アクセスカウンター

映画「007・スペクター」2015/12/08 16:50

今日は以前から気になっていた映画を観に行きました。


「007」シリーズの最新作「スペクター」です。

MI-6の諜報員ジェームズ・ボンドと謎の組織「スペクター」との
闘いを描いた作品でした。
2時間半の長編でしたがあっという間でした。



冒頭から「クライマックス」みたいなど派手なアクションシーンで
一気に007の世界に突入。
以前観た「ミッションインポッシブル」もそうでしたが
こういう演出ってイマドキの流行りなんだろうか。

ボンド役のダニエル・クレイグがとにかくカッコいい。
身体を張ったアクションはもとよりバシッとスーツを着こなす姿や
腕にキラリと光るomegaも見逃せない。

ボンドガールのレア・セドゥもいい。
「カジノロワイヤル」のエヴァ・グリーンほどのインパクトは無いけどイイ。

登場時は「この子がボンドガール?」と思ったけど
終盤に向けて色っぽさにギアが入る所が凄い。
一気にトップギアに入るような凄さだ。

敵役を演じたクリストフ・ヴァルツも好演。
イチイチ憎たらしい役を見事に演じてくれたと思う。



直接ストーリーには関係ないけど
ボンド・カーのアストンマーティンが味わい深い。

メチャ洗練された最先端を感じる外観とは裏腹に
車内にあるスナップスイッチのアナログ感が笑えるし
過去の007シリーズに対するリスペクトが見え隠れするのがイイ。


今回の「007・スペクター」でダニエル・クレイグの007は
完成の域に達したようにも思えます。

次回作はどうなっていくのか気になります。

この映画はいきなり観るのもいいのですが
出来ればダニエル・クレイグ主演の過去3作品を観ておくと
面白さが倍増すると思うのでおススメです。



映画「JOHN WICK(ジョン・ウィック)」2015/10/28 20:52

今日も朝からグダグダ・・・。

最近、外に出ることすら億劫になってきた。
せっかくの休みなのに・・・。

何だかダメなんだなぁ~。



このままだとせっかくの休みを二日とも潰してしまいかねないので
夕方になってようやく外に出ることにした。


隣町のショッピングモールへ。
夜飯は和風バイキングの店で食べた。



ただ最近、味付けが異様に雑になった印象がある。
サンマも食べたけど、しょっぱ過ぎて大変だった。

あまりこんな状態が続くなら次からは食べるのやめようと思う。


ついでに映画も見ることにした。


キアヌ・リーブス主演の「ジョン・ウィック」って映画でした。

軽くストーリーを。
キアヌ・リーブス演じるジョン・ウィックは伝説の殺し屋でした。
愛する女性ヘレンと出会い、結婚を契機に殺し屋家業から身を引いて
穏やかな日々を過ごしていた。

そんなジョンを不幸が襲う。
ヘレンが病に倒れ、帰らぬ人になってしまったのだ。

深い悲しみに暮れるジョンに一匹の子犬が贈られてきた。
贈り主は今は亡き妻のヘレンだった。
ヘレンは自分が亡き後のジョンを心配して子犬を遺していったのだった。

亡き妻の想いに涙して
デイジーと言う名の子犬と心を通わせることで
生きる希望を見出したジョンでしたが更なる悲劇が彼を襲います。

突如、ジョンの愛車目当てに押し入った男たちに
愛車もろともデイジーの命まで奪われてしまったのです。

「生きる希望」を奪った男の正体がロシアン・マフィアの
大ボス・ヴィゴの息子ヨセフと知ったジョンは復讐を開始するのですが・・・って話。



小気味いいアクションが良かったですね。
キアヌ・リーブスかっこいいわ、本当。

ただ劇場で無くてもDVDでもいいかもしれない。
わざわざ劇場で1800円払うまでの価値は無いかなーって思います。
仲間と一緒にツマミ片手にまったりしながら見るには最高な作品だと思います。

とにかくアクションは良かった。
でも残念なことに話が薄っぺらい。
ストーリーも設定も奥行きが無くて本当に残念。

見終えたあとに何も残らない映画なのです。
キアヌも他の役者さんも頑張っていたのに・・・。


でも・・・アクションはいいし、スピード感もある。
時間つぶしにはいい映画でしたよ♪





劇場版「弱虫ペダル」2015/10/09 16:40

昼過ぎに実家の用事を済ませて
ららぽーとにやってきました。


もう4時過ぎ。


自転車2台積んできました。


お世話になっている自転車屋さんで纏めて点検出し~♪
よろしくねん。


点検に出している間、時間潰しを考えていたら閃きました。

このブログに書き込んでくれた方が紹介してくれた
あのアニメの劇場版を観てみよう!

