アクセスカウンター

なにやってんのぉ~2013/03/17 07:56

起きたのが6時過ぎ。
起きたばかりなのに身体が異常に重い。


風邪を引いたのか花粉症なのか良くわからないけど
体重が140キロくらいになったくらいの気分だ。(苦笑い)


身体は重いのに腹だけは減った。
昨夜、焼きそばを作った時に肉を使い果たしてしまった。


残っていた鮭の切り身とカット野菜を味噌汁の具にした。


味噌汁の具33×2袋=66キロカロリー
鮭の切り身2切れ推定500キロカロリー
雪国まいたけ・きのこ大好きもやしmix49キロカロリー
もやし1袋推定28キロカロリー
(累計643キロカロリー)
体重114キロ。血圧151-88。脈66。



本当だったらららぽーとの時計屋さんとチャリ屋さんへ
遊びに行くつもりだったけどこれじゃアウトだ。




ネットを見たらWBCの第2ラウンドでアメリカが敗北。
準決勝へ進めなくなったらしい。


・・・だらしねーな、アメリカ。
ホスト国がそのザマでどうすんだよ~って言ってあげたい。


それこそこれからはWBCで優勝した国がホスト国に
なるようなルールにしてほしい。


・・・でもアメリカの大リーグが主体の団体が主催している
WBCは全てがアメリカ主導、アメリカのやりたい放題だ。
オイラの儚い願いも叶うまい。


それにしてもアメリカだらしない。

前回大会の優勝国・日本、準優勝国・韓国に加えて
アマチュアの強豪キューバすら避けるアメリカ有利と思える
組み合わせにしておいて第2グループ惨敗とは情けない・・・。


自分たち(大リーグ主体)でやり始めた世界大会なのに
大リーグ関係者が大会に対して消極的に見えるのは
WBCの最大の不思議であり最大の矛盾だ。


この不思議と矛盾が解消されない限り 第4回のWBCの開催すら危うい。



体調も良くないので薬飲んで寝ておこー。






心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード:

「まつや」2013/03/17 14:27

朝から重すぎた身体も昼まで寝ていたら相当楽になってきた。
お腹も減ったので近所のコンビニまで行こうと外に出た。

・・・心地いい暖かさ。
全身を心地よい暖かさに包まれた感じがした。
年に何回かあるこの感覚・・・いいわ~。

ずっと包まれていたい、身をゆだねていたい気持ち良さだ。


春だなぁ・・・って思った。
コンビニの往復だけじゃ勿体ないのでクルマに乗った。

職場の「B級グルメの達人」から教えてもらった店に行こうと思った。

その名は「手打ちそば・潤井戸(うるいど)・まつや」。
うどん、そばの美味い店らしい。

まずは仲間が絶賛していた「冷やし力うどん」を頂いた。(840円)
ちょっとカリカリの餅と天かすがうどんと最高の組み合わせ。
何杯でも食べられそうだ。

・・・元気が出てきた。

ついでに仲間が絶賛していたかつ丼も頂いた。(1050円)

これがまたイイ♪

蕎麦屋のかつ丼は美味いのは昔から知っているけど
ここのかつ丼は肉もイイ♪
ちょっと厚切りな肉がステキ!

ぶっちゃけカロリーは1600キロカロリーくらいかな。
(累計2243キロカロリー)


昼飯食べたら強烈な睡魔が襲ってきた。
部屋で爆睡しよう。


居酒屋で世界選手権2013/03/17 23:47

昼飯あとから部屋で爆睡していると夕方に携帯が鳴った。
4年前まで一緒に働いていた仲間からの電話だった。


飲みに行こうという話だった。


朝から2回寝たおかげで体調も戻ってきたので行くことにした。
夜の7時過ぎから茂原駅そばの居酒屋「一平」で飲んだ。



思いがけず居酒屋のテレビで
フィギュアの世界選手権を見ることができた。


鈴木明子はのっけのジャンプ後にお手付きしたり
ジャンプでコケちゃったり・・・その後は持ち直したけど
総合12位まで順位を落としてフィニッシュ。

得点確定後にアップで映された彼女のウルウルな大きな眼が
彼女の心情をそのまま映し出していたように思えた。
ちょっと痛々しくて見ていられなかった。


氷上で魅せるあなたのドヤ顏、また見せてください。



日本人以外で中国から参戦の李子君(ジジュンリー)が印象的。
ショートでは12位だった彼女はフリーではほぼ完ぺきな演技。
フリーの技術点だけなら浅田真央を超える大健闘。

