フリーでの逆転は厳しいけど、4回転トゥーループは跳んでほしいぞ。



最終グループは坂本花織から。
飛距離のあるダブルアクセル。一瞬ヒヤリとしたけどルッツも着氷。
フリップ・トーのコンビネーションは出来栄えバッチリ!
スピン・ステップは全てレベル4。

78.78点・・・完璧だわ。
フリーは残しているものの、もう優勝は堅そう。



吉田陽菜は冒頭のトリプルアクセルで転倒。
スピン・ステップは全てレベル4もジャンプのミスが響いて9位スタート。
フリーではアクセル決めて欲しいな。


樋口新葉は15位スタート。
冒頭のダブルアクセルは余裕のジャンプ。
続くルッツで転倒。最後のフリップでコンビネーションにした。
演技後はちょっと悔しそう。フリーでどこまで巻き返せるか。




松生理乃はコンビネーションのミスが響いて12位スタート。
冒頭のダブルアクセルはGood。続くフリップもいい。
最後のコンビネーションではオーバーターン&転倒はマジ残念。

音に合わせた動きだったり、柔らかいジャンプ。
その他、氷上の佇まいもステキな選手でグランプリシリーズでも
存在感を出せていたので期待していましたが・・・残念じゃ。

フリーではノーミス演技、期待してます。



あぁ、これで女子は坂本で決まりっぽい。
ちょっと、女子シングルに面白味が・・・と思っていたら
残りの2選手が頑張ってくれました!


まずは山下真湖。
冒頭のダブルアクセルをサラリと跳ぶと
必殺のルッツ―トーのコンビネーションは高さもある山下選手らしい好ジャンプ。
最後のフリップも高さと余裕のあるGoodなジャンプ。

スピン・ステップは全てレベル4。スコアは69.92!2位スタート!
久々にナイスな山下選手の演技を見た気がする。
課題はフリーも纏められるか?だけど要チェックじゃ。



続いては河辺愛菜。
ダブルアクセルをサラッと飛ぶとルッツトーのコンビネーションも決めた!
最後のフリップも決めた!スピン・ステップは全てレベル4。

今シーズン最高の演技をこの舞台で出してきた。
演技後、本人もめちゃ笑顔で嬉しそう。
スコアは67.25!シーズンベストを出してきたぞ。


ここの所、いいところが無かった山下真湖、河辺愛菜の2人が
好演技でショートプログラムを締めてくれた。



スコアだけを見ると坂本花織の3連覇リーチ!と言った所だけど、
2位以下は混戦。どうなるかはわからない。
そこら辺を楽しみにしようっと。












Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索