劇場でアニメは昨年の「思い出のマーニー」以来でしょうか。(当時のブログ
・・・いや、昨年末に観た「999」2連発以来だった。(汗)


本当に偶然でしたが一日一回だけの
上映(午後4時40分)回に間に合って良かった。



映画のストーリーを簡単に。
劇場版の舞台はインターハイから1か月後。

総北自転車部はインターハイ優勝校として
熊本で開催される「熊本火の国やまなみレース」に招待されていました。

主将の金城はインターハイと同じメンバーでの参加を決意。

このレースには地元熊本の熊本台一高校をはじめ
京都伏見、広島呉南工業など全国の強者たちが参加。

そして例年不参加の王者・箱根学園もインターハイの
リベンジを期してレースの参加を決めてきました。

巻島ら3年生たちと一緒に走れると大喜びの坂道でしたが
どこか巻島の様子がおかしい・・・。

総北、箱学、京伏・・・お馴染みのメンバーに加えて
劇場版の新キャラ熊本台一の「炎のクライマー」吉本進が
加わっての「火の国バトル」はどうなるのか・・・って話。



映画を観ての感想ですが別にDVDでもいいけど
劇場の大画面で観るのもいいなって思いました。
思わず力が入りまくりました。

各キャラクターの個性が存分に出ていたのもいいかな。
まるで弱虫ペダルの「ベスト盤」みたいな感じ。

ただ残念な所と言えば坂道が◎○●燃焼だった事と
御堂筋が・・・。(←これは言わんとこ~)

でもオイラは楽しめましたし
自転車乗りた~ぃ!と思いもしました。



映画「TED2」2015/09/16 20:07

朝一の体重は121.5キロ。体脂肪率37パーセント。
血圧144-84。脈58。

昨日あれだけ飲み食いしたけど
体重がそれほど増えていなかったのは幸いだった。

今日も休みだけど何もやる気がわかない。
寝ていた方がいいみたいだ。

ただ一日中寝ているのもさすがに勿体ない。


映画を観に行くことにした。
「TED2(公式サイト)」って映画だ。

2年前に前作の「TED」観たのですが(当時のブログ
面白かったもので今回も観に行くことにしました。
ちなみに前作はR指定の映画にも関わらず40億を超える大ヒットになりました。

Facebookで友達の一人が観に行ったみたいで
なかなか好評だったみたいだ。期待しよう。



ストーリーを軽く。
舞台は恐らく前作から数年後の世界。

魂の宿ったクマのぬいぐるみのテッドがスーパーマーケットの
同僚タミ・リンと結婚するところから始まります。

しかし幸せな結婚生活は長く続きませんでした。
一年もしないうちに夫婦喧嘩の明け暮れる日々になってしまいました。

不毛な争いに疲れ果てたテッドは職場の同僚の
アドバイスを受けて子供を作る決心をします。
親友のジョンの手助けを得て不妊治療にトライするもアウト。

その後、養子縁組の可能性を探ったものの
役所から「テッドは人でなく、所有物である」と回答されてしまいます。

その後、テッドが「人でない」と言う理由から
職場を解雇され、クレジットカードも失効、挙句の果てに
州政府から「タミ・リンとの結婚も無効」と宣告されてしまうのです。

窮地に陥ったテッドを見かねた親友のジョンは
マサチューセッツ州相手に「人権回復(?)」の裁判を起こすことを
提案するのだが・・・って話。




感想ですが・・・面白かったです。
前作同様、下ネタ・下品ネタ&映画ネタのオンパレードがいい。

前作より下ネタのギアが2段くらい上がっている感じです。(笑)

キャストも基本的に前作からの流れを汲んでいますが
ミラ・キュニスがいなくなったのは残念。
しかし、代わりにヒロインになったアマンダ・セイフライドがいい!

彼女が演じる軽いジャンキー弁護士と
不良中年&テッドがタッグを組んでテッドの「人権回復(?)」に
取り組む様子が良かった。

激中で彼女が歌った「Mean ol' Moon」がいい。
あの歌声、癒されるわー♪

彼女は「レ・ミゼラブル」で観ていますが(当時のブログ
こういう役も出来るのねん。いいね~♪

あと全編に渡って散りばめられた映画の小ネタもいい。

一番ウケたのが劇中で3人がマリファナ畑に
迷い込んだ時に映画「ジェラシックパーク」のテーマ曲が
使われているのはウケた。

思わず飲みかけていたウーロン茶をリバースするところだった。

劇場に来ていた客層は圧倒的にカップルが多かったのは驚いた。
多分、僕以外はみんなカップル連れだったように思えました。
みんな・・・好きなのね~、こういうの。


最後の一つだけ気になったのですが
最後の最後・・・エンドロールが終わった後のアレは
一体どういうネタだったんだろう?

・・・アレ、凄い気になる。




映画「ミッションインポッシブル・ローグネイション」2015/08/23 16:51

朝一の体重は119キロ。体脂肪率38パーセント。
血圧140-83。脈58。



今日は久々に隣町のショッピングモールへ。


久々に献血してみた。


献血してから昼飯。


ちょっと飽きてきたかも。


今日は映画「ミッションインポッシブル・ローグネイション」を見てきました。

今回はシリーズで一番良かったと思います。
ストーリーもアクションも抜群。

...

トム・クルーズの53歳とは思えない動きの良さに感動し、
ヒロイン役のレベッカ・ファーガソンのセクシーさにやられたり、
見どころ満載!文句なしにいい映画でした。

ただ今回の映画ではチョイ役で出演していた
二人の女優さんが気になりました。

ハーミオーネ・コーフィールドと張静初(チャン・ジンチュー)。

二人とも面白いなぁ~と思いましたが
ハーミオーネ・コーフィールドがブッチ切りでいい!

映画冒頭にレコード屋の女店員さんとして
数分登場しただけでしたがインパクト十分!

なんだか雰囲気がいい人だなぁ。


この人、この程度で終わる女優さんとはとても思えません。

恐らく近い将来、もっとデカい役を演じているに違いありません。


 映画も素晴らしかったですが将来性を感じる
女優さんを見つける事が出来てよかったわ~。




もう新作か~。007の新作のポスター発見。
既に告知映像も出始めているみたい。

以前はまるで興味が無かった「007」シリーズですが
ダニエル・グレイグがボンドを演じるようになってから
見るようになった。

この人かっこいいなぁ。



映画「シンデレラ」2015/05/19 18:27

パチスロでちょっと儲かったので映画に行くことにしました。


「ビリギャル」か「シンデレラ」か・・・悩みました。



「シンデレラ」を見ることにしました。
兄貴の子供たちが「シンデレラ」良かったと言うので
オイラも見に行くことにしました。


ポップコーンを夜飯にして映画をチェック。
(一日総摂取カロリー・・・多分4000キロカロリーくらい・・・と思う)




シンデレラはあまりにも有名すぎるのでストーリーは省きます。

映画を観た感想ですが「ちょっと物足りない」です。


あまりにも有名なアニメを実写化したので
ドキドキ感は全くありませんでした。

ただアニメ版よりは出来はいいと思います。

主人公のシンデレラを演じたリリー・ジェームズ良かったですよー♪
かつてのオードリー・ヘップバーンを彷彿とさせるような雰囲気や
顔立ちは見事でした。

あと継母を演じたケイト・ブランシェットもいい。
さすがオスカーを2度受賞しただけの女優だ。悪役もバッチリ。

王子役のリチャード・マッデンもいい男ぶりを発揮。
原作のイメージを壊さない程度に頑張ったのは好感が持てる。

映画としてはいいと思いますが
何か物足りなさを感じてしまうのです。


あまりにも有名すぎる話を実写化したのですが
ストーリーが有名すぎる故に
それが逆にイマイチ感が出てしまった原因かもしれません。


今回の収穫と言えば主演のリリー・ジェームズでしょう。
あの雰囲気を出せる女優はそうはいないでしょう。
初めて見た女優さんですがこれから期待させる人ですね。



映画を観終えてからパンフレットを見ると
日本語吹き替えが高畑充希と城田優とは・・・。

近隣の映画館が圧倒的に吹き替え版が多いのは
この二人が頑張っているからかもしれません。
もしかしたら吹き替え版の方が面白いのかなー?

吹き替え版を観たい気もしてきました。


映画を観終えて外に出ると気になる看板を発見。


あの世界最強のお下劣テディーベアがまた劇場に戻ってくるらしい。
(第一弾の頃は・・・こちら


どんな映画になるやら・・・楽しみではありますが。





映画「スペシャルID・特殊身分」2015/03/20 22:44

自転車のお出かけから戻ってきて映画館のポイントカードの
有効期限が迫っていることを思い出しました。


4月2日(会社が休み)が有効期限なので当日に映画館へ
行ってもよかったのですが万が一、忘れてしまうと貯まったポイントが
チャラになってしまうので忘れないうちに映画をみることにしました。

先日、Suicaのポイントを期間内にチャージを忘れた(200円分)事も
あるので今回はヤラかさないようにしなきゃ。
(映画2回分くらいのポイントが貯まっているので)



隣町の映画館へ行くついでに同じショッピングモール内の
和風バイキングのお店も行きました。

ざっと2000キロカロリーは食べたと思います。
(一日総摂取カロリー3681キロカロリー)



肝心の映画ですがこれと言って注目の映画も無かったので
久々にアクション系の映画をチョイス。

昼間、自転車に乗ってガッツリ飯を食べたせいか
少し眠かったので寝ないように・・・と思ってチョイスしてみました。

肝心の映画のストーリーですが
捜査手法の違うタイプのドニー・イェン演じる潜入捜査官と
中国警察の女刑事がぶつかり合いながらも黒社会に挑む・・・って話。

映画は良くありがちなブッチ切りの香港映画って感じ。
何だか懐かしさすら感じてしまった。

ストーリーは軽めで悲壮感はまるで感じられない。

ドニー・イェンのガチ過ぎるアクションはいい。
カーアクションや爆破もいいのですが格闘シーンが最高に良かった。
あと女刑事役のジン・ティエンが綺麗だったわ~♪




映画を見終えて外に出ると「イニシエーションラブ」の
特大告知ポスターを見っけた。

松田翔太や前田敦子らの名前と共に木村文乃さんの名前も見っけた。
上から3番目に載っているしそれなりの役柄で出るんだろうなぁ。
・・・5月23日ロードショーってか。気になるぅ。