総合順位を7位まで上げてきた。
4年後の世界選手権やオリンピックでは
最終グループで滑走する彼女の姿が見れるかもしれない。


彼女(ジジュンリー)を含めて4年後の中国は侮れない。
4年後、日本と中国の立場が逆転しているかも知れない。
そんなことを思わせる新戦力の台頭でした。


4年後の日本フィギュア陣の先頭を走るであろう
村上佳菜子は途中のジャンプがシングルになってしまった
ミスがあったもののその他をうまく纏めて189.73。

彼女自身のベストを更新。
シーズン最終戦をいい形で終えたけど
順位を4位に落として念願のメダル獲得ならず。


この悔しさは来年のソチオリンピックで返しましょう。



そして現・日本のエース浅田真央。
初めのトリプルアクセルで両足で着氷。
更に直後の3回転フリップからの連続ジャンプは回転不足。


あぁ・・・。ため息が出ちゃった。
その後は纏めてみたものの、この時点で首位だった
コストナーを捉えることが出来ずに終わってみれば僅差の3位。


最後は女王・金妍児の出番である。


女王さまはフリー同様、全くミスの無い演技で
フリーだけで148.34と言う得点をたたき出した。
(ちなみに鈴木明子はSP・FS合計で164.59)


何でミス無し演技が出来るんだろう?
メンタルめちゃ強いな、この人。尊敬しちゃう。
浅田真央に足りないところって多分この辺だと思う。


一人だけ200点越え、それも218.31と言う
高得点でブッチ切りの優勝を果たした。
浅田真央とは20点以上のスコア差だ。


技術点・演技構成点のいずれを見ても
ミスの無い女王様の演技は浅田真央を圧倒した。


居酒屋で浅田真央の演技を見終えたとき
何で浅田真央は女王様みたいにミスの無い演技が
出来ないんだろう。


このままじゃ・・・ソチオリンピックの結果も
バンクーバー同様、女王様にブッチ切られて終りじゃん。


・・・と悲観的に考えていました。


でも今部屋に戻ってチューハイを飲みながら
改めて浅田の演技を見て思いました。


浅田真央は何処まで行っても浅田真央だっぺ・・・って。


キム・ヨナに対してプログラムにトリプルアクセルを
入れろと言ってもやれないしやらないはず。

ならば浅田真央にキム・ヨナみたいな
キッチリとミスの無いロボットみたいな演技をしろと
言って出来なくていいじゃないか。


浅田真央は浅田真央だし
キム・ヨナもキム・ヨナなのだ。

浅田真央はキム・ヨナになれないし
キム・ヨナも浅田真央になれないのだ。


多分本番(オリンピック)ではキム・ヨナは
今回(世界選手権)よりも基礎点の高い演技を
プログラムに組み込んで230点越えを狙ってくるはず。


それに対して浅田真央は複数のトリプルアクセルと
3回転ー3回転などのジャンプきっちり決めて何処まで
女王様に肉薄できるか・・・って展開になるんだろうか。

うまく難度の高い演技を出来れば女王様に
勝てるかもしれないしミスればバンクーバー同様に
全国の視聴者は乙女の悔し涙を見るハメになるのだろう、きっと。


キム・ヨナは浅田真央より数段強い。


浅田が本番(オリンピック)で女王に勝つ可能性は
あまり高くないんじゃないか。
今回の世界選手権でつくづく思った。


でも現在、世界を見ても女王キム・ヨナに勝てる
可能性のある選手を探すと浅田真央しかいない。



浅田真央の優れた所は凄いジャンプをバンバン決めるところ。
ちょっと芸術家肌を感じる浅田真央にはそのまま生き生きと
突っ走って欲しいと思う。

オリンピックでは浅田真央が繰り出すスーパージャンプが
リアリストの計算をブチ壊す可能性に賭けてもいいのではないか。


アーティストな浅田真央とリアリストなキム・ヨナ。


2人ともお互いを比較されることを嫌っている。
同じフィギュア選手でありながら個性が全く違うのだから
比較されることのアホくささを分かっているからなんだと思う。


余程の事が無い限りソチオリンピックで激突する
同じ年2人からはやっぱり目が離せないですなぁ~。


もう寝るべー。




Lorca「Ritmo de la Noche」






浅田真央 POWER&BEAUTY

携帯の人たちはこちらからもどうぞ~。↓
Amazon.co.jpロゴ

キーワード:


Google

WWW を検索
このサイト(mitsuyoshi777.asablo.jp)内を